Chicago Marathon(シカゴマラソン)

※Run:42.195km

※Raceday:2016年10月9日(Sun)

 

f:id:T347:20180418070445j:image

※このエントリーは暫くしたら、然るべき投稿日時に修正する予定です。=>修正しました(2018/5/8)

 

この記事は2016年10月に出場したシカゴマラソン(米国イリノイ州)の話になります。2018年に書き下ろしました。

 

当時のメモと写真を発掘したため、復刻シリーズにしました。

 

【経緯】

シカゴマラソン出場への経緯を簡単に。

 

目的は「ワールドマラソンメジャーズ(WMM)」制覇です。

 

2014年、15年、16年と東京マラソンを完走したんですが、その過程で「ワールドマラソンメジャーズ」の存在を知ったのです。

 

f:id:T347:20180418073639p:image

東京マラソンのHPより

http://www.marathon.tokyo/about/awmm/

 

WMMは6大大会で構成されてます。

東京マラソン

ロンドンマラソン

ベルリンマラソン

ボストンマラソン

・ニューヨークシティーマラソン

シカゴマラソン

 

これを完走すると、WMM団体から「Six Star Finisher」として認定されるのです。

 

http://number.bunshun.jp/articles/-/821895

これによると、日本人の達成者はたった8人(2014年当時)。これを知った瞬間、私の中で「やる価値あり」フラグが立ったわけです。

 

※この「8人」という数字、ちょっと疑問です。ニューヨークシティーマラソンのExpoでWMMのフィニッシャーリストを見たら、日本人の名前がゴロゴロありました。

ということで、2018年現在私の中では「Six Star Finisher」のプライオリティが下がっております。それでも年1くらいでWMM対象レースには出られていますが(クジ運と当選タイミングが良いようです)。

 

ちなみに応募は各大会の公式HPから直接しております(もちろん英語)。旅行代理店のツアーは一切使ってません。単独です。

 

受付時に必要な書類はメールもしくは公式HPからダウンロード出来るし、レースが終わってから数ヶ月後にフィニッシュタイム掲載のオフィシャルブックが届くんですが、それもちゃんと日本の住所に届きました。

 

支払いは当選決定時です。エントリー時にあらかじめクレジットカード情報を入れておいて、当選したら自動振込だったと思います(この辺はうろ覚えです。違ってたら指摘ください。)

 

単独で行くと、ツアーで行く場合よりも総額で約10万円以上安く行けます。ツアーで30万円なら単独では20万円とか。

 

【当選】

f:id:T347:20180418181432p:image

2016年3月22日に応募し、4月21日に当選メールが来ました。開催日の約半年前に決まりました。

 

ここからエアチケットと宿泊施設を取ってます。全然間に合いました👍

 

【出発】

f:id:T347:20180418071242j:image

当選から約半年後の10月7日(金)、移動日です。

 

9時前に成田空港着。

今回はJALです。チェックイン時に+3万円でプレミア厶エコノミーを勧められたけど、思いとどまりました。危ない危ない…。

チェックインを済ませ、ラウンジでタラタラした後、出国。


そうそう、飛行機乗る直前に抜き打ち検査されたました。なんでだろ?怪しかったんだろうねぇ(苦笑)

 

仮眠と機内エンターテイメントを楽しみ、米国へ。そういや、日系の航空会社だったこともあり、機内エンターテイメントには邦画がたくさんありました。ドクターXとか旬なやつがチラホラ。

 

【米国到着、シカゴ中心街へ】

f:id:T347:20180418072148j:image

現地時間の午前9時過ぎにシカゴオヘア国際空港に到着。気温は半袖Tシャツに羽織るもので丁度いいくらいでした。


入国審査は半セルフサービス。

パスポートのスキャン、税関申告、指紋採取、写真撮影は自分。スタンプと軽い問診は人。効率が良いため、並んで待つことは殆どなかったです。


手荷物をピックアップして、無事入国。
電車に乗ってダウンタウンへ。

期間限定の乗り放題のチケットを券売機で購入。3日フリーパス切符は20ドル。乗るたびに買うのと多分トントンか、ちょっとお得かな。

 

【ルート】

f:id:T347:20180420065801p:image

f:id:T347:20180420065711p:image

空港発のブルーラインで「clark/lake」駅まで行き、グリーンラインに乗り換えて、受付会場近くの「Cermak-McCormick Place」駅まで行きます。乗り換えは凄く分かりやすいので、迷うことは無かったです。

 

街中の鉄道アクセスは充実しているので、行き方は色々あります。お好きなルートで。

 

