New York City Marathon

*Run:42.195km

 

先週のXTERRA World Championshipが終わり、一回帰国。2日間日本にいて、また出発。また太平洋を渡るって、ハード過ぎるだろ、、、。

 

 f:id:T347:20171103092853j:image

【出発前】

金曜日の昼に出発。

久々に昼行です。今回はユナイテッド航空のオープンチケットが余っていたので、共同運航便のANAで行くことになりました。

 

いやー、3日前にマウイから帰ってきて、MTBはケースから出してないし、準備期間無さすぎです。

多少の忘れ物は許容し、パスポートとスマホとクレカさえありゃーなんとかなるわな…と。

 

ちなみに今回からアクションカメラを導入し、これで自撮りしております。

使って間もないこともあり、耐久性が未知数です。作りはオモチャっぽい。

レスポンスや操作性に細かい不満はありますが、入門用としてはかなり使えそう。

そして値段も高くないので、気を使うことなくガシガシ使えます。micro SDは付いてこないので、別途購入する必要あり。自撮り棒は100均でOK。

 

f:id:T347:20171103093308j:image

【海外保険】

もはやマラソンくらいなら、クレカ付帯ので良い気もしますが、つい最近ニューヨークでテロがあったこともあり、今回は入りました。

 

保険はセットではなくバラ買い。

治療費手厚め。チャリがないので、携行品保証は入らなかったです。

 

 f:id:T347:20171104101610j:image

ジョン・F・ケネディ国際空港(第七ターミナル)】

飛行機でスパイダーマンを見たり、テトリスをやったり、寝たり、、、テトリスの腕は全然落ちてなかった。ランキングは全部制覇させて頂きました(笑)

そんな感じで、ジョン・F・ケネディ国際空港に到着し、滞りなく入国。

 

到着時刻は、金曜日の午前11時だったので、ホテルへ行かずに、そのままExpo会場へ。

 

f:id:T347:20171104102046p:image

【ルート】

ジョン・F・ケネディ国際空港

=>(エアトレイン)ジャマイカ駅

=>(E)34st Penn Station

これでExpo会場である「Javits Center」へ。

1番安いルートはこれになります。他にも行き方はありますので、お好きなルートで。

 

f:id:T347:20171104101743j:image

【エアトレイン】

空港を出て、看板に従ってエアトレインを目指します。エアトレインの駅に乗って、ジャマイカ駅まで行きます。

ジャマイカ線ならそのまま。そうじゃなきゃ、途中乗り換えます。

英語が分からなくても、駅構内にある案内表示を見れば、なんとなく分かります。「jamaica」に行きゃあ良いんです。

 

f:id:T347:20171104101904j:image

【地下鉄E線】

ジャマイカ駅は終点じゃないので、くれぐれも下り線に乗らないように。

まぁ周りの雰囲気で「あ、こっちじゃないな…」みたいなのは分かります。みんなが乗らない方向が下り線です。私はそう判断して成功しました(笑)

 

f:id:T347:20171104102016j:image

【Jabits Center】

電車に揺られて1時間弱で、34st Penn Stationに到着。

ここから歩いて10分くらいのところ。つい先日のテロの影響か、警察官とパトカーがそこらへんをうろうろ、、、。こないだのテロの影響みたい。

 

f:id:T347:20171105015302j:image

【ポリス】

マシンガン持った警官もおります。あれで撃たれたらおしまいやね。ちなみに結構見られましたが、怪しいヤツというよりは、「こいつ何人だろ…」みたいな目をされた(・ω・`)

 

f:id:T347:20171104102709j:image

 【受付】

初っ端はとにもかくにも受付。

自分のナンバーの所に並んで、ネットでダウンロードしたConfirmation Formとパスポートを出すだけ。英語出来なくてもなんの問題もないです。

 

受付は滞りなく完了。

オレンジ色は「Semi Elite」枠だそうな。自己申告タイムでこうなったと思いますが、、、記憶にないなぁ。

 

大会当日は、シャトルバスに乗ってスタート地点に行きますが、なぜか遠いところが指定されていたので、これを修正しに行きました。(ゼッケンに情報が書いてあるのです)

 

f:id:T347:20171104103504j:image

【Runners Support Center】

受付のちょうど向かい側にあるココで、「ヘイジョージ、乗る場所を変えたいんだけど!」っていうと、「あぁ、そんなの簡単さー!」と言ってくれて変更可能。ジョージかどうかは分かりませんが(・ω・`)

 

変更後、チケット代わりのリストバンドをくれます。でも、これ当日に確認もされなかったし、無くてバスに乗れるんじゃ、、、。

まぁ言うだけで簡単に貰えるんで、貰っときましょう。

 

f:id:T347:20171104104730j:image

【Tシャツゲット】

なんとロンTだった。寒いからか。これ着て走ってるランナーも、ちょろちょろいました。良いデザインです。

 

これを貰うブースの横に、試着用ブースがあって、貰う前にサイズの確認が可能です。

 シカゴマラソンだと、貰ってから来て、合わなかったら交換でした。東京マラソンは交換できなかった気がする。

 

私は特に試着することもなく、Mサイズをチョイス。米国サイズなので、日本サイズのワンサイズ下を選んで下さい。

 

 f:id:T347:20171104105640j:image

【Expo1】

ゲートを潜ってまず最初にあるブースが、本大会のオフィシャルスポンサーであるニューバランス

 

NYCマラソン限定商品をドーンと取り揃えております。

Tシャツ、ジャンパー、帽子、バッグなどなど、書ききれないくらい盛りだくさん。マグカップとかベルとか「それ、関係ないだろ」ってのもチラホラ。

 

見てると欲しくなりますが、全部買ってたら破産しますって。アウターが150ドルくらい。インナーも90ドルとかだったかなー。

「服に100ドルも払いたくないなー」と、そこはグッと抑えて、ラン用のグローブのみ購入。25ドルしないくらい。これは手持ちがゼロだったんで。

 

グローブが参加賞だと嬉しいんですけどね。すっ転んで手を着くと、直ぐに破れるし。どうですか?地方の大会関係者さん。

 

f:id:T347:20171104111239j:image

【Expo2】

ニューバランスのブースを抜けると、決意表明?みたいなのを書いて、壁に貼れるところへ。

 

ここにも「347参上!」って書いておきました。バリバリ日本語(笑)

 

f:id:T347:20171104110733j:imagef:id:T347:20171104110757j:image

【Expo3】

一般企業のブースへ。グラサン、シューズ、ウェア、時計色、補給食、マッサージ機、各種大会のプロモなど、ドーンとあります。

 

f:id:T347:20171104111910j:image

【Expo4】

時計関係。

fitbit、GarminSUUNTOなど、TIMEXもありました。POLARとかもあったと思う。EPSONはなかったな・・・。

 

そういや、日系企業はウェア関係含めて全くなかったなかったです。

 

 

 

GARMIN(ガーミン) 心拍計 ハートレートセンサーHRM-Tri 【日本正規品】 1099711

GARMIN(ガーミン) 心拍計 ハートレートセンサーHRM-Tri 【日本正規品】 1099711

 

 

 

f:id:T347:20171104114232j:image

【Expo5】

ウェアやシューズ、補給食など。

 

ブランドによっては、大会限定商品あり。補給食は試食できます。残念ながら、あまりお口にあわなかったな、、、特に飲み物系が。なんか薄いんだよなぁ…。

 

 

 f:id:T347:20171104113517j:image

【Expo6】

Sauconyのブース。

私、このブランドのことを全然知らなかったんですが、1898年創業アメリカ最古のランニング専門ブランドとのこと。

 

ウェアやシューズなど、いろいろ発売しているようです。ものは良さそう。

 

このブースにノリノリな自由の女神がいたので記念撮影。

この女神様は日本に2回行ったことあるって(笑)

 

f:id:T347:20171104112635j:image

【Expo7】

身体を癒す系。

枕や布団の展示はbedgear。硬すぎず、柔らかすぎず、的なやつでした。

 

脚を空気圧でマッサージするこれはNORMATEC。10分間の体験可能で、試してみました。

脚が張ってる時は良いかもしれない。これでにアイシング機能がついたら、気持ち良さそうだなぁ。。。

あ、時差の影響もあって、ここで爆睡しちゃいました。終わった時、係員に起こされた(笑)

 

f:id:T347:20171104114711j:image

 【Expo8】

ワールドマラソンメジャーズ

そんな急いでないけど、絶対に達成したい案件。このウェアは欲しい。ただ、貰ったところで、勿体無くて着れない(苦笑)

 

f:id:T347:20171104115342j:image

【Expo9】

Run Disneyや NYC Triathlonなど。

Run Disneyはシカゴにもあったので、「ふーん」でしたが、このニューヨークで開催されているショートディスタンスのトライアスロンは気になりました。メダルが良い!

 これ、完走すれば貰えるんだとか。開催は7月。デンマークの世界選手権と被るな、、、残念。

 

f:id:T347:20171104115910j:image

【Expo10】

 その他諸々。

ドーム内の360°映像を見たり、トークショーのブースがあったり、化粧品のブースなど。ラン用のメイク指導かな・・・。

 

f:id:T347:20171104120419j:image

 【ホテル&夜メシ】

 ホテル近場の量り売りのメシ屋にて夜メシ。肉、野菜、魚、コメをしこたま入れて、30ドルなり。食べ過ぎなのか、物価が高いのか、、、両方か。

 

ホテルはJavits Centerから歩いて40分間くらいのところ。フィニッシュエリアからは30分くらい。

ちと遠いですが、やっぱり高いんだよねぇ、、、この辺。

このホテルは綺麗なんですが、シャワーとトイレは共同です。

 

f:id:T347:20171106094552j:image

コロンビア大学

翌日土曜日は普通に観光です。

この日は昼過ぎまで寝てました。13時間睡眠(笑)もう起きれなくってねー。

 

そして海外遠征恒例の大学巡り。

コロンビア大学です。私の母校です、嘘です。宇多田ヒカル女史やオバマ元大統領の母校です。宇多田女史は中退だけど。

 

ここも日本人は全くいなかったです。分からなかっただけかもしれませんが、、、でも日本人なら雰囲気で分かるわな…。インド系と中華系はポツポツおりました。

 

f:id:T347:20171106095232j:image

コロンビア大学グッズ】

コロンビア大学のブックストアに、オリジナルグッズがたくさん売ってます。ウェアや文房具、マグカップなどたくさん。ラインナップはシカゴ大学のそれとほぼ一緒でした。出所は一緒なんでしょう、きっと。

お土産に良いと思います。

 

f:id:T347:20171106095636j:image

【レース当日の朝】

さて来たレース当日。

時差の影響か、前日寝すぎたためか、この日は3時間しか寝られなかった。ツレーっす(・ω・`)

 

スタート地点へはシャトルバスで行きます。大抵の人はここミッドタウンからっぽい。

 

みんな座っていける大型バスが用意されてました。その数が、、、とにかくメチャンコたくさん。キャパ考えたら、200台くらいいたんじゃないか?

 

6時乗車のため、5時45分に到着したんですが、人、人、人で一向に乗れず。「まぁ、乗れなくても、サービスが手厚いから送ってくれるだろう…」と楽観視。

 

結局6時半に乗車し、スタート地点のフォートワズワースへ。

 

f:id:T347:20171106102149j:image

【セキュリティゲート】

フォードワズワースに着いたのはなんと8時半!?

いや、もっと早く着いたんですが、各所から来たバスたちが待機しており、なかなか降りられなかったのです。

まぁ少しだけ寝られたので良かったですが。

 

セキュリティゲートは金属探知機と手荷物検査。引っかかりましたよ、ええ。持って行った刀が「なに、これ?」って(苦笑)

最終的に私の全身写真を撮られ、刀も無事にパス。刀って何??

 

f:id:T347:20171106111012j:image

【ウェア】

忍者参上!

観客多数の大きな大会には、やはりコスプレランナーとして出ようと。外国人ウケを狙って忍者にしました。

 

狙った通り、スタート会場で写真を求められたり、撮られたり、レース中も観客から大盛況。ポリスも笑顔。全く忍んでない(笑)

 

掴みは抜群だったんですが、、、実は道着の下にヒートテックを着てたんです。これがマズかったことを、走ってる最中に分かることに。

 

ちなみに忍者セットはアマゾンから買いました。

 

 

オンダ 忍者刀 手裏剣付き

オンダ 忍者刀 手裏剣付き

 

 

 f:id:T347:20171106112207j:imagef:id:T347:20171106112222j:imagef:id:T347:20171106112234j:image

f:id:T347:20171106111410j:image

【一服中】

会場にはコーヒーやパン、バナナやパワーバーなど、たくさんの補給食がタダで配られてます。イョッシャー(´∀`*)

 

食いつつ、飲みつつ、頼まれたら写真撮影したり、、、まだまだ余裕だったこの時。

 

 ちなみにこの日の朝は曇り。気温は、、、15℃くらいかな。そんなに寒くはなかったです。「ヒートテックは無くてもいいなー」と思ったくらいなんで。やっぱり脱ぎゃ良かった、、、。

 

f:id:T347:20171106101722p:image

【コースマップ】

スタテンアイランドをスタートし、ブルックリン、クイーンズ、マンハッタンへ帰るワンウェイコース。

 

途中橋を渡るんですが、この橋がなかなかやっかいで、結構なアップダウン。最後の公園内もアップダウン。ここで記録狙うのはチト厳しいか。

 

f:id:T347:20171106113724j:image

【スタート地点】

第一ウェーブスタートだったはずが、並ぶ所を間違えてしまい、第二ウェーブとなってしまった、、、タイムには全く影響はなかったですが。

 

スタート時刻は10時10分(第二ウェーブ)。

 

この時くらいから小雨が降ってきました。最終的に小雨が降ったり止んだりの繰り返しの中でのレースに。

 

スタート直後は寝不足の割に身体も軽く、「このダボついた服でサブ3.5はキツイけど、3時間35分はいけそうだな」と。前半は悪くなかったんです。

 

 f:id:T347:20171106115003j:image

【21km地点】

、、、だったと思う。

これは確か、ブルックリンからクイーンズに架かる橋で、「あー、この登りはキツイなぁ、、、」なんて思ってた頃です。

 

ここまでは沿道から「Ohhh!ninja!!」とか「Hey!Samurai!!!」と声援を頂戴しつつ、ハイタッチしながら走り、軽快そうにしてました。

 

が、半分終えた所で、脚も気力も全体的な体力もカスカスに。

ヒートテックって、レーヨンが入ってるため、汗などの水分を吸うとメチャ冷えるんです。それ故にいくら走っても身体が温まらない。寒い寒い(>_<)

 

上下の忍者衣装も汗や雨を吸って、ずっしりと重くなり、負担となってしまいました。アレ、ただでさえ重いのに、、、。

 

今回、走るためのエネルギーも全く足りなかったようで、力も入らず。

エイドは約2-3kmに1箇所と数はありますが、そこにはゲータレードと水くらいしかなく、30km以降のエイドにようやくバナナやパワージェルが出てきます。(それとも私の見落とし?)

 

「あー、体力落ちはひょっとすると、ハンガーノック的なヤツかもなー」と思い、沿道の人が差し出してくれた果物を頂戴。立ち止まって談笑したり、写真撮影に応じたり、タイムは二の次。

その後、一時的に復活するも、やはり冷えによる全体的な体力の落ちもあり、復活せず。

 

「これは、、、3時間40分の攻防か」と、タイムの下方修整。それでも甘かった。

 

f:id:T347:20171106120025j:image

f:id:T347:20171106120037j:image

【セントラルパークやその周辺】

このマンハッタンにあるセントラルパークは馬鹿でかい。ここだけで5km以上あります。しかもラスト3kmで園内にアップダウンがあるし、、、どこまでいじめるんだ!?

 

ここの応援はかなり熱い!

雨の中、大観客の熱い声援を受けながら、走り抜けられます。凄く気持ち良い。

 

私はというと、脚も体力も全く残っておらず。エネルギーもエンプティ。声援による後押しのみでフィニッシュエリアへ。

 

f:id:T347:20171106122947j:image

【フィニッシュ】

なんだかんだでフィニッシュ。

完走後はホントグッタリして、座り込んでしまいました。

あまりにグッタリし過ぎて、メディカルから引っ切り無しに声を掛けられるしまつ。

「大丈夫、ちょっと休んでるだけだから。」と何回言ったことか。

 

吐き気もちょっとありました。やっぱり疲れかな…フルマラソン後に気持ち悪くなったことは初。

 

f:id:T347:20171107051141j:image

【Post Poncho】

 フィニッシュ後に受け取るポンチョ。

 

これはスタートで手荷物を預けなかった人が貰えます。事前に申告するんです、手荷物を預けるか、ポンチョを貰うか。

多くの人はポンチョを貰っているようです。

 

これ、作りがなかなか良い。

絶対貰った方がいいです。貴重品は最低限にして、ランニングポーチか何かに入れれば良いです。

 

 


 

 

f:id:T347:20171106121549j:image

【リザルト】

コスプレで走ったとはいえ、去年のシカゴはマリオで走っても3時間35分。天気は晴れでしたし、あれは衣装がめちゃ軽かったからなぁ。

 

全体的に全然規則性がないけど、エネルギーの取り方が原因な気がします。あと、最近距離を走ってなかったことによる走力不足。

 

これはショックだなぁ。

9ヶ月前の香港国際は大した準備もせず、しかも骨折持ちだったのにサブ3.5。

 

今回はコスプレとはいえ、それなりのタイムを目指した訳ですが、全然結果が出ず。

再来週の神戸マラソンに自己記録更新を目指す予定ですが、そこで惨憺たる結果だったら、、、と考えるのはやめよう。

 

バラモンキング(ブログ未掲載)をピークに、IRONMAN Kalmar以降の結果イマイチです。なんとなく負け癖がついてるので、そこを断ち切りたい所です。

 

f:id:T347:20171106123236j:imagef:id:T347:20171106123239j:image

【フィニッシュ後のアレ】

「ニューヨークに来てラーメンかよ!?」

食べたいんだから良いでしょ。フルマラソン後はこれがお決まり。

そんなことで、ラーメンを2杯、餃子10個を食してきました。計5000円くらいか。物価がメチャンコ高いです、ここニューヨークは。

 

f:id:T347:20171108081010j:image

【レース翌日】

レース翌日は帰国日。

テルチェックアウト前にマンハッタンの朝を散歩してました。

 

スタインウェイ&サンズの路面店

なんか格調高くて全く入れなかったです。ハーフパンツじゃ入れないな…。

「たまにはピアノも触らないと…」と口では言いつつ、全くやる気はないです(苦笑)

 

f:id:T347:20171108081144j:image

【レース翌日2】

エンパイア・ステート・ビルの目の前にあったAmazon Books。

 

なんとなくふらっと入りました。本かたくさん。売れ筋の本はネットの評価を交えてPR。新しいKindleの実機もありました。

 

本を一冊購入。Oasis欲しいなぁ…。

Kindle Oasis (Newモデル) 32GB、Wi-Fi、電子書籍リーダー

Kindle Oasis (Newモデル) 32GB、Wi-Fi、電子書籍リーダー

 

 f:id:T347:20171108080403j:image

【ワールドトレードセンター】

ホテルをチェックアウトし、空港へ行く前に寄って来ました。ここにはどうしても来たかったのです。

 

当時の場所には滝が流れている慰霊碑があり、亡くなられた方の名前が刻印されております。もちろん日本人の名前も。

 

ここの空気というか、なんというか、、、メタファーみたいなのが強烈です。一度来たら良いです。

 

併設されている記念館は列が出来ており、今なお多くの人にとってこのテロは関心な出来事です。

時間が無くて入れませんでしたが、次回ニューヨークへ来たら見学します。

 

一礼して後にし、帰国へ。

 

【あとがき】

この10日間で、「日本→マウイ→日本→ニューヨーク」と体内時計が狂いまくりで挑んだ今回。フルマラソンとしては、過去最高に苦しかったです。

 

ニューヨークシティマラソンはかなり当たらないらしいです。たまたま会った旅行代理店勤務のお姉さん曰く。たまたま当たったのか、あたしゃ。

 

ワールドマラソンメジャーズ制覇は残すところベルリン、ロンドン、ボストンの3大会。
ベルリンもロンドンも全然当たらない。ボストンなんて出る権利すらない…。

ラソンの全制覇は全く急いでないので、気長にやります。そもそも俺はマラソンランナーじゃない(・ω・`)