青梅高水山トレイルラン

※Trail Run:約30km

※Raceday:2018年4月1日(Sun)

 

f:id:T347:20180401155839j:image

青梅マラソン以来、1.5ヶ月ぶりにまた来た東京都青梅市。そしてトレランは養老渓谷以来、約1ヶ月ぶりとなります。

athletetraveler.hateblo.jp

 

【会場】

f:id:T347:20180401160016j:image

9時半に到着。

永山公園総合運動場。青梅駅から徒歩5分強ってトコでした。

 

受付はありません。

事前にゼッケンナンバーとチップが送られてくるので、それさえ付けていればスタートの号砲がなるまでに来れば良いのです。ちょーラク(=゚ω゚)ノ

 

この大会、ルールで500mlの水分と手袋が必須です。忘れるとペナルティーがあるみたい(フィニッシュタイムに+10分される)。

 

そうそう、うっかり手袋を忘れてしまいました(´・ω・)

仕方ないので青梅駅前のコンビニで軍手(とオニギリ)を購入。軍手は100円しないくらいでした

 

f:id:T347:20180401160223j:image

ゼッケンはゼッケンベルトに安全ピン留め。

 

f:id:T347:20180401160255j:image

チップは靴紐に付けておきます。

 

f:id:T347:20180401160316j:image

こんな感じに。

このチップは使い捨てなので回収されません。

 

f:id:T347:20180403073033j:image

ちなみに今回もトライウェアです。

コンプレッションでランパンみたいにヒラヒラしたトコも無いので、楽チンなんです。

 

ちなみにレッグカバーはしません。私には全く効果が無い(それどころかパフォーマンスが落ちる)ので。

 

今回はこれで大丈夫でしたが、大会によっては適さないこともあります。OSJ安達太良山50kとか(あの時は擦り傷がたくさん出来ました(泣))。

 

【Expo】

f:id:T347:20180401160446j:imagef:id:T347:20180401160500j:imagef:id:T347:20180401160507j:image

会場には多数の出店がありました。

シューズとかウェアとかアクセサリーとか食べ物とかテントまで(笑)ホントなんでもありました。

トレランでここまで多い出店は見たことないです。青梅マラソンの出店数より多いんじゃないかね、これ( ゚д゚)

 

まともに見たら1時間以上かかるかも。前日からやっているようです。気になる方は早めに会場に来るか、フィニッシュ後に物色しましょう。シューズとか有名どころのモノが試着したい放題ですよ。

 

f:id:T347:20180401162217j:imagef:id:T347:20180401162220j:image

ちなみに大きい荷物はタグを付けてビニールシートの上に放置。誰も管理してないですので、貴重品は最低限で☝️

 

盗む人もいないだろうけど、間違って持って行かれるとかはあり得るので、あんま被らなそうなバッグを使った方が良いかも。

 

f:id:T347:20180401162432j:image

私はこれ。

コーダレーンのIRONMANレースは無くなってしまったので今となってはレア物ですが、ガシガシ使ってます(=゚ω゚)ノ

 

【コースマップ】

f:id:T347:20180401161323p:image

永山公園公園を出発し、高水山でぐるっと回って帰ってくる往復コース。

 

これガーミンコネクトのマップです。ForeAthlete935で取ったGNSSの軌跡です。コース軌跡を見るのにスゲー便利ですね、初めて見ました。今更かよ(笑)

 

【スタート直前】

f:id:T347:20180401161957j:image

30km部門は10時スタート。15km部門は10時30分スタート。

 

この1分後に30km部門スタートの号砲が鳴ってます。早く並べよ(笑)

トイレ行ってから並ぼうと思ったらトイレに長蛇の列が…。スタート時刻に全然間に合わなかったので、「もういいや、漏らしたらシャーない(´・ω・)」と諦めてスタート地点に行ったのです。

 

周りには並んでない人が多く「みんな余裕だなぁ」と思ったら、みんな15km部門でした(苦笑)

 

f:id:T347:20180401162836j:image

チンタラしてたら最後尾スタートになってもうた。いつものことです。目標は4時間切ること。

 