【受付会場】

f:id:T347:20180418182309j:image

駅から歩いて10分程度、受付&Expo会場のMcCormick Placeに到着。

面積的には東京ビッグサイト…いや幕張メッセくらいかな…。

 

f:id:T347:20180418182317j:image

入り口から受付会場まで移動中。

 

f:id:T347:20180418183705j:image

受付会場に到着。

パスポートとレター(1週間くらい前に届いたメールをプリントアウトしたもの)を提出。5番窓口にてゼッケン入りの封筒を無事にゲット。

 

「TシャツとかはExpo会場で貰ってね、

まっすぐ行ったところよ☝️」とのこと。

 

【Expo会場へ】

f:id:T347:20180418183725j:image

受付デスクの対面にあるExpo会場。

実はモーレツに眠かったので、そこの入り口で横になって寝てました🤣「あーねみ、もうダメ😩」と何の躊躇もなく寝ましたがなにか?

時差ボケで眠かったんだから仕方ない。

 

【会場内】

f:id:T347:20180419063031j:image

( ゚д゚)でかい…。規模は東京マラソンくらいかな…。300m x 300mくらいの箱に多種多様な展示ブースがありました。

 

【参加賞のTシャツ】

f:id:T347:20180419065358j:image

ウェアは試着してサイズが合わないと交換してくれました。私も試着したらサイズが大きかったため、交換して貰ってます。

 

【貰ったもの】

f:id:T347:20180420071006j:image

Tシャツが写ってないですねぇ…。レモン色の蛍光色だったと思います。

 

【Expo散策】

f:id:T347:20180419063046j:image

EXPO会場をウロウロ。

 

f:id:T347:20180419065036j:imagef:id:T347:20180419065005j:image

試食とか。サンプル品もたくさん貰えます。

場所によっては箱ごと貰いました。配ってるスタッフが早く仕事を終わらせたいだけやな(笑)

 

f:id:T347:20180419065256j:image

f:id:T347:20180419065325j:image

投げ売りシューズたち。

 

f:id:T347:20180419065757j:image

スポーツ用の時計とか。

当初、これ買おうかと思ってたんですが、結局半年後にリリースされたガーミンのForeAthlete935を買いました。

 

 

f:id:T347:20180419065827j:image

理由はよく分からないけど包丁も( ゚д゚)なんでだろ。

 

f:id:T347:20180419065134j:imagef:id:T347:20180419065138j:image

この辺は公式ウェアたち。

メインスポンサーがナイキだったので、それのシカゴマラソン限定ものがありました。

 

なんもかわなかったなぁ。グローブくらいは買ってもよかったかも。

 

f:id:T347:20180419065531j:image

バスとか。これなんだったかなぁ…。

 

f:id:T347:20180419065212j:image

f:id:T347:20180419065638j:image

ラソンとはあんま関係ない展示やイベントも。上の写真は若者が障害物を走り回り、下の写真はDJ回してたり。

 

【WMM関連のブース】

f:id:T347:20180419063107j:imagef:id:T347:20180419063114j:image

ちっちゃく日本語で(笑)

 

f:id:T347:20180419063125j:image

f:id:T347:20180419063134j:image

Six Star Finisherを達成したらこのメダルが貰えるのかどうかは分かりません🤣

 

【イベントとか】

f:id:T347:20180419063155j:image

f:id:T347:20180419065851j:image

練習方法やコース戦略とかメンタルコンディションとかあるそうな。

 

f:id:T347:20180419063224j:image

大阪マラソンのPRも。

私は当たらな過ぎて、もう応募しなくなっちゃいました(´・ω・`)

 

「これ当たらないんです。」と言っておきました。言ったところでどーしよーもない😅
実際はシカゴマラソンの方が全然当たらないらしいです。「(一発当選の)あなた、相当運が良いですよ」だって。このシカゴマラソンもここ数年で応募者が多くなってきたとのこと。

 

f:id:T347:20180419063248j:imagef:id:T347:20180419063257j:image

ディズニーラン。

米国のディズニーランドでは定期的にマラソン大会が開催されており、そのフィニッシャーメダルたち。マラソン好きカップルとか良いんじゃないでしょうか。

 

f:id:T347:20180419070100j:image

一通りExpo会場を見て、会場入り口で昼寝した後、16時にホテルに到着。

 

Chicago south Loop Hotelってトコで、受付&Expo会場から歩いて15〜20分程度のところ。


ホテル到着しチェックインを済ませ、1そのまま昼寝てしまいました😴

 

