[2019 Asiago ITU Winter Triathlon World Championships]4日目_レース(レース当日)

前回からの続きです。

【コースマップ】

まずはラン。
 
1.8km/周を2lapsで約3.6km。
スノー率100%のランで、コースは急遽短縮されました。カットされたコース部分は非常に滑って危険ということが理由です。
 

f:id:T347:20190223090154p:plain

ランコースの高低差マップ。
周後半に急なアップダウンがあったんですが、この高低差マップでは、それを表現しきれていなかったみたい。縮尺スケールの問題かな…。
 

次はMTB
 
2laps+go&backで約8km。
こちらもスノー率100%のMTBトランジションを出てすぐの所および奥の折返し地点手前に上り坂があり、それが難所。それ以外はフラットもしくは緩い下り坂で、普通のオフロードとなんら変わらず、スピード勝負でした。

f:id:T347:20190223090300p:plain 
こちらがMTBコースの高低差マップ。

 
約3.5km/周を2lapsで約7km。
当初の予定では反時計回りのコースでしたが、時計回りとなりました。(エリート部門も同様でした)
 

f:id:T347:20190223090438p:plain

クロスカントリースキーコースの高低差マップ。
フラットな部分は少なく、アップダウンが支配的なコース。
 
【スタート】

定刻から約30分遅れ、約12時くらいに男子エイジ部門がスタート。
 

その3分後に女子エイジ部門がスタート。
 

更にその3分後にパラ部門がスタート。
 
【ラン】

ニワトリさん、身体が重そう(・ω・)
 
これが世界選手権だってことをすっかり忘れてました。
スタート直後に前方選手について行ったんですが、あっさりおいていかれて、そして高地であるがゆえ(+病み上がり中)、血液に満足な酸素も入っていかないようでした。上半身の筋肉がメチャ張って「こりゃあ走れない(汗)」と、マイペースにシフトチェンジ。
 

カッパ…じゃなかった、三浦さんは足の裏を怪我していたため、満足に走れなかった様子。
 

カッパとニワトリの2ショット。
私よりも怪我をしている三浦さんの方が速かったです。
 

ウィンタートライアスロン日本チャンプのおばたちゃん。
すれ違ッた時、「もうあんなトコにいる!?ちょーはぇー(゜д゜)」と思ってました。なお、おばたちゃんは普通のロード用ランシューズ。オフロード用も持ってきていましたが、履き比べて「変わらない(笑)」ということで、軽いロード用をチョイス。
 

ジミーもランは辛そうでした。
 

細田さんも辛そう。
やはりチームJAPANは高地慣れしていなかったっぽい。
 

そんな中、おばたちゃんがなんと年代別でランをトップで終えました。
すげぇ…、日本のチャンプが世界の猛者相手と互角以上に戦ってます(゜д゜)
 
MTB

カッパ…じゃなくて、自転車競技マスターズ世界チャンプの三浦さんは卸たてのMTBで激走。
 

トライアスロンショップのオーナー、かつてはトライアスロンのエリート部門にも出場した岩渕さんも激走。
 

「日本横断『川の道』520kmフットレース」を完走したジミーも激走。
 

某旅行代理店の高額見積もりで、一時は本大会の出場を諦めてた山さんは一歩ずつ前へ。(結局安価な三浦ツアーで事無きを得ました)
 

「ホントは応援やサポートとして来れれば満足だったんです」と思っていたら、岩渕さんに「行くなら出なさい!」と言われて、本大会に出る事になった細田さんも一歩ずつ前へ。
 

f:id:T347:20190223090830j:plain

前々日の試走で味わった折返し手前の上り坂では、ザクザク感が全く無くなっており、雪面が締まっていました。なので、空気圧は高め(2-2.5bar)でも、全然走れたかもでした。
当日は試走出来なかったため、このあたりの判断は難しかