沖縄100kmウルトラマラソン

*Run:100km

 

f:id:T347:20171216141921j:image

羽田空港】 

インスタにも書きましたが、神戸マラソンの後、両手首のプレート抜去手術をしました。

 

全身麻酔だったので、2泊3日の入院。

術後は手首が腫れたり、寝過ぎて腰が痛くなったり、寝違えたりと、色々と辛かったですが、ようやく完全復活へ歩み始めたわけです。

 

そして、復帰戦の一発目は沖縄100k。

 

f:id:T347:20171218212418j:image 

f:id:T347:20171218212537j:image

那覇空港】 

那覇に土曜日18時前着。

この日はスンゲー雨風が強く、しかも寒かったです。全国的な寒波はここ沖縄にも影響があったのです。

沖縄って暖かいんじゃないの(´・ω・`)?

 

今回は全くぶらつく暇無し。

土曜日の夜に那覇着、日曜日の夜に那覇発と、100km走っておしまいという日程。

 

 f:id:T347:20171218212431j:image

f:id:T347:20171218212503j:image 

ゆいレール

改札が切符もタッチするやつになってました。右側のバーコードみたいなのを読み取るみたい。

 

あれ、前からこんなんだったっけ?

前に乗った時は普通の磁気の切符だったような。

 

f:id:T347:20171218212602j:image 

西鉄リゾートイン】

県庁前駅から徒歩数分の所。

ゴハン食べたり、翌日の朝食買ったりで、19時着。

 

大会当日は会場行きのシャトルバス(有料、事前予約、800円)に乗ります。シャトルバスは県庁前から出発。そのため、その近場にて一泊。

 

f:id:T347:20171218212952j:image

【ゼッケンなど】

これらは事前に送られて来ます。なので、前日受付は無し。

袋はドロップバッグ用、手荷物預けはタグ付けて預けるタイプです。

 

ゼッケンは前後に身につけ、背後のゼッケンにはなんかメッセージを書きこむらしい。

意気込みとか書くみたいですが、他の選手のを見ていたら、絵を描いてる人もいました。なんでも良いです。

 

次の日の準備しながら、20時には就寝。でも6時間ちょいしか眠れないのよ。

 

 f:id:T347:20171218213148j:image

シャトルバス】

日曜日、レース当日。

シャトルバスは県庁前に止まってました。3時発で、事前予約制。名前かメール(チケット)をチェックされます。

 

この日は2時20分に起床。

ウルトラマラソンは本当に朝早い。マジ辛いっす。

 

上はIRONMANのトライウェアにウィンドブレーカー、下はコロンビア大学のハーフパンツ。

シューズは買って放置してたGT-2000 NewYork SW。

 

 

前回大会の気温を見たら20度を超えそうだったので、「トライウェア1枚で大丈夫だろう」なんて思い、それしか用意しなかったんですが、それは今回最大のミスでした。

 

朝食はおにぎり2個。

スタート前はそれだけしか食べなかったです。エネルギー摂取に関してはテキトーです。ジェルとか取った方が良いんかね。 

ウイダーinゼリー エネルギー マスカット味 180g×6個

ウイダーinゼリー エネルギー マスカット味 180g×6個

 

f:id:T347:20171218213602j:image 

【スタート前】

スタート/フィニッシュ会場の与那古浜公園。

 

会場に3時半に到着。

ここに着いても手荷物とドロップバッグを預けるくらいで、他にやる事は無し。寒い中、スタート時間の午前5時まで待ち。

 

f:id:T347:20171218213702j:image

【手荷物預け】 

この日は曇り。

気温は終日16-17度で風が強く、風速10m/s。体感温度は12度かそれ以下。そう、メチャ寒い(´・ω・`)

 

待ってる間はテントの中で風から逃げ、パーカーを足にかけたりして寒さに耐えてました。が、それでも寒い。

 

沖縄とはいえ、この時期はどうやら防寒着必須のようです。MCも「私もヒートテック着てます!」って。

 

 f:id:T347:20171218213835j:imagef:id:T347:20171218213928j:image

【スタート直前】

午前4時45分から整列andスタートセレモニー。

 

フィニッシュタイム別で並びますが、そんなお固くないので、ゆるゆるダラダラ整列してました。今回は最後尾スタート。

 

寒すぎて口元がガクガクして、最初はマラソンどころじゃなかったな…。急遽ウィンドブレーカー着用で挑むことにしました。

 

f:id:T347:20171218221242p:image

【コースマップ】

与那古浜公園から糸満市役所を往復。海岸線沿いを走ります。

 

富士五湖や野辺山ほど高低差はないですが、細かいアップダウンに加えて、向かい風が脚を奪います。

 

この大会は交通規制をしておりません。

歩道もしくは道路端っこを走ります。信号など基本は守りますが、場所によっては誘導員がおり、赤信号でも渡らせてくれます。

 

エイドは34箇所。

飲み物中心の簡易エイド、時々食べ物や救護室があるちょっと充実エイドがあります。ミネラル(塩分)くらいは持参した方がいいかも。

 

f:id:T347:20171218215632j:image 

【スタート】

午前5時スタート。

最後尾スタートで、グロスとネットの差は約1分。

 

こうやって写真撮ってたんで、遅れただけです。参加者は約500人だったかな…なので最後尾でもサクッとスタートラインまで来れます。

 

今回は「6分/kmで行ってみるか…」と、ペースをざっくり目標。

え、10時間で完走( ゚д゚)?お前の100k自己記録は12時間45分じゃ…。

 

 f:id:T347:20171218213847j:image

【スタート直後】

スタートして10kmくらいかな。

街灯のない所では、こんなに真っ暗です。マジで何も見えません。

 

スタート直後はあまり道路面がよろしくないので、足元に注意を払いました。ほとんど見えなかったですけど。

 

気をつけていたにも関わらず、8km地点で一回躓いて転倒。

足元にあったブロックが見えなくてねぇ…。右手を突いてしまったけど、手首は異常なし。ホント治ってるみたい。

 

エイドでペンライト貰えたようです。どこにあったんだろ…私は気がつかなかったです。

 

自分で用意しといて、50km地点のドロップバッグに入れちゃうってのでも良いかも。 

 

 

f:id:T347:20171218213926j:image 

【20km】

1/5終了。

曇り空でも午前7時くらいになれば明るくなります。寒かったなぁー。

ウインドブレーカーは脱ぎました。着てると微妙に暑くなったので。脱ぐと寒いんですけどね。

そのウェンドブレーカーは腰に巻きつけておきました。

 

途中、アスロニアのアイアンガールさんと話しながら走ってました。IRONMANのコナに行ってる経験値豊富な方で、マラソン単体はこの沖縄100kが初なんだとか。

ここ(http://athlonia.com/store/staff/post_254/)に出てくる男性ランナーとは私のことです。

 

タイムで2時間8分48秒。

6km/分ペースをちょいオーバーだけど、まぁ妥当なところ。

 

f:id:T347:20171219072118j:image

f:id:T347:20171219072122j:image

【26.9kmのエイド】

おにぎりゲット。

朝食がおにぎり2個だけだったので、すでに腹ペコでした。ハンガーノックになる前に補給。

 

エイド提供のものに食べられる個数制限がないので、食べ過ぎに注意です。

 

f:id:T347:20171218213945j:image 

【30km】

約1/3終了。

明るくなっても全然暖かくならず、途中寒くてウィンドブレーカーを着ましたが、ベタついて気持ち悪かったんで、すぐに脱いじゃいました。

 

しかしこれは大失敗。あとでダメージが来ます。我慢して着とけばよかったです。

 

f:id:T347:20171218220244j:image

【30.5kmのエイド】

おにぎりとか飲み物など。おにぎりとペプシをゲット。

 

まぁここまでのところ、大きな失速もなく淡々とこれました。順調過ぎる。

 

f:id:T347:20171219072350j:image

【コンビニとか】

コース上にはコンビニや自動販売機があるので、エイド補給がどーしても間に合わないってときは小銭持って買うのもありです。

 

ちなみにエイド間隔はざっくりと3km前後に1箇所。

 

f:id:T347:20171218220243j:image

【おまけ】

この辺の途中相場。ま、参考まで(なんの参考やねん) 

