星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン(通称 野辺山)

※Run:100km、獲得標高:2000m超

 

富士五湖ウルトラ118k完走から約1ヶ月。またウルトラマラソンか…とため息をしつつ、参戦です。

 

この野辺山は、

「国内の100kmレースでは屈指の難コースとも言われ、『野辺山を制する者はウルトラを制する』と評されている。」
…らしいです。

そう言われたらやるしかない(笑)

 

 

f:id:T347:20171126111150j:imagef:id:T347:20171126111229j:image

【前日受付】

野辺山到着。

野辺山駅から歩いて数分の南牧村社会体育館。

あ、今回は自動車で行ってます。日曜日に走り終えて帰らなければならなかったので。
受付は前日か、当日でもOK。殆どの人が前日行くんじゃなかろうか。

 

f:id:T347:20171126111810j:image

スパイダーマンがいた】

アコーディオン弾いてました。

 

この人、2016年の宮古島トライアスロンにいた人じゃないかな。

 

f:id:T347:20171126112022j:image

f:id:T347:20171126112121j:image

【体育館の外の様子】

お土産とか売ってたり。

 

f:id:T347:20171126112427j:imagef:id:T347:20171126112450j:imagef:id:T347:20171126112512j:imagef:id:T347:20171126112532j:image

【体育館の中の様子】

 補給食とか、ウェアとか色々。

 

f:id:T347:20171126112637j:image

【説明会】

ここでは競技説明会もやってます。

 

私は出なかったので何を話したか分からんですが、多分コースの攻略法とかだと思います。

 

私が言える攻略法は…諦めないこと(笑)気持ちは大事です、いやまじで。

 

f:id:T347:20171126190356j:image

【ソフトン】

あんま甘い物は食べないんですが、せっかくだからカーボローディングです。

 

近くに牧場っぽいところの牛から取った牛乳で作った(と思う)ソフトクリーム。美味しかったです。

 

f:id:T347:20171126190627j:image

f:id:T347:20171126190641j:image

【野辺山駅】

電車で来たわけじゃないですが、せっかくなんでパシャり。1,345mで最高駅なんだそうな。

 

ここで偶然にもKさんにお会いしました。富士五湖で同じ部屋に泊まった方で、メチャクチャ速い人。お仲間と一緒に参加とのことでした。

 

そういや野辺山って中学生の時に学校行事で来た気もしますが、あの頃の記憶すっ飛んでるんで、何一つ覚えてないです。ま、そんなもんです。

 

f:id:T347:20171126191038j:image

【駅前の公園で】

テント泊の人もいるようです。

結構いましたね。「その手があったか!?」と感心しちゃいました。なるほどなるほど。

 

今回私はホテル泊です。

大会申し込み用紙に付いてたもので、野辺山観光案内所に申し込みするやつ。

ホテルに泊まるなら、グレードA(1万円くらいの)にしといた方が良いと思います。なんとなく。

私はグレードAにして、4人の相部屋出した。スタート地点までは車で10分くらいだったかな。

 

f:id:T347:20171126192043j:image

【宿泊施設の申し込み】

これ来年2018年のやつ。

(このエントリーを書いてるのは2017年11月です(笑))

大会パンフレットに申し込み用紙が添付されていらのです。

 

ちなみにランナーズウェルネス企画運営の大会に出ると、それ以降定期的に大会パンフレットが送られてきます。

 

あ、来年の野辺山には出ない予定です…。

 

f:id:T347:20171126191342j:image

【配布物とか】

ゼッケンとドロップバッグ。

 

ドロップバッグは使ってます。初めてドロップバッグを使いました。

 

今回は2箇所とも利用。42kmと71km地点で受け取れます。

42kmは靴下とロキソニン
71kmはアームカバーとロキソニン

 

結局事前に入れたものはどっちも使いませんでした。42kmに邪魔だったウインドブレーカーを入れたくらい。(そういう(捨てる)使い方もありか…なんて思ったり)

 

f:id:T347:20171126192751j:imagef:id:T347:20171126192809j:image

【レース当日の朝】

ウルトラマラソンは朝が早い。

 

この野辺山は今年からウェーブスタートとなりました。

第一ウェーブは5時スタート。

第二ウェーブは5時20分スタート。

野辺山完走歴ある人は第一ウェーブのようです。なので、私は第二ウェーブ組。

 

5時ちょうどにスタート地点である南牧村社会体育館に到着。

結構ギリギリに行ったため、車はスタート地点から遠い駐車場に停めることに。

 

なお、駐車場からスタート地点まではバスが出てます。1kmくらいなので、スタート前なら歩けますが、フィニッシュ後は…絶対無理(笑)

 

ドロップバッグを預けて、フリードリンクではコーヒーを頂戴しました。

 

f:id:T347:20171126193327j:image

 【スタート前】
無料コーヒー片手に一服。

 

余裕かましてますが、「またウルトラ走るの…」と、憂鬱だったことは内緒(苦笑)

 

f:id:T347:20171126194442p:image

【コースマップ】

ぐるーっと一周です。


9km〜20km、28〜30kmはトレラン。その他はランナーの高地トレーニングなどが行われるらしい。

 

これだけ見たら「おー、ワンウェイで良いコースやん」でしょ。まぁ確かに景色は良いけど…。

 

f:id:T347:20171126194459p:image

 【高低差マップ】
キタコレ。獲得標高は2000m超え。これは白山白川郷ウルトラマラソン以来の獲得標高。

 

これマップには描かれてない細かいアップダウンがたくさんあります。すっかり騙された(苦笑)

 

トレランの登りはキツくないですが、71km〜79kmの登りについては走ってる人は殆どいません。私みたいななんちゃってランナーには絶対無理です(笑)


ここは諦めて歩きます。なので、前半はタイムを稼ぐ必要あり。

 

f:id:T347:20171126194754p:image

【関門】

終始これとにらめっこでした。この厳つい身体は果たして19時20分までに帰って来れるか。

 

さて、国内最難関ウルトラマラソンの始まりです。

 

f:id:T347:20171126193807j:imagef:id:T347:20171126193819j:imagef:id:T347:20171126193830j:image

【トレラン】
約9km地点。

ここから砂利道になります。景色が綺麗やね。

 

トレランが初っ端であります。

砂利道なだけで、トレラン用シューズを使うほどでもないです。普通のラン用シューズで無問題。

 

f:id:T347:20171126194203j:image

f:id:T347:20171126194405j:imagef:id:T347:20171126194239j:image

【トレラン2】
割とバラけてるので、どん詰まりになることはなかったです。マイペースで走れました。

 

f:id:T347:20171126194321j:image

【またいたスパイダーマン

スパイダーマン(選手)がアコーディオン背負って走って、所々で演奏してました。
そうか!その手があったか!?(また良からぬことを考えてるな、俺(・ω・`))

 

この人、完走したのかな。

 

f:id:T347:20171126195437j:image

【コース最高標高地点】

約19kmくらいのところ。

 

コース最高標高地点は序盤にやってきます。ここにくるのはちょろいです。まだまだ元気。この後がスーパー辛いんです。

 

f:id:T347:20171126195647j:image

【第一関門】
関門時間とのマージンは58分ってとこ。マージン1時間が目標だったので合格。

 

この後の下り坂で転倒。序盤で余計なダメージを負ってしまった…。
周りにいた選手たちから「大丈夫ですか!?」と心配され、「多分大丈夫です!」と訳わからない答えを言ってしまった。ウケたからいいけど。

 

f:id:T347:20171126195808j:image

【エイドなど】
エイドは約5kmおきにあります。

 

場所によってはおにぎりとかお汁粉とか。リッチなので、ジェルとかバーとか、あえて持っていく必要は無いと思います。

 

今回おにぎりはよく食べたなぁ。塩を付けてムシャムシャと。

 

f:id:T347:20171126200034j:image

【第二関門】
42km地点。

 

42km部門はここでゴール。1つ目のドロップバッグもここで受け取れます。

 

ここには温泉があって、選手なら部門に関係なく誰でも入れます。私?入ってなあ入ったらフィニッシュ制限時間には間に合わなかったな…。

 

ココで偶然、富士五湖でご一緒したY口さんに再開。富士五湖で12時間切ったらしい。あの人、超すげぇ…。


そんなスーパーウルトラマラソンランナーのY口さんは71kmでリタイア。調子悪そうだったし…残念です。

 

関門時間とのマージン1時間7分。ちょっぴり増えた。

ドロップバッグに不要なウインドブレーカーを入れ、出発。

 

f:id:T347:20171126200803j:imagef:id:T347:20171126200255j:image

【第三関門】
50km地点。

 

電光掲示板が見つからなかった…。というか、蕎麦に釘付けでそれどころではなかった(笑)

 

ここには約11時10分に到着。関門時間とのマージンは1時間10分。地味にタイムを稼いでいます。

 

エイドの蕎麦がメチャ美味かったです。塩分補給兼ねてスープも飲み干し。
今大会は例年よりも暑かったらしく、この日は塩分を取らないと、もれなく熱中症になりそうでした。エイドで倒れてる人が結構おった。

 

f:id:T347:20171126201013j:imagef:id:T347:20171126201116j:image

【59km地点】
ここ関門じゃないですが、唯一往復がある折り返し地点。

 

この時が暑さのピーク。

死にそうな顔してるのは暑さの辛さもあるけど、時間稼ぐためにペース上げたってのもあります。

 

そういやまた見知らぬ人に声掛けられました。

「お疲れさまです。あの、確か白山白川郷にいましたよね。そのウェアに見覚えがあって…」と。

 

私、ウルトラマラソンで地味に有名になりつつありますねぇ。そして、IRONMANから宣伝費を頂戴したいな。(笑)

 

f:id:T347:20171126201058j:image

【私設エイド】

60km地点くらいかなぁ。

 

「なんか取りたいなぁ」と思う頃な、ホント絶妙な所にリッチな私設エイドがあり、色々と頂戴しました。ありがとうございます。

 

f:id:T347:20171126201351j:imagef:id:T347:20171126201414j:image

f:id:T347:20171126201435j:image

【第四関門】
71km地点。

 

71km部門はここでゴールです。温泉あります。入る余裕なんて無いっちゅうねん!入ったらもう走りたくなくなるだろ(苦笑)

 

ペースを上げたおかげで、関門とのマージンはなんと1時間39分。おい!そこの若いの、やれば出来るじゃないか!なになに、余裕じゃないの!!ってか(笑)

 

この辺から内臓の挙動がおかしくなってます。食べたくても飲みたくても、何故か身体が受け付けず。


「とりあえず歩こう」ということで前進。

 

f:id:T347:20171126201858j:image

【第五関門】
79km地点。

夕立と坂道に身体がやられながらも、なんとか到着。

 

やばいでしょ、顔。

もう「おぇーっ」って声をあげてます。吐く直前までいってます。というか、吐こうとすると何も出てこない。俺の食べた蕎麦は何処へ…。

 

あと呼吸が全然出来なかったです。

呼吸すると息が詰まるというか、、、深呼吸なんてとてもできず。身体に酸素が入っていかなかったです。空気も薄いし。

 

単車に乗った救護からも「ちょっと休んだほうが…」と言われるも、「歩くから大丈夫です」と全く支離滅裂な返事し、休まず歩みを進めてました。

 

「これが最難関の野辺山か…」と実感。

ちなみ関門時間とのマージンは1時間27分。結構頑張った!

 

f:id:T347:20171126202319j:image

【第六関門】
87km地点。

雨はすっかり止み、また暑くなってきました。

 

正直どうやってここまで辿り着いたのか、記憶が定かじゃないです。時々意識飛んだもんな。いやまじで。

 

関門時間とのマージンは1時間9分。ここでちょっと貯金を使いました。

 

そしてこの時点で、完歩では間に合わない!まだフィニッシュ確定してない!!走らないと間に合わない。つれぇ…。

 

f:id:T347:20171126203746j:image

【残り10km】
結局90kmまで吐きながら走り続け、ようやく「完歩」で間に合うところまで来ました。

 

ただ、意識朦朧もしつつ、足がいつ止まるかも分からない状況だったので、全然安心してなかったです。

 

あ、ForeAthlete 935買いました。デビュー戦です。

 

 

 

 

f:id:T347:20171126202755j:image

【残り1km】
結局、90km以降は「1/3走って、2/3歩く」というのが続き、ここでようやく「仮に倒れて無意識になったとしても執念でいけるな」とフィニッシュを確信。

 

f:id:T347:20171126202902j:image

【フィニッシュ】
ちょっと元気になった時に撮って貰いました(笑)ゴール直後は長椅子に倒れてましたからね。すんげー辛い。

 

これで長野県制覇。そう、何気に前進中の47都道府県大会制覇。

 

f:id:T347:20171126203014j:image

【完走証】

結局、制限時間の17分前にフィニッシュ。時間に余裕もって来てたのに、蓋を開ければギリギリ。


難易度的に近い白山白川郷UMよりはフィニッシュタイムは早かったので良しとしよう。

 

今年の100km部門の完走率は5割を切ったようです。暑かったのが原因だな。それにしても、これは難易度高すぎでしょ…。 

 

f:id:T347:20171126203427j:imagef:id:T347:20171126203439j:image

【完走メダル】
画像じゃ分からないけどかなり厚さがあってズッシリ重いです。さすが野辺山…。

 

これでウルトラは4回完走。数が増えるかどうかは…分かりません(苦笑)今の所、予定無し。

 

f:id:T347:20171126203740j:image

【フィニッシュ後のアレ】
フィニッシュ会場で無料蕎麦を大盛り2杯。

その後、高速SAでラーメン2杯。

なんか、大食いチャレンジしてた時代を思い出す(笑)

 

とりあえず食べられるくらいまで復活。ダメージはかなりあるんだろうけど…ゆっくり休みます。

 

 f:id:T347:20171126204908j:image

【振り返ってみると】

このエントリーはFBから転載・加筆しております。転載時は2017年11月。

 

当時のFBを見て、「はて、こんなに辛かったっけかなぁ…」と、すっかり記憶が改変されております(笑)

 

見てるとまた出たくなります。

次はコースを肌で分かっているわけで、分かってなかった今回とでは、全く違う結果になると思うからです。70km以降の坂に対して、覚悟ができるね(笑)

 

来年はトライアスロンの方が慌たゞしので、出るのは難しいかもしれませんが、近い将来、記録更新を狙いに行こうと思います。