青梅マラソン

*Run:30km

*Raceday:2018年2月18日(Sun)

 

f:id:T347:20180219071644j:image 

指が入ってるのはご愛嬌´д` ;

 

先週のカーフマンジャパン南関東ステージ(http://athletetraveler.hateblo.jp/entry/2018/02/15/073012)で本格的に太腿を故障してしまい、当初「こりゃー青梅マラソンは出られないな…」と思っていたのですが、1週間完全休養の末、「試しに出てみる価値がある」程度まで痛みが軽減。

 

今回もDNF覚悟で参加することにしました。青梅マラソンは2年ぶり2回目です。

 

河辺駅北口】

 f:id:T347:20180219071717j:image

こなれた感じです。52回も開催されてりゃあ、そりゃ慣れてるわけだ´д` 

 

受付会場の河辺小学校(30km部門、当日受付)は南口から行くと近いですが、北口からも行けるし空いてるので、時間帯によっては北口の方が早く着くかもしれません。

 

受付時間の締切間近に行くなら北口からの方がベター。

 

【踏切】

f:id:T347:20180219072107j:image

北口からだと、河辺小学校の手前の踏切を渡ります。

 

【河辺小学校校門】 

f:id:T347:20180219072324j:imagef:id:T347:20180219072331j:image

超混んでました( ゚д゚)

門が狭いので、そこがボトルネックになっているようでした。まぁすぐに入れたけど。

 

【代わりの引換証を貰う】 

f:id:T347:20180219072542j:image

f:id:T347:20180219121052j:image

「あ、引換証を忘れた!」と気がついた時には電車に乗っていたので、代わりの引換証を貰うために庶務係というテントへ。

 

必要事項を記入して、身分証明書を提示すると名簿から照らし合わせて問題無ければ、代替引換証を貰うことが出来ます。

 

【代わりの引換証】

f:id:T347:20180219072604j:image

f:id:T347:20180219072607j:image

列に並んで暫し待つこと数分。無事にゲット!!

 

【参加賞(Tシャツの受取)】

f:id:T347:20180219121519j:image

まずは参加賞のTシャツをゲットします。

 

【ゼッケンの受取】

f:id:T347:20180219121530j:imagef:id:T347:20180219121535j:image

次にゼッケンを受取り。

 

f:id:T347:20180219121733j:image

ゼッケンとTシャツ。

ゼッケンは2枚で、前後に付ける必要があります。また前後に付けられるゼッケンベルトの出番。

 

ナンバーは自己申告タイムっぽいです。速そうな人は若い番号だったし。この番号順に並べるので、若い番号だと前の方からスタート出来ます。

 

【手荷物預け_有料版】

f:id:T347:20180220065635j:image

 大会エントリー時に先着2000名に限り、有料で手荷物を預かってくれるそうです。

 

エントリー時にそんな項目あったかなぁ。私は2次募集先着エントリー組だったので、選択項目がなかったのかも。

 

【貴重品だけなら】

f:id:T347:20180220065740j:image

サイフやスマホなどの小物の貴重品は、大会側が当日100円で預かってくれます。

 

「じゃあ大物は??」

体育館にそっと置いておくことになります。盗まれたり、間違って持っていかれても仕方ないと思える人向けですが、多くの方がこの方法だと思う。豪快な人は屋外に置きっぱだし…。

 

【会場マップ】 

f:id:T347:20180219121924j:image

この大会は会場が分散されています。

フィニッシュ後、1番ラクな手段は総合体育館の所に荷物を置くことです。

 

そこでも貴重品の預かり(100円)はやってますし、体育館に荷物も置けます。ただ、有料の手荷物預け(エントリー時に申し込む先着のやつ)は無いです。

 

【総合体育館前】

f:id:T347:20180220070404j:image 

私は総合体育館に荷物を置くことにしたので、河辺小学校から徒歩数分の体育館へ移動。

 

なんかアイドルっぽい人たちが踊って歌ってました(芸能には相当疎いです、あたし)。

 

【お店】 

f:id:T347:20180220070624j:imagef:id:T347:20180220070638j:imagef:id:T347:20180220070653j:imagef:id:T347:20180220070658j:image