 

f:id:T347:20171218214052j:imagef:id:T347:20171218214059j:image 

【40km】

約フルマラソン終了。

無難にやって来ました。ただ、相変わらず寒い。

この日は一日中曇り空で、2分くらい太陽がコンニチハしたくらい。太陽が出れば暖かいんですけどねぇ…。

 

タイムは4時間18分12秒。

細かいアップダウンと風があったこともあり、前半20kmのペースから若干落ちてますが、大きな疲労感は感じず「あぁ、まだいけるな…」と。

 

f:id:T347:20171218214053j:imagef:id:T347:20171218214118j:image 

【50km】

折り返し地点である50km地点、糸満市役所前でございます。

 

ここの関門時間は正午12時。ちなみに関門は9ヶ所あり、ここ50km地点は第3関門です。

というか、そんなに関門箇所があることを知りませんでした。ちゃんと資料を見ろって(苦笑)

 

40-50km間は見通しの良い街中を走ります。なので風の影響をモロに受けることに。この区間はほぼフラットなのが唯一の救いか。

 

タイムは5時間18分21秒。

関門時間とのマージンは1時間40分。マージンこそ今まで出たウルトラとそんなに変わりませんが、このタイムは自分にとって恐ろしく良い。

 

ペースは40-50km間は6分/km。

ちょっとペースアップして、前方の選手をいくらか抜いていきました。サブ11が視野に入ってるじゃないか。どしたどした( ゚д゚)

 

f:id:T347:20171218214630j:image

f:id:T347:20171218214633j:image

f:id:T347:20171218214634j:image

【50kmエイド】

エイドにはもずく汁やばくだんおにぎりなどあります。

 

沖縄はもずくの収穫量が日本一だそうです。美味すぎて3回くらいおかわりしました。

 

ドロップバッグはここで受け取れます。

私は今回預けてなかったので、エイドでガッツリ補給して、残り50kmの旅路へ。

 

f:id:T347:20171218214802j:image

【60km】

来た道をひたすら帰ります。

不思議なことに、全然さっき通って来た感がない(笑)

結局見える景色は変わるんだから、往復コースってのも悪くないですな。色々と大会に出といて今更気がついたんかい( ゚д゚)

 

タイムは6時間19分24秒。

まだ絶好調で若干ペースダウンですが、ほぼ6分/kmペース。だんだん前の選手がいなくなっていきました。順位もかなり良さそう…。俺、ホントどうした、何者だ?(笑)

 

この50-60km間でアスロニアのアイアンガールさんとすれ違いで再開。「おー、頑張れー!」と声を掛けました。残念ながらDNFだったみたいです。(お疲れさまでした🍻)

 

f:id:T347:20171218215803j:image

【68.2km地点のエイド】

ペースが落ちることなく、ここまで到着。

 

ここではちょっと座って休憩。

みかんを貪り食べました。疲労が溜まってきたこの身体には、美味さ5割増しです。

 

マリオのコスプレした人がチラ写りしてますが、彼は去年も出たそうで「これからがきついっすよ」と一言。まじかー( ゚д゚)

 

去年からコースが一部変わったみたい。でもキツイ坂は存在します。Oh No…。

 

 f:id:T347:20171218214820j:image

【70km】

先ほどのエイド後から急失速。

 

ペースが全然上がらなくなりました。

坂道がチョロチョロあったってのもあるけど、脚だけの問題じゃなく、呼吸も浅く、息切れ気味。

 

それでも回復を願い、歩きを挟みつつ前進。

 

 f:id:T347:20171218214843j:image

【80km】

75km終わった所で、モーレツな眠気と目眩が訪れました。眠気…というより、あの全身麻酔をやられるあの状態。


「あ、これはヤバイやつ」
寒さで身体が冷え、いつもよりも体力が消耗。
あと、終わってから気がついたのですが、そんな寒い中でもかなり汗をかいていたようで、着ていたウェアは真っ白でした。ミネラル不足もあったようです。

79.8km地点の簡易エイドに到着して、テント横のスペースで仰向けで倒れました。アスファルトの上でね。


エイドのボランティアの方にマッサージをして貰ったり、みかんを食べたりして、暫く休憩。

 

マッサージをしてくれた方から、「脚の筋肉は柔らかいから、そこは大丈夫そうだなぁ」と言われるも、この「遠くなっちゃう意識」をどうにかしないと…。

 