【晩メシへ】

f:id:T347:20180420181752j:image

起きたのは19時過ぎ。

シャワー浴びて、メシ食べに行くのと、食料の買い出しのためにちょっと外出。ホテルの近くにはお店がないので、電車でダウンタウンへ。ミレニアムパークに行き、近くのスーパーで食料を買い、近くのSUBWAYで遅めの晩飯。

 

f:id:T347:20180419070236j:image

こっちはバーガーも飲み物も大きくて助かります。

 

f:id:T347:20180419070306j:image

ホテル帰りの途中、鉄道待ちにて。

 

頭が痛いな…睡眠不足かもなぁ。

長い一日でした。実質36時間くらい過ごしてるんだから、そりゃそうか🙄

 

【翌朝】

f:id:T347:20180419070528j:image

10月8日(土)。この日は何もなし、オフです。

 

朝起きてからランニング。
宿泊先からミシガン湖岸に行き、そこから南はラン。この湖岸はランニングコースとなっており、自転車で走ることも可能。


シカゴマラソン出場する人もいたと思います。みんなランニングホリックだね…。


ここシカゴの朝は冷えましたが、長袖コンプレッションウェアで走っていると暑くなるくらい。明日はひょっとすると半袖の方がいいかもしれないな。

 

f:id:T347:20180419070607j:image

小動物とか。

 

f:id:T347:20180419070622j:image

ランニングで南に下った後にシカゴ大学へ。
ノーベル賞受賞者を多く排出している有名大学。校舎は道を隔ててたくさんありました。建物もおしゃれであり、いるだけで楽しくなります。ここで学んでみたいものだ(笑)

 

f:id:T347:20180419070742j:image

f:id:T347:20180419070806j:image

校舎内にはギフトショップもあり、オリジナルグッズ、Tシャツ、バッグなどたくさん。お土産買うのに良さげで、自分もここでお土産を買いました。クレカを携帯しといて良かったぜ👍

 

f:id:T347:20180419070845j:image

ここでも小動物とか。

 

このまま昼食。

47th駅付近のSUBWAYで。またSUBWAYかい(笑)


47th駅付近はちょっと怖い所なので、行かない方が良いです。ちなみにレジの支払いは回転扉でした。

 

帰りは鉄道で。一回ホテルに帰宅。

 

f:id:T347:20180419191522j:image

ホテルでちょっと休んでから、14時くらいにシカゴの市街地に向かいました。目的はアップルストア


電車の中でウトウトしてたら降りる駅から5駅ほど先に行ってしまいました。まだ時差の影響があるみたい…。

 

アップルストアはChicago駅が最寄り駅です。そこで下車。

 

f:id:T347:20180422215901j:image

無事にSIMフリーiPhone SEをゲット。2018年4月現在も活躍しております。「シャッター音が出ないことで、こんなにもストレスが軽減されるのか…」と。

 

iPhone購入後、シカゴ市街を散歩。

 

f:id:T347:20180419191535j:image

路上パフォーマンスとか。

 

f:id:T347:20180419191547j:image

路上演奏とか。

 

f:id:T347:20180419191609j:image

アンダーアーマー路面店だったかな。

 

f:id:T347:20180419191626j:image

歩いてる途中、ラーメン屋を見つけて「フィニッシュ後は必ず行こう」と誓う。米国に来てもラーメンかい(笑)

 

電車に乗って帰る途中駅で降りて、スーパーマーケットに行ってごはんを買ってホテルに到着。


軽く翌日の準備して、22時過ぎくらいに就寝。時差ボケで眠かったこともあり、すぐに眠れました。

 

【翌朝】

f:id:T347:20180419070940j:image

10月9日(日)。レース当日。

 

5時起床し、朝食。

実は前日まで風邪気味っぽかったんですが、だいぶ良くなりました。時々起こる腹痛が気になるところ。多分牛乳があたったんだなぁ…。


朝は冷えるので、ハーフパンツ、長袖コンプレッションウェア、パーカーを着ました。会場へ行くまでに暖かくなったら半袖に着替えることにしました。


6時過ぎにホテルを出発。

冷えるが寒いってほどではなかった。天気は良好。
スタート地点のグラントパークへは電車で向かう。最寄り駅から約8分ほど。

 

f:id:T347:20180419070954j:image

スタート/フィニッシュ地点のグラントパーク付近はコミコミ。スタバも満席。そりゃ4万人も出るんだもんな…。

 

f:id:T347:20180419071031j:image

f:id:T347:20180419071357j:image

セキュリティチェック。

ゲート1から入りました(自分が入場する場所は決まったと思う…)。チェック体制は東京マラソンと同程度かな。

 