総合体育館前には出店があります。

限定オリジナルグッズっぽいのもちらほらあった…気がする。

 

【貴重品を預けた】

f:id:T347:20180220070913j:imagef:id:T347:20180220070918j:image

金品は預けました。スマホは撮影用で携帯。100円で安心が買えるなら安いものです。

 

【大物は体育館へ】 

f:id:T347:20180220070929j:image

ポツンと置いときました。

あえてボロいバッグにして、気休めに鞄の上に袋を置いときました。盗まれることなく、問題ありませんでした。

 

【スタートエリアへ】

f:id:T347:20180220071516j:image

f:id:T347:20180220071520j:image f:id:T347:20180220071528j:image

ぎゅうぎゅうです。確かに1万7000人くらい出場していると思います。なんかキャパオーバーな気も…。昔は参加者数ももっと少なかったようです。

 

ゼッケンに前後の向きは無いですが、チップが付いてる方を後ろにするとタイムを損します(笑)

 

【コースマップ】 

f:id:T347:20180215133708p:image

15km地点で折り返す往復コース。

往路は上り基調、復路は下り基調です。が、所々体感・認知できるアップダウンもあり、感覚的に35-40kmくらいの距離を走った感じになります。

 

【スタート】

f:id:T347:20180220072004j:imagef:id:T347:20180220072012j:image

11時30分スタート。

スタート地点には看板があります。あれ、大会時だけでなく、ずっと付いてるっぽい。

 

ピンクのウェアの主は、重量挙げの三宅選手で、彼女がスターターでした。(最初誰だか分からなかった…)

 

【市街地を抜けた所】

f:id:T347:20180220072329j:imagef:id:T347:20180220072341j:image

市街地を抜けると上り坂。太鼓がドンドン!ってお出迎え。

 

今回私は怪我を悪化させたくなかったし、そもそも走れるかどうかも謎だったので、約6分/kmのスローペースでラン。

 

先週のカーフマンでは数百メートルで違和感を超えた痛みが走り、そっから走れなくなりましたが、今回は1km、2kmと走っても痛みは出ず。

 

とはいえ違和感(特に右脚)はあるし、油断出来ないので、スローペースを継続。

 

【太鼓2】 

f:id:T347:20180220073006j:imagef:id:T347:20180220073010j:image

太鼓2。

太鼓演奏は数ヶ所で行われてます。青梅と太鼓は何か縁があるんでしょうかね。

 

ちなみに今回はフォアフットかつ重心を(意識的に)前にして走ってます。この方が裏太もものダメージが少ないかなと。

 

沿道の消防団から「すげーいい身体してる…」とお褒めの言葉を頂戴しました´д` ; そう、私はランナー体型じゃない。

 

【私設エイド】 

f:id:T347:20180220073151j:image

大会のエイドステーションはもちろんあるんですが、相当混みます。なんとなくキャパオーバーな気が…。

 

52回も開催され、地域に密着している大会ということもあり、有志による沿道の私設エイドが数多くあります。飴やチョコ、煎餅など応援者によって色々。この私設エイドだけでも足ります。

 

しかも私設エイドは混まないので、少しでもタイム稼ぎたい人は、感謝の言葉を言って頂戴しましょう。(ありがとうございました)

 

【折り返し地点】

f:id:T347:20180220073605j:image

f:id:T347:20180220073617j:image

折り返し地点には常設(と思われる)看板があり、その下にドでかいコーンがドーン!と立ってます。これを折り返し。

 

ご覧の通り半分終わった所でもかなり密集してます。

ちなみにこの時点で順位は真ん中くらい。やっぱりコース幅に対する参加者数のキャパは超えてるよね…。

 

関門時間とのマージンは約30分。

約6分/kmでこんな感じ。この時点で結構疲れてたりします。やっぱり暫く走ってないと、身体も鈍ります。

 

下り基調の復路へ。

 

【残雪】

f:id:T347:20180220204913j:image

この日は晴天で日なたは暖かかったんですが、日陰はちょっと寒かったです。

 

走り始めは右脚に違和感があり、そちらが不安だったんですが、復路に入り「ん?」と違和感があったのは左脚。

 

右脚を庇うようにするため、自然と左側に重心をかけて走っていたんだと思います。

 

