千葉南房総アクアスロン

※Swim:1.5km, Run:10km

※Raceday:2018年6月10日(日)

 

f:id:T347:20180610092147j:plain

日本国際オープンウォータースイミング協会主催のアクアスロン大会です。

 

デンマークで開催されるITU世界選手権も一ヶ月を切り、そろそろ心の準備が必要な今日この頃。アクアスロンもシレッと日本代表としてエントリーされているんですが、私はアクアスロンってのをやったことがないのです(笑)

 

「スイム後にランってのを、経験として一回くらいやっておこう。」

 

ということで、Challenge Veniceとバラモンキングの間に捻じ込みました。ロングの間にアクアスロンを。

 

【到着】

f:id:T347:20180610091942j:plain

会場の原岡海水浴場に到着。

自動車でここまで来ました。朝のアクアラインはガラガラなので、ナビの定刻通りに。

 

そうそう、エントリーはスポーツエントリーから行いました。10,000円也。JTUカードとかなく、誰でもエントリーできます。

お値段が結構高い気がしますが、こんなもんじゃないかと思います。ショートトライアスロンも20,000円になっちゃったし。

 

【受付】

f:id:T347:20180610092733j:plain

ピンクはショートカテ(Swim:500m, Run:5km)、黄色が私の出るロングカテのゼッケン。

 

f:id:T347:20180610095801j:plain

こんな感じ。参加賞は手提げ。

 

キャップには「aquathlon」って入ってるんですね。これ、家に帰ってから気がつきました。

 

【ビーチクリーン】

f:id:T347:20180610093328j:plain

JIOWSAだからなのか、オープンウォータースイミングではお馴染みなのか、開会式前に会場ビーチを清掃する「ビーチクリーン」ってのをやります。やった後には記念撮影、的な。

 

私、会場に到着するのが遅くて全く参加できませんでした。ごめんなさい。

 

【開会式】

f:id:T347:20180610093645j:plain

ビーチクリーンが終わり、開会式へ。コース説明や諸注意など。

 

この大会、情報が少なすぎてコースや周回数など全然分からなかったりします。常連さんは分かるんでしょうが、私みたいなビギナーさんはちゃんと聞いておく必要がありました。

 

【スイムスタート】

f:id:T347:20180610101106j:plain

ショートカテの写真ですが、雰囲気だけでも。

 

スイムがスタート。

ヴェネツィアで大失速した悪いイメージがあったんですが、今日は特に失速感もなく、順調にスイム。ただ、肩が張っている感じはあり、それを力任せで封じ込めようとして、腕で泳いでしまう。

 

バトルは殆どなし。

参加者数がトライアスロンに比べれば少ないってこともあると思いますが、上手い具合にバラけたんですよねぇ。スタート時に速い人は自己申告で前の方に行ったってのもあるかもしれません。

 

f:id:T347:20180610101900j:plain

スイムは750m/lapを2laps。

1周目が終わり2周目。陸に上がることなく、ぶっ通しで。

 

「やっぱり肩に違和感があるよなぁ。フォームも明らかに乱れてるし。こないだプールで泳いだ時は絶好調でしかもタイムもマジかーってくらい良かったのに。あれ、ひょっとして筋力が付いた??」

ウェットスーツは去年の秋にオーダーメイドで作り、それから結構レースに出たから、身体ツキが変わったのかもしれん…。

 

いやいや、単に疲れが溜まって、身体がむくんでるだけかも…。

 

色々考え事をしていたらスイムが終わってしまい、タイムは27分44秒。

実際は27分ちょい前には陸に上がってました。特別早くはないんですが、そんなに悪い訳でもなかったです。これで総合順位的には(目視確認で)真ん中かちょっと上くらい。

 

トランジション

f:id:T347:20180610103708j:plain

トランジションの荷物は、「テントの下に好き勝手置いておく」スタイルでした。カゴにシューズやソックス、ゼッケンナンバーを入れておくのです。

テント下ってのは雨対応だったみたい。

 

ウェットスーツとキャップ、ゴーグルを脱ぎ捨て、砂だらけのまま靴下とシューズを履いてランパートへ。タオル忘れちゃったんですが、あってもなくても変わらなかった気がする。

 

失敗したなーと思ったのは、ランシューズを忘れたこと。

普段履きしているランシューズで出たんですが、履き潰してペタンペタンかつソールは削れてしまっているシューズだったんですねぇ。走りにくかったです。

 

補給食は特に用意なし。一個くらい準備しといても良かったかも。

 

 

【ランパート】

f:id:T347:20180610102545j:plain

小雨がぱらつく中、ランスタート。

 

序盤は様子見。

なんせ、先週ヴェネツィアでやってしまった右膝の具合が未知数。歩いて痛くなくても、走ってどうなるか。

※本レースの一週間前にChallenge Veniceのバイクパートで落車して右膝を捻りました。

 

数百m走った後、時計に目を向けると「4分20秒/km」。

「なんだ、全然いけるじゃねーか( ゚д゚)!」とちょっとずつスピードアップ。そして心拍の方に限界が到達。これもここ最近5〜10%高めだったりします。疲れ?というか睡眠不足な気がします。

 

f:id:T347:20180610103035j:plain

ランは2.5km/lapを4laps。

コースは終始フラットでスピードコースでした。

 

「とりあえず順位を狙おう!」

お、ここでエンジンが掛かりました(・∀・)。トランジションエリア近くにあるエイドステーションの水を飲み、スピード…アップもできないから現状維持(苦笑)

 

とはいえ、淡々と前の選手を抜いていくも、誰が先行者なのか分からなくなってしまいました。周回コースは選手が混ざるのです。とはいえ、「前にいたら抜く!」で間違いなし。イケるか、入賞。

 

【フィニッシュエリア】

f:id:T347:20180610123442j:plain

1人抜き、2人抜き、、、何人抜いたか分かりませんでしたが、前方に選手が確認出来なくなる状態となり、「よし、抜ききったぜ!」とフィニッシュへ。

 

【フィニッシュ】

f:id:T347:20180610124415j:plain

無事にフィニッシュ。

順位は分からないけど、とりあえず膝の調子が良くなったことが一番でした。これで来週のバラモンキングは問題ないな。ただ、この慢性的な疲労感をどうにかしないと。

寝るしかない😴😴😴

 

フィニッシュエリアにリザルトの確認へ。

 

【リザルト】

f:id:T347:20180610125226j:plain

年代別で4位!?ぐはぁ(吐血)。

これ、3位までが入賞対象だったんです。マジすか…。

 

総合で12位ってのもなかなかだったりします。順位的には悪くはなかったんだなぁ…。種目別の順位はどんなもんだったんだろ。

 

【表彰式とあとがき】

f:id:T347:20180610134224j:plain

フィニッシュ後に雨が強くなり、表彰式の時にはまとまった雨となりました。間一髪ってところだったです。

 

初のアクアスロンは総合12位、年代別4位と惜しい結果となりました。男性参加者は100人くらいだったので、そう考えると「結構検討したなー」と思います。とはいえ、やっぱり悔しいなぁ。入賞メダルを貰って帰りたかったがです。

 

冒頭に書いた通り、次のアクアスロンITU世界アクアスロン選手権で日本代表としてです。

トライアスロンの得意競技順が「バイク>>ラン>>>>>スイム」の私がアクアスロン日本代表で出るのも不思議な感じですが、結果を残したいところ。

 

よし、年代別で表彰台を狙おう(笑)