大渋滞だったので、チェック前に着替えることに。長袖コンプレッションウェアを脱ぎ、Tシャツにし、その上からコスチュームを着る。寒くなく、丁度良い。

 

【手荷物預け】

f:id:T347:20180419071441j:image

f:id:T347:20180419071602j:image

f:id:T347:20180419071455j:image

チェック通過後に手荷物預け。

 

f:id:T347:20180419071533j:image

手荷物預けの会場で配られていた補給食など。ここでグミも2袋貰いました。「レース中に食べよっと🙄」と思ってたら、スタート前に食べてしまいました…。

 

f:id:T347:20180423072106j:image

マリオでございます(=゚ω゚)ノ。

シカゴマラソンにはコスプレランナーが殆どいない。ざっと見て5人もいなかったです。

 

スタート前、周りのランナーからの反応は薄い。薄過ぎてちょっと焦りましたが、大丈夫です。この後あとです。スタート前はナーバスなんでしょう、多分。

 

【コースマップ】

f:id:T347:20180419071641j:image

シカゴ市街地周辺を一周。

ほぼフラットですが、所々で風が強かったです。

 

【スタート直前】

f:id:T347:20180419071742j:image

スタート前に写真を撮って貰いました。

 

2015年の東京マラソンルイージで走ったので、次はマリオ。ワールドマラソンメジャーズはコスプレで走ることにしているのです。

 

【スタート】

f:id:T347:20180421080238j:image

Dカテゴリーのエリアに整列。背伸びすればスタート地点が見えるくらい。Dカテゴリーとはいえ、割りと前の方。
 
約9分遅れでスタートゲートを通過。
ちなみに海外の大会ではネットタイムが公式記録になります。世界的に見るとネットタイムが主流のようです。
 
スタート直後は市街地。
応援がたくさんいる。コスプレの反応は…大喝采(笑)
「マリオー!」の声が止むことがない。しかもみんな笑顔。東京よりも反応が良すぎでした。コスプレランナー自体が珍しいということもあるのだろうか。
 
今回は自己記録更新も狙って挑んでいるので、結構ペースは速めのラン。ランナーから「あいつ、コスプレなんかしてふざけているんじゃなかろうか?」と思わることもなかったはず。何故なら速いから。
 
ランナーも声を掛けてくれました。
「どっから来たんだ?」とか「お前すげーな」とか。色々。IRONMANトライアスリートもチラホラ見かけたので、「俺もIRONMANだ」と話しかけてました、マリオ姿で(笑)
 
コースはワンウェイのアップダウン無しだったため、非常に走りやすい。
10kmくらいで汗が気になってきました。滴るくらいで想像以上に汗をかいており、水分不足はもちろんミネラル不足になる可能性も。
 
エイドは約2km毎にあり、そこにあるゲータレード2杯、水2杯は必ず摂取しました。そして時々くる向かい風が寒かったんですが、そこは我慢して耐え忍ぶ。
食べ物があるエイド少ないので、補給食が必要ならば自分で用意した方が良いかもしれません。
 
とにかく周りの声援が熱かったです。それに応えていきました。
センターで両手挙げて応えると、まぁ盛り上がる…。大会アナウンスも応援してくれる…。シカゴマラソンがまるで自分のために開催してくれてるみたいで、正直ここまで盛り上がるなんて想像もしてなかったです。

 

f:id:T347:20180419070910j:image

レース中の写真が一切なくてねぇ。フィニッシュ直後の写真です。雰囲気だけでも😅

 

21km終了時点で1時間44分。
フルマラソンの途中経過としては新記録で、ぎりぎりサブ3.5ペース。この時点で「ちょっと厳しいなぁ…」というのが素直な感想でしたが、後半の失速を力技で防げるか…。
 
ここでトイレタイム。衣装が脱げない笑。ここで2分ロスる。バッグジップのツナギは脱ぐのも大変。事を済ませて後半戦スタート。
 
時々「3;30」や「3:40」のペースランナーを見かけるも、そのペースランナーが同時に同じ所で走ってたりして、何を信じて良いのか分からず・・・。
ちなみにペースランナーとは良い勝負でした。抜いたり抜かれたり。だがこちらは声援にも応えないといけない…なかなか大変。30kmまでは特に異変なく走れており、ここからが勝負。
 
が、やはり脚が重くなってきました。ここから力技の時間。
ちなみに衣装による負担は殆ど無いように思えましたが、向かい風でダボダボの衣装の抵抗を感じることも。ただ、走力あれば大した負担じゃないかな…。
 