まだ残り15km。

(仮に故障したことを想定した)完歩ではさすがにまだ関門に引っかかってしまう。飛ばすことなく(故障回避)、ペースは現状維持(約6分/km)

 

【太鼓3】

f:id:T347:20180220204930j:image

往復コースなので太鼓演奏はずっと行われています。人は交代しながら叩いているのかな。

 

【まんじゅう】

f:id:T347:20180220204935j:image f:id:T347:20180220204939j:image

復路の途中にあるエイドステーションにまんじゅうがありました。

 

中は白あん、皮はレモン風味。3個も食べてしまいました。水も欲しくなりましたが、まんじゅうゲット時にはそこまで気が回らなかった(´・ω・)

 

【上り坂】 

f:id:T347:20180220211159j:image

下り基調ですが、時々上り坂も現れます。結構歩いてる人もいました。頑張りましょう!!

 

【アト4K】

f:id:T347:20180220082436j:image

f:id:T347:20180220211448j:imagef:id:T347:20180220211454j:image

高校生が吹奏楽で喝を入れてくれます。

もちろん往路でも演奏しています(寒い中演奏する辛さはよく知ってます(笑)ホントにお疲れ様でした)。

 

【アト3K】

f:id:T347:20180220082441j:image 

あと3km。

 

【アト2K】

f:id:T347:20180220082509j:image

あと2km。

さすがにここまでくれば身体がどうなろうがフィニッシュ出来ると思い、この辺からペースアップ。

 

【アト1K】

f:id:T347:20180220082522j:image

この辺りで4分30-40秒/kmへ加速。

 

「身体が超重い…」

疲労や身体の鈍りもあるけど、それよりも体重が増えたことによる影響が支配的な気がします。家に帰ってから確認したら2kg増えて、約82kg。それは重いよ(´・ω・)

 

【フィニッシュ直前】

f:id:T347:20180220082529j:image

最終コーナーを曲がるともうフィニッシュゲートは目の前。

 

【フィニッシュ】

f:id:T347:20180220211903j:image

無事に帰ってこれました。

故障を克服して走れたことだけで満足です。(かなり安心しました)

 

タイムはネットタイムで3時間ちょっとオーバーくらい。6分/kmペースならドンピシャタイム。フィニッシュ後の疲労感はあんまかったです。あと70kmはいけるな(笑)

 

【フィニッシャーメダル】

f:id:T347:20180220211913j:image

f:id:T347:20180220211917j:image

去年からフィニッシャーメダルが出来たんだそうな。これを動機に再戦する人も多くなるかも。

 

話は逸れますが、時々フィニッシャーメダルがヤフオクに出品されていることがありますが、「買ってどうするんだろ??」と思ってます(無くした人が買うのかな…)。

 

【フィニッシュエリア】

f:id:T347:20180220211927j:imagef:id:T347:20180220211936j:image

f:id:T347:20180222070808j:image

おにぎり、VAAMなど。

おにぎりとジェルはその場で美味しく頂き、スポドリを飲みながら帰りました。

 

フィニッシュ後恒例のラーメンは食べてません。太ったので、痩せないと(苦笑)

 

【ケース販売】明治 ヴァームウォータークリアアップル 500ml×24本

【ケース販売】明治 ヴァームウォータークリアアップル 500ml×24本

 

 

 

【表彰式】

f:id:T347:20180221072648j:image

表彰式の様子。

総合優勝で50万円、コースレコードで最大300万円なんだそうな。日本の大会で賞金が出るのは珍しいです。他は東京マラソンくらいか。(総合優勝で約1000万円、世界新記録で3000万円など)。

 

【あとがき】

f:id:T347:20180222073907j:image

今回は両脚の裏太ももの様子を見ながらのランで、「悪化したらヤダなぁ…」と思っていたんですが、終わってみれば無事完走。

翌日も無事にランでき、ほぼほぼ治ったようで一安心でした。

 

オンロードのランは暫くお休み。

4月末まではランもバイクもオフロード系の大会が続くので(先週久々にMTBに乗りました)、多少の擦り傷は許容し、骨や腱の故障といった長引きそうな怪我だけはしないようにしないと…って所です。