今回はOS-1_500mlを1フラスク、ウィダーインゼリー擬きとデカビタCゼリーのミックス品を1フラスク、計2フラスクを用意。

一応MagOnを3つ持っていきました(結構これは開封せず)。

 

f:id:T347:20180401162925j:image

序盤。よく渋滞しました。

 

f:id:T347:20180401162937j:image

また渋滞。

スタートから約9km(国道193号に出るまで)は、上り基調で所々で渋滞が発生します。(そして、その国道に出る手前に怒涛の下り坂となります)

 

そこそこトレーニングをしていれば走れる坂ですが、狭い通りなので速度が落ちると自然渋滞になってしまうようです。

 

私は上りに強いので、ちょっと広めの所で前の選手を抜いていきました。上りで攻めないと…。

 

この日は快晴かつ気温も高く、ちょっと走ると汗だくになりました。リュックを背負ってる背中が滝のように(笑)

 

渋滞でOS-1をチビチビ飲んで脱水対策。水じゃなくてOS-1にして正解でした。

 

f:id:T347:20180401163404j:image

関門。

スタートから約9km地点で唯一の関門。国道193号に出た所です。

 

f:id:T347:20180401163657j:image

ここです。

 

f:id:T347:20180401163409j:image

関門と記念撮影。

関門時間とのマージンはなんと10分。おいそこの若いの、危ないじゃないか( ゚д゚)

 

最後尾スタートで渋滞にハマると結構危ないです。ちなみに私の足はすこぶる元気、呼吸も完全に整っていたので、ここまで全く力を出せていなかったようです。

 

加えて、ここ2日間は全く走ってなかったので、良い具合に疲労が抜けていたのもあります。

 

f:id:T347:20180401171234j:image

10km地点で1回目のエイド。高水山を上る直前です。

ここにあるのは水のみ。暑かったので、皆さん飲みまくりでした。

 

私もガブ飲みしたかったんですが、この後はキツイ上り坂が続くので、腹タプ防止で1杯ちょっと、我慢我慢(´・ω・)

 

f:id:T347:20180401171542j:image

急な上り坂の上には高水山常福院。約12km地点です(確か)。

 

高水山・常福院

 

高水山を上ってる写真はないんです。

結構急な上り坂で、そんな余裕はなかったです。そこも結構詰まっており、他のランナーの邪魔は出来なかったってのもあります。

 

f:id:T347:20180401171634j:image

寺には横断幕。

 

f:id:T347:20180401171650j:image

記念撮影。

おねーさんに撮って貰いました。両手でピースしたら笑ってました(笑)

 

この時点でまだまだ元気。

上り坂はゆっくりペースだったし、小刻みに足を動かして、上りの段差を軽快かつ一瞬の力のみで跳ねるように上り進んだので、結果として足に負担がかからなかったようです。

 

膝に手をついて「よっこいせ(´・ω・`)」と上ると、力を使う時間が長くなり、スゲー足に負担が掛かります。(今回学びました)

 

f:id:T347:20180401213734j:image

そして、この寺でなんか貰いました。名物の獅子舞だそうです(=゚ω゚)ノ

 

f:id:T347:20180401171706j:image

寺にはエイドもあります。

ここでは水とバナナの提供。ミニオンズの大好物であるバナナを頂きました👍

 

【下りまくり】

f:id:T347:20180402184609j:image

常福院からはひたすら下ります(時々舗装路の上り坂も有り)。

寺から次のエイドまでは未舗装7割、舗装3割ってとこかな。
恐怖に打ち勝ち、膝や足が頑丈ならば恐ろしい速度が出せます。

木の根っこや石の間を瞬時に探して、そこに足を持っていき、また瞬時に次の着地点を探す。これの繰り返しでした。

更に一歩を大きくかつ飛ぶように走り、太もも強化も目論みました。おかげで次の日はモーレツな筋肉痛になりました。イタイイタイ(´・ω・)

 

【下った後のご褒美】

f:id:T347:20180401213457j:image

3回目のエイド。白岩自治会館です。

スポーツ麦茶(少し塩っぱい麦茶)と水とオレンジなどがありました。

 

