Red Sea Swimcup

※Swim:1.5km

※Raceday::2018年1月27日(Sat)

 

f:id:T347:20180208223959j:image

 前日のISRAMAN (http://athletetraveler.hateblo.jp/entry/2018/02/08/210009)を無事に完走し、興奮さめやらぬ中、もう次のレース。オープンウォータースイミング(OSW)でございます。OSWとしては海外デビュー戦。

 

イスラエルでOWSにも出ることになるとは…。

 

とあるメールマガジンに、ISRAMANの翌日にこの大会があることが書かれており、更にISRAMAN参加者は割引価格で参加出来るとのこと。

 

「…やるしかない!(=゚ω゚)ノ」

 

ということで、参戦が決定。

 

【スタートリスト】

f:id:T347:20180209070548p:image

一部抜粋。 ヘブライ語だらけの中にローマ字(笑)この大会、あんま英語サイトが無かったんだよな…。

 

部門は7.5km、1.5km、500mの3つ。

順位対象はコンペティション(ノーウェットスーツ)です。ウェットスーツはオープン参加となり、順位対象から外れます。

 

「7.5kmは…ちょい見送り。1.5kmのコンペティションで。」

エントリー当初はISRAMANで入賞する気満々だったので、その表彰式に間に合うのは1.5km部門だったという事情があります。

 

7.5kmは参加者も少ないので、時間内に完泳出来ればカテゴリー入賞(入賞メダルがあります)くらいするんじゃないかな。

 

【会場へ】

f:id:T347:20180208204611j:image

昨日寝たのは0時過ぎ。

あんま寝付けない中、起床時間は5時半。「お前、そんなんでノーウェットで泳げるのか( ゚д゚)??」

 

1.5km部門のスタートは8時20分でまだ時間あるため、取り敢えず6時15分からの受付には行くことに。参加賞くらいは 欲しい。

 

ということで会場着。

会場はISRAMANのスイムパートと同じ所。宿泊先から歩いて2分くらいの所です。

 

【受付】 

f:id:T347:20180208223910j:image

オープンウォータースイミングにありがちな簡素な受付。

 

あらかじめエントリー終了後に送られてくるメールを見せれるようにしておきました。すんなりと受付ができます。

 

【参加賞と計測バンド】

f:id:T347:20180209071519j:image

オープンウォータースイミングの参加賞はまさかのニット帽(笑)

スイムアップ後は寒いので、これで寒さを免れようってか( ゚д゚)

 

計測バンドは腕時計タイプ。これ初めて見たなぁ。スマートウォッチみたいなやつでした。スイムアップ後にフィニッシュエリアにあるセンサーに「ピッ」って当てます。

 

受付に行って良かったことは、「よし、出よう!」となったこと。

アドレナリンが出るらしく、疲れが感じなくなるのです。実際は絶対に疲れているので、多分錯覚です。

 

一回ホテルに帰って、水着に着替えたり、朝食を食べたりしてました。

 

【野良猫とか】

f:id:T347:20180210111242j:image

街中には結構野良猫がいました。あんま人馴れしてなさそう(´・ω・)

 

【スタート前】

f:id:T347:20180209072553j:image

8時ちょい過ぎに再度会場へ。

人が増えてました。参加者は全く数えてないのでどれくらいいたのかわかりませんが、100人くらいはいたと思います。

 

【コースマップ】

f:id:T347:20180210104953j:image

一周1.5kmを1lap。

7.5kmは5lapsなんでしょう…。いやー、あの塩っぱい海を泳ぎ続けるなんてツレーだろ(苦笑)

 

見ての通り、ISRAMANのスイムパートのコースとは異なります。Red Sea Swimcupは浜辺に沿って泳ぐのです。

多分安全面を考えてのことだと思います。

 

ちなみに500m部門は赤い印のところで折り返しです。 

 

【フィニッシュエリア】 

f:id:T347:20180209063636j:image

スタート直前に服を脱ぎ捨て、肌寒い中待つこと8時20分。一斉にスタート。

 

順位なんて当然狙ってないし、「硬直した身体が少しでもほぐれれば良い」くらいにしか考えず、ノンビリとスイムすることに。

 

前日のスイムでは気がつかなかったカラフルな熱帯魚が岩場を泳いでいたり、「浜辺近くは意外と透明度は高いんだなぁ」と考える余裕すらあり。

 

ノーウェットなので身体への負荷は多少高いものの、紅海が塩分濃度が高めであり、身体も多少は浮き、脚も使えました。

ウェットスーツが無いことでの自由度は高まるということで、「身体をほぐす」というのにはもってこい。

しかも海はそこそこ冷たいのでアイシングの効果もあったかも。昨日はウェットスーツを着てて「ちょっと暑いなー」と感じたのに、着ないと冷たかったです。エイラートも冬ですからねぇ…。

とはいえ、泳いでる最中は十分耐えられる水温。約20℃らしい。

 

周りの猛者に挑むことなんてせず、そもそもついていけないので(マジ速い)、マイペースで淡々と泳ぎ、あっという間に折り返し地点へ。

ただ、折り返してからが長かった。多分波の流れが西から東だったようです。なかなか前に進まない。

 

たまーに波のヘッドアップのタイミングが合ってしまし、モロに海水を飲むも、「あと少しで終わるから…」と全く動じず(笑)そりゃあ昨日が昨日だったからねぇ…。

 

そんなこんなで最終コーナーを曲がり、フィニッシュエリアのある浜辺へ。

 

【フィニッシュ】 

f:id:T347:20180209063652j:image 

寒かったので、フィニッシュ後にすぐ服をきました。

 

タイムは35分くらい。

まぁ良くはないし、総合順位でも半分以下。まぁ完泳出来ただけで満足です。

 

「ISRAMANのアワードセレモニーも見たいし、早く帰ろう…。」と思い、このあとホテルへ。この考えがイスラエルに来て最大のミスでした。

 

【あとがき】

f:id:T347:20180209073824j:image 

この後、予定通りISRAMANのアワードセレモニーへ。ま、これの入賞なんて程遠かったですが。

 

そして悲劇は帰国後に知ることに。

なんとなくオープンウォータースイミングのリザルト見ていた所、なんとカテゴリー入賞してました。3位だったのです。

 

「なんでなんでなんで!!なんでそっちの表彰式に行かないんだよ坊主!!!バカバカバカ。゚(゚´Д`゚)゚。」

 

最大の後悔(泣)

入賞者の写真見てたらかなり重厚な入賞メダルを貰ってるし、3位に人がいない写真もあるし(そこ俺だよ!!)。

 

まぁ後悔先に立たずなので…次はどんな競技だろうと、総合順位がメタメタでも必ず出席しようと思います。

 

そしてロングの翌日の1.5kmノーウェットはいけるな、あたし(=゚ω゚)ノ