「止まっていても寒くなるだけ。動こう。」と思い、次のエイドは1.7kmを目指して出発。

止まっていたせいか、脚がモーレツに重くなり、途中止まりながら歩いて前進。吐き気も出てきたことで、「DNF」が頭をよぎってました。

 

 f:id:T347:20171218214917j:image

f:id:T347:20171218215226j:image

f:id:T347:20171218215227j:image

【81.5km地点のエイド】

月代公民館。

ちょっと大きめのエイドに到着。ちなみにここは第6関門でもあり、関門時間は16時20分。

 

到着時間は約14時30分だったので、関門時間とのマージンは1時間50分。まだまだ余裕ありです。

 

そばをつゆごと食べたところまでは良かったんですが…。その後、また急速に体調悪化。

 

「あぁもうダメ…」ってことで、ここの救護室で毛布に包まって横になり、ホッカイロを受け取って身体を温めました。

ここでタイムを攻めるは諦めて、13時間目標に。DNFはしないと決めました。

 

 f:id:T347:20171218215712j:image

 【フィニッシュを目指して】

みんな一生懸命フィニッシュに向かっております。

 

少し横になったことと、「DNFはしない」という決意表明によって、体力・精神力ともにマシになり、7分/km程度で走れるまで復活。身体も温まってきました。

お、11時間台いけるか。

 

 f:id:T347:20171218215113j:image

【95km】

結局ペースアップすることなく、95kmまで来ました。というか、よくここまで来れたな( ゚д゚)

 

この時点で11時間台フィニッシュは困難となりましたが、ここから完歩したとしても自己記録更新に。

 

よく頑張った、俺。

 

 f:id:T347:20171218215104j:image

【フィニッシュ】

12時間13分5秒でフィニッシュ。

 

現代人が走ることのないこの距離に、勇猛果敢に挑むランナーたちに敬意を表し、また己の肉体・精神力に賛辞を贈ろう。

 

f:id:T347:20171218220445j:image

【フィニッシャーメダル】 

陶器でできております。

 

ちょっとしたことで割れるんじゃなかろうか??タオルに包んで大事に大事に持って帰りました。

 

f:id:T347:20171219210420j:image

【完走証】

60kmまでは抜群に良い。

これが続けば…と思いますが、そんな単純な話でもないか(´・ω・)

 

f:id:T347:20171218220455j:image

【県庁前までシャトルバス】

フィニッシュ後、無料の蕎麦とおにぎりを食べ、荷物を受け取り、県庁前へ行くシャトルバスへ。

 

さぁあんまノンビリしてる暇はない!帰りの飛行機の便に乗らなければ!! 

 

思ったより早くフィニッシュ出来たのでタクシー直行ではなく、シャトルバスで県庁前まで行って、そこからモノレールで空港へ行く事にしました。

 

帰りのシャトルバスは何故か予約不要かつ無料です。

 

f:id:T347:20171218215327j:image

f:id:T347:20171218215337j:image

【フィニッシュ後のアレ】

頑張ったこともあり、時間的にはご飯を食べる余裕があったので、マラソン後恒例のラーメン。当然替え玉あり。餃子もつけちゃった。

 

それなりに胃袋を満たして、那覇空港へ。これにて沖縄100kは終了。

 

f:id:T347:20171218220016j:image

【あとがき】

 間に合った!!

ってほど、ギリギリでもありませんでした。空港ラウンジのトイレで軽く身体を拭き、着替え。ホントはシャワーを使おうと思ったんですが、あれ19時までなんですって(´・ω・)

 

エントリーした時は「ちゃんと飛行機に乗って帰れるかな…」なんて思ってましたが、蓋を開けてみたらラーメンを食べる余裕すらありました。

 

ただ、あの70km以降の失速とダウンは悔しい。あれさえなければ…なんて終わって数日経っても思ってます。

足の筋肉痛具合は前回の野辺山より確実に軽減されており、脚力がついてるか、もしくは走り方が良くなっているみたいです。

 

この重い身体には100kは大きな負担なので、可能であればもう走りたくないんですが、半年後くらいに確実に走ってるんじゃないかのぅ。

 

来年はホント忙しいんですが、うまーく時間を見つけてサブ11狙いで出ようと思います。