35km地点でサブ3.5達成にはなかなか苦しいタイムに。
だが、自分の今のペースがわからないため(この時はストップウォッチくらいしか機能の無い安い時計を使ってました。それしか出来ないことが良いところかもしれない)、「まだいける!」と判断し、可能な限り飛ばしました。
 
40km地点。この時点でサブ3.5達成できないことを悟り、大幅に失速。
集中力が切れるとホントに力が抜けます。メンタルが身体に与える影響の大きさを実感中…。
ここから再度加速するのは無理なので、残りは声援に全力で応えました。フィニッシュ直前では応援もより一層多くなり、とにかく応えまくりました。

 

【フィニッシュ】

f:id:T347:20180419070337j:image

フィニッシュ。

フィニッシュ後、周辺にいたランナーから記念撮影を求められ、ボランティアから水や完走メダルなどを貰い、しばし休憩。
脚に疲れがかなりありました。連戦の疲れか。いつもフルマラソンを走った後には、そんなに脚の疲労感は感じないのだが…。
 
預けた物を受取り、着替えて、本日のマリオは終了。

 

この履いてるシューズ、2018年4月現在も使ってます。ソールはヘタり、布も破れており、練習用として使ってます。

 

f:id:T347:20180422221732j:image

3:35:59。サブ3.5に6分及ばず。半年前の愛媛マラソンを超えられず、悔しすぎました。最近進化してないぞ。

 

【フィニッシャーメダル】

f:id:T347:20180418182350j:image

東京マラソンより2回りくらい大きい。

 

【フィニッシュ後の会場】

f:id:T347:20180419071907j:image

フィニッシュ後の会場。選手との待ち合わせ場所を兼ねてます。ステージがあったり食べ物が売ってたりします。

 

ちなみに先ほどあったリザルトのレシートはここで貰いに行けば貰えます。

 

f:id:T347:20180419071920j:image

食べ物とか。

 

f:id:T347:20180419072032j:imagef:id:T347:20180419072043j:image

ステージとか。

 

f:id:T347:20180422215937j:image

会場で無料のビールも飲めたんですが、それよりもラーメンが食べたかったので、会場を後に。

そこから歩いていける日本料理屋へ行き、ラーメンを食べました。味は無難だが、これで1400円くらいのだもんなぁ…少ないよねぇ。 

 

「中心街からちょっと離れたチャイナタウンに行きゃあ美味しラーメン食べられるんじゃないか…」と思いましたが、一刻も早く食べたかったからしかたない。

 

f:id:T347:20180422215958j:image

ということで、チャイナタウンに来ました(笑)

 

f:id:T347:20180422220010j:image

f:id:T347:20180422220107j:image

f:id:T347:20180422220032j:image

ひたすら麺を・・・麺を食べてました。超美味かったです。

 

【レース翌日】

翌日の10日月曜日は朝4時起床。
7時間くらいで目が覚めてしまった。FBのコメントを返したり、朝食を食べたり、グダグダ過ごし、8時過ぎにホテルをチェックアウトして空港へ。
 
鉄道の3日分フリーパスはもう期限切れだったはずなんですが、改札に通したら何故か通ってしまいました。時間でピッタリ3日分(72時間)なのかな・・・。初日は午前10時くらいに乗ったし。なので、1.5時間くらいはあったのかもしれない。
 
電車に乗ってシカゴオヘア国際空港へ。10時前について空港にてチェックイン。なんのトラブルもなく、搭乗時間までタコス食べて過ごし、無事搭乗。日本へ帰国となりました。
 

【あとがき】

f:id:T347:20180419070143j:image

この記事は2016年10月に出場したChicago Marathonシカゴマラソン)を2018年4月に書き下ろしたものです。

当時残したメモをベースに転載しているので所々雑ですが、毎度の事ですが大目にみてください(苦笑)

 

そういえば、このシカゴマラソンの翌週に四万十川ウルトラマラソンを走ったんですよねぇ。バカですね( ゚д゚)

 

2014年に東京マラソン(一発当選。そしてトライアスロンを含め、ここから全てが始まる)。

2016年にシカゴマラソン(一発当選)。

2017年にニューヨークシティーマラソン(一発当選)を完走。

2018年はベルリンマラソン(3回目にしてようやく当選)の予定です。

何気に「Six Star Finisher」達成もあと少しだったりします。とはいえ、ロンドンなんて当たる気がしません(苦笑)

 

冒頭にも書きましたが、「Six Star Finisher」達成は急いでないので、気長にやっていきます。当選しないならツアー枠でも良いし。2025年までには終わらせたい所存です。