ここにはトイレもあります。スタートからずっと行きたかったトイレにようやく行けたのです(笑)常福院にもあったかもしれませんが…。

 

f:id:T347:20180401213520j:image

エイド後はちょっと上り坂。この先は往路との合流地点になります。

 

f:id:T347:20180402190801j:image

ここです。(マップの使い回し(笑))

 

f:id:T347:20180401213536j:image

国道193号を渡ると、来た道を帰ることになります。あの国道手前の怒涛の下り坂は、怒涛の上り坂となります(苦笑)

 

ここは歩きました。

ここもちょっと前が詰まっていたのと、足がちょっと疲れてきたってのがあります。呼吸は安定してたんですが、先ほどの下り坂を一気に下ったのがマズかったのかも。

 

この坂に入る時点で制限時間まで残り約1時間50分ほど(だったと思う)。

完歩で完走確定ですが、目標の4時間を切るにはもうちょい飛ばさないと危ないところ。

 

f:id:T347:20180401213551j:image

f:id:T347:20180401213637j:image

上り切ってしまえば、後は下り坂基調。平地も出て、所々休める広場もあるので(笑)、幾分楽になります。

 

上りで歩いたこともあり、足の短期的な疲労もすっかり回復。飛ばしました(=゚ω゚)ノ

 

f:id:T347:20180401213601j:image

フィニッシュエリアの2-3km手前。

ここからはもう普通のランと変わらんでした。ペース的には約4.5分/kmです。

 

f:id:T347:20180401213644j:image

最後はモーレツに飛ばせました。

「随分と足が軽いなぁ…」と感じました。かなり足が余っていたのです。

今回ふくらはぎはあんま使ってないから、そこの筋肉はかなり余っていたみたい(ふくらはぎと太もも裏側は全く筋肉痛にならず)。

 

【フィニッシュ】

f:id:T347:20180401152251j:image

記念撮影。

そういえば、偶然にもチームアスロニアに会いました。といっても、知ってる人は某女史だけですが。沖縄100k以来やな。

 

15km部門で3時間ちょっとだったらしい。「それでバラモン、大丈夫なの?」と突っ込んでおきました(=゚ω゚)ノ(笑)

 

【リザルト】

f:id:T347:20180401213701j:image

数えたら1200人くらい出ていたようです。そこそこ(順位は)良かったんですね。

スタートから900人も抜いた感覚が無いんだよなぁ、まぁいいか。

 

【表彰式】

f:id:T347:20180401213725j:image

私がフィニッシュした時、ちょうど表彰式が執り行われておりました。

 

優勝タイムは2時間15分31秒だとさ。

普通にオンロード走るのと変わらないんじゃないかね。早すぎ( ゚д゚)

 

【フィニッシュ後のアレ、あとがき】

f:id:T347:20180401165647j:image

ガーミンによると、今回2900kcal弱の消費カロリーだったとのことで、ラーメン解禁です(=゚ω゚)ノ。別に基準は無いんですけど。一杯(大盛り)のみにしておきました。

身体が大きいと消費カロリーも多くなるんです。たくさん食べられるので、大きく生まれて良かったです(笑)

 

この大会、KFCとしての難易度は5つ星(高難易度)ですが、難しいのは最初の関門まで。渋滞にハマると(たとえ走力があったとしても)関門ギリギリです。

それ以降は上り坂と下り坂でキツくなるものの、制限時間に余裕があるので、難易度はグッと下がります。

 

個人的には良い大会でした。

基本的には走れるトレランだし、滑落しそうな極細のシングルトラックも無いし、程よく坂道もあるし、今回の目的であった「トレーニング」としてはかなり良かったです。また来年出ようかな…。

 

トレランは「OSJ安達太良山」や「キタタン」のイメージがあり、一種の拒否反応があったんですが(過酷なモノばかり選んだ自分が悪いんですが…)、養老渓谷と今回の青梅でかなり軽減されました。

 

そういえばシューズに穴が空いてました。あぁ、余計な出費が(泣)