[いきいき富山トライアスロン]3日目(レース当日、帰宅)

2018年8月5日(日)。
レース当日でございます( ゚д゚)。
 
【朝食】

f:id:T347:20180805042558j:image

4時15分に起床。
昨日寝たのが21時なので7時間ちょっと寝たことになりますが、それでも眠い…。
ここ最近、長時間寝ないと目が覚めないのです。困ったなぁ('・ω・') 
 
朝食はカップラーメン。
思わず2杯も食べてしまいました。これは失敗…。1杯にしとけば良かったです。腹に異物を抱えてレースをすることに。
 
5時にホテルをチェックアウトして出発。
シャトルバスが待っているT2トランジションエリアへ向かいます。
 
【T2トランジションの駐車場】

f:id:T347:20180805051514j:image

到着。
広ーい駐車場でした。そらぁ、ここはゲレンデですもん。
 
【T2トランジション準備】

f:id:T347:20180805051701j:image

シャトルバス組は自分でT2トランジションエリアにラン用の道具を置きます。
 

f:id:T347:20180805051800j:image

こうやって。
隣の人、ゼッケンナンバー置いてるぞ⁉ゼッケンはバイクでも付けます。
 
ナンバーは2枚入っていたから、バイク用/ラン用ト別々似に用意出来ます。お隣さんはそうしたのかな。
 
【フィニッシュ後の荷物】

f:id:T347:20180805052001j:image

フィニッシュ後の荷物も預けられます。
 

f:id:T347:20180805052031j:image

「んー、服とかは自動車の中に置いておけば良いんじゃね??」と思いました。なので、預けたのは自動車のキーくらい。
 
シャトルバス】

f:id:T347:20180805052118j:image

ここでの準備も終わったので、シャトルバスでスイム会場&T1トランジションエリアへ。
 
定刻5時半にここを出発。
 
スイム会場&T1トランジションエリア

f:id:T347:20180805062137j:image

んーもう眠すぎて、バスでは寝てました('・ω・') 
 
6時15分くらいに到着。
 
【タイミングチップ】

f:id:T347:20180805062550j:image

T1トランジションエリアに行く前に、まずはタイミングチップをゲットせねば…。
 

f:id:T347:20180805062715j:image

ゲットォ!
T1トランジションの準備へ。
 
【T1トランジションエリア】

f:id:T347:20180809210419j:image

すげ〜人( ゚д゚)
 
T1トランジションの準備をしていたところ、「三品さん!!」という声が。
声の主はJTU理事のKさんでした。オーデンセ以来、ってこないだやん(笑)
 
ちょっとだけウィンタートライアスロンの話をしました。この猛暑日にウィンターの話かい(笑)
場所はイタリアと決まってそうだけど、開催日はまだ不明らしい。個人的には3月下旬がベストアンサーだか…。
 

f:id:T347:20180809210424j:image

準備が終わっての記念撮影。朝日が眩しい。

f:id:T347:20180810064047j:image
気温、水温情報。
水温はやはり高いです。Desaru(マレーシア)と同じくらい。あのレースはノーウェットでした。
 
国際ルールでは、水温31℃を超えると、スイム中止となります。(お、マーシャルらしい(笑))
 

f:id:T347:20180809210428j:image

7時過ぎに試泳。
入った瞬間、「あー、これは温かくていいわー( ゚д゚)」と気持ち良かったんですが、泳ぐとあっという間に「温泉の中を泳いでるんじゃないの?」と錯覚…(汗)
 
試泳終了。
一度浜辺に上がって陸に帰る途中、先月のロング世界選手権でお会いしたTさんと再開(といっても、最初私は分からなかった…申し訳ない)
お仲間の応援に来たとのこと。それがベストアンサーだ(笑)今日はレースをやる環境ではない(;´Д`)
 
7時50分に開会式。8時よりウェーブスタート。さてさて、猛暑日レースの開始です。
 
【コースマップ】

f:id:T347:20180809210742j:image

スイムは1.5km(約750mを2laps)。
バイクは40kmワンウェイ。
ランは10km(約3.3kmを3laps)。
 
実際、バイクは約38km。ランは9.5kmとのこと。(昨日の競技説明会より)
 
【スイムパート】

f:id:T347:20180809210638j:image

8時2分。39歳以下がスタート。
波は穏やかで、流れは西から東方向。何も気にしないで泳ぐと身体は流されるので、そこを意識しながらのスイムしました。
 
スイムスタートしてから第一ブイを回ったくらいからキックを少しだけ打つことに。スイムパートを早く終わらせたかったのです。手でひとかきしたら、一回打つ。
 
第一ブイから第二ブイは波の流れに乗り、第二ブイを回って浜辺に向かってスイム。波の流れで身体が内側のロープから離れていく事が確認できたため、少し内側よりにスイムをすることで進路調整。
 
1周目か終わり2周目。
約13分30秒だったので、ペースは悪くない。
 
2周目の入り。
明らかにバテており、全くスピードに乗れず。「ぬるいし、あちー( ゚д゚)」。
頭もボーッとしてきており、ちょっと蛇行気味のスイムとなってしまいました。
 
結局、スイムパートのタイムは29分59秒。T1込みかな…いつもに比べると、出遅れ気味でした。
トランジション含めて考えたら、ノーウェットかノースリーブタイプ、もしくはスイムスキンで泳いだ方が良かったですが、これも良い勉強です。
 
【バイクパート】

f:id:T347:20180809210642p:image

f:id:T347:20180809210707p:image

※バイクパートの絵はGoogle Mapより拝借。
 
最初5kmは海岸線沿いのサイクリングロードで、DHポジション禁止。禁止の理由は、併設されているキャンプ場の利用者が、急に飛び出してくることを考えてのこと。
 
ベースバーを持ってひたすら漕ぐ。ドロップハンドルの下側を持ちたい衝動にかられるも、これはTTバイクだった…。おっと、危ない( ゚д゚)。そして、お前はロードバイクを持っていない(笑)
 

f:id:T347:20180809210659p:image

今川橋。この橋を渡りきったところから、DHポジションが解禁となります。
 

f:id:T347:20180809210650p:image

さぁDHポジション解禁!
 
「あのモヤってるのは…陽炎か( ゚д゚)」
もうね…直線でガンガン攻めたら、熱風が身体を痛めつけてきました。そして心拍は高め。身体を冷やすためか、血液がメチャ循環していたようです。
 
思わずボトルに手が伸び、水分補給。
ボトル内の濃縮ドリンクはホットドリンクとなっており、美味しいとは言えず。「さっぱりした水が飲みたい!」と思うも、そんなもの無し。もう一つボトルを用意すべきだったか。
 
約25km地点、バイクコースで唯一のエイドステーションで片足をペダルから外し、テーブルに置いてあった水入りペットボトルを一気飲み。
 

f:id:T347:20180809210715p:image

1回目の踏切。
エイドステーション直後。ここから、県道43号線の坂道コース。まず、上り坂が登場。
 

f:id:T347:20180809210724p:image

「あ、これムリなやつだ( ゚д゚)」と、早々にインナーチェーンリングに。おぉ!ISRAMAN以来だ!!
 
アウターチェーンリングで行けなくは無かったですが、非常に暑かったことによる心拍の高さもあり、余計な負荷は避けたかったってのが大きな理由。
インナーチェーンリングでサクサクと上りました。
 

f:id:T347:20180809210928p:plain

長く上って少し下り、35km地点のDHポジション禁止区間の民家へ。ここは下り坂なんですが、ベースバー持ち。
 

f:id:T347:20180809210734p:image

2回目、3回目の踏切を渡り、約36km地点。最後の上り坂。ここでもあっさりインナーチェーンリングへ切り替え。
 
【T2トランジションエリア到着】

f:id:T347:20180805062716j:image

バイクパートは1時間25分32秒。
これはT2込みのタイムのようです。ここに辿り着いた時点で、30-34歳の選手のバイクが5台ちょっとあり、「これは(入賞は)厳しいな…」と察してしまったのです。
 
そう思っちゃう癖、よくないなぁ。
ISRAMANもバラモンキングもラン開始時には3位以内に入っておいて、そこから諦めてボロボロになったんだし。
己はランもそんなに遅くはないんだから、可能性はあるんだぞ、ペシペシ( ゚д゚)
 
バイクシューズ、ヘルメット等はあらかじめ置いてあったトランジションバッグに入れ、ランシューズを履き、ランパートへ。靴下は履きませんでしたが、これは失敗でした。
 
【ランパート】

f:id:T347:20180805052748j:image

ラン開始直後にいきなり激坂。
「あ、これムリなやつだな('・ω・') 」と察したため、ここは徒歩。正直徒歩でもキツイ。
 
往路は上り基調で、殆ど走れず、折返してから徐々にラン。でもジョギングレベル。暑すぎて走れたものではなかった…。
1周終わってランコースの状況を把握。把握した所で何も出来なかったんですが。
 

f:id:T347:20180805053700j:image

※ゲレンデの坂を上りきった場所。レース後はここで応援してました。
 
2周目の折返し地点のエイドステーションにホースから流れ出る水を発見!
本能的にホースを手に取り、「ちょー気持ちぃー(・∀・)」。
水風呂入ったみたいにトライスーツはビショビショ。そしてシューズも。「10kmなら豆は出来ないでしょー!」と思ったら、3周目に見事に潰れました。しかも両足…。
 

f:id:T347:20180809210624j:image

f:id:T347:20180809210631j:image

※Mさんの奥様撮影。ありがとうございました。
 
3周目も復路に入り、ラスト1.5km。イタチの最後っ屁でちょっとだけ飛ばしました。4分/km。下り坂で「コケても知らん!!」って走ったら3分17秒/km。常にこれで走れるようになったら、世界観が変わりそう( ゚д゚)
 

f:id:T347:20180805061533j:image

ランパートのフィニッシュタイムは52分48秒。あらら…歩いたから仕方ないです。
 
レース後、選手を励ましてた時、近くにいたマーシャルと話をしていたんですが、ランを短くするかどうかの議論が直前まで検討されていたとのことでした。
私が「神奈川県でマーシャルをやってます」と言うと、距離感が一気に縮まってコミュニケーションが取りやすくなってます。
 
【フィニッシュ】

f:id:T347:20180809210306j:image

全レース後に2Lの水とフィニッシュゲート前で。

最高気温37℃。
こんな暑い中でトライアスロンとは……全く( ゚д゚)。

私はスプリント世界選手権(スイス・ローザンヌ)に出たいので、ランキング戦を必死に頑張っているんですが、POWERMAN(スイス・ゾーフィンゲン)と日程が被りそうな気配があります。

そして、ローザンヌとゾーフィンゲンは場所が近い…楽しみです(笑)
 
【バイクピックアップ】

f:id:T347:20180805062648j:image

バイクピックアップ。
スイム会場で袋に入れたウェットスーツとかもここに置いてありました。
 
【片付け】

f:id:T347:20180805123437j:image

今日の羽田行き最終便で帰るため、バイクをパッキングせにゃいかんのです。
 
大会会場でこの作業をやるのは初めて。
工具や包装ロールなど、他の自動車の迷惑にならない程度のお店を開いて作業開始。
 
ヒーー暑い暑い。そして、工具も熱い(;´Д`)
 

f:id:T347:20180805134248j:image

1時間も掛らずにパッキング出来ちゃいました。
いつも2時間弱はかかってるくせに…。集中してやれば、あっさり終わるのね('・ω・') 
 
【表彰式】

f:id:T347:20180805132359j:image

表彰対象カテゴリーは10歳ごとなので、あそこに立つのは至難の業です。

表彰式の会場は学生ばかり。
今年は近畿の学生選手権との併催で、若い選手が多かったです。10年ちょい前にはトライアスロン部ってあんまなかった気もする。(単に自分が興味無くて、視野に入ってなかっただけかも)
 
今回、30-34歳のレベルが非常に高く、ランキングポイントには橋にも棒にもかかりませんでした。
実は今回は35-39歳の方が(順位的には)有利だったのです。(少なくとも、私の今回のタイムでもポイントは取れた)。私は来年から35-39歳、来年も出ようかな(笑)
 
【フィニッシュ後のあれ】

f:id:T347:20180809210415j:image

フィニッシュエリアにあるレストランにて。
参加選手は一食無料クーポンが貰えました。なのでタダ。カレー以外にも色々ありそうでした。
 
この後、昨日泊まったホテルの温泉で汗を流し、レンタカーで空港へ。(ついでに、ちょっとだけ富山をドライブしてました。)
 
【レンタカー返却】

f:id:T347:20180805155054j:image

予定よりも2時間前に返したので、一部返金されました。そんな制度あるなんて、知りませんでした。
 
お店から空港まで送って貰いました。距離にして数百mだったけど、バイクもあったので助かりました。
 
【チェックイン】

f:id:T347:20180809210257j:image

バイクは特に問題なくOK。無料範囲内でした。(もちろんそれ用に収めました)
 
【フィニッシュ後のあれ2】

f:id:T347:20180805164209j:image

空港にあったラーメン屋。あ、美味しそう( ゚д゚)
 

f:id:T347:20180805164638j:image

 
お前、フルマラソン以上のカロリーを消費してないじゃないか( ゚д゚)!
まぁそう固いことを言わず('・ω・')
 
【あとがき】

f:id:T347:20180805213052j:image

荷物共々、羽田空港に帰ってまいりました。
帰りの便、やたら外国人が多かったんですが、富山が熱いのかもしれません。暑いですが。
 
悔しかったですねぇ。
日程的に少々無理を押して出場したため、最低でもエイジで5位以内に入りたかったんですが、まだまだ実力不足でした。
スタンダードディスタンスのランキング戦はもう一戦あるので、入賞したいところ。まぐれでも結構です(笑)
 
とはいえ、一昨年から出たいと思っていた、歴史ある富山大会に参戦出来て良かったですし、デンマークの仲間にも会えた。十分満足でした。

[いきいき富山トライアスロン]2日目(選手受付、バイクチェックイン、競技説明会)

2018年8月4日(土)。
この日は選手受付と競技説明会、そしてバイク預託。
 
朝は8時半とかなりお寝坊な起床。疲れてんねん( ゚д゚)…。ホテルで朝食を食べ、10時半頃に出発。
 
まずはレンタカーを借りに行きました。
この大会、T1/T2の場所が異なり、その間の距離はなんと約40km(笑)
 
なので、フィニッシュ地点に自動車(箱やリュックなど全荷物を積載)を置いておき、レースが終わったら、バイクをパッキングして、そのまま空港まで行って、乗り捨てようという作戦にしたのです。
 
つまり、レース当日に帰ります。せわしないのぅ('・ω・')
 
※朝は大会シャトルバスがT2からT1まで出ますが、レース後は出ません。
 

富山駅前、再び。
キレイな所でした。駅舎は出来たばかりなのかな…。
 
【駅近くのレンタカー屋】

トヨタレンタリース。
トヨタ車に拘りはないんですが、空港近くにもあるレンタカー屋ってことで。
 

一番安いレンタカーで。
 

後ろの座席を倒すことで、バイクポーターproは載りました。シーコンやevocはツライかも。
 

途中、ドラッグストアに寄って買い物。
OS-1が品切れでした。なんだよー、買おうと思ったのに('・ω・') 
富山市内には大規模なドラッグストアが多く、違う店に行けば売ってたかもです。
 
残っていたジェルタイプのを1つ、液体500mlは近くに置いてあったプライベートブランドのものを買いました。(飲んでみたら美味しかったので、結果オーライ) 

 

【受付会場到着】

11時半に受付会場の「岩瀬カナル会館」に到着。
 
受付は13時からで競技説明会は14時。
時間にかなり余裕があったので、ここでバイクを組み立てることにしました。
 

取り出し。
昨日、バイクポーターproの中身を減らした理由は、ここで散らかしたくなかったからでした。
 

組み立て完了し、充電中。
暑そうでしょう。暑かったです…。昼前には気温32-3℃。明日の最高気温は37℃ですって…。
 
受付開始まではまだ時間があったので、しばし休憩。ちなみにバイクチェックインは、この会館から歩いて15分位のところで、それも13時から。
 
【受付】

13時。受付開始時間となり、サクッと受付。
実は事前に送られてきた封筒を忘れ、運転免許証を見せて対応しました。特に問題なかったです。
 

ゼッケンとか。
 

T1とT2が違う場所ということで、トランジションバッグが多いです。
 

この中には終わったスイム道具を。
 

この中にはラン道具を。
 

この中にはフィニッシュエリアで受け取るものを。タオルとか、着替えとか。
 
【Expo】

会場のバイクメカニックとか。
 

スポーツアシストさんも。
山崎さんがいたので挨拶。そして先日ちょっとお願いした話は、対応をしてくれるとのこと。
 
思わず、「え( ゚д゚)!?」って言っちゃった(笑)
 

ナンバーシールを貼って、バイクチェックインへ。
 
【バイクチェックイン】

タイヤはめ込み、自立ラックでした。これかなり良いなぁ。
ジェルは一つだけ付けました。メダリストです。 

私が来た時はガラッガラでした('・ω・') 
ちなみにバイクチェックインは当日でもOKですが、パートナー等の応援者がいないと無理ですね…。
 

記念撮影。
ヘルメットやシューズは当日持参することにしました。この日に置いておいても良かったかもな…なんて思いました。
 
【競技説明会】

14時の部に出席。
この競技説明会は出席が必須で、ナンバーで出席管理されております。出ないと失格です。
 
このレースはペナルティ箇所が多いため、しっかり聞いておきましょう。DHポジション禁止部でやったらペナルティ、踏切手前で片足を地面に付いて2秒停止しないとペナルティ、などなど。
 
あと、水温は28℃とのこと。メチャ高い…。もうノーウェットの方が良いんじゃないか( ゚д゚)。
 
この会場で、先月クロスでご一緒したMさんと奥様と偶然再開しました。「おぉ、レジェンド!」って(笑)いやいや、Mさんこそクロス界のレジェンド。再開出来て嬉しかったです。
 
約45分間の説明会が終わり、本日泊まるホテルへ移動。
 
【ホテルへ】

フィニッシュ地点近くの立山国際ホテル。
大会オフィシャルホテルでもあります。
 
途中コンビニよって軽食を取ったりしたので、着いたのは16時半過ぎになっちゃいました。
 

チェックイン。ツインですので、広くてノンビリ。
 

窓から見た景色。
夏のゲレンデもなかなか。目に優しいグリーンが良いです。
 
【夕食】

明日の朝は早いので、17時半に食べました。
美味しかったです。でも、お盆にのった食事って、なんか落ち着かないんだよなぁ('・ω・') 
 
【この日は終了】

夕食後は温泉に入ってマッタリ(・∀・)。
 
レンタカー借りて、バイク組み立てて、受付して、バイクチェックインして、競技説明会に出て、ホテルに移動して…と、みっちりな一日でした。
 
明日はレース。
猛暑になる事はほぼ決定ですが、ナショナルウェア着て頑張っちゃいます、あたし(; ・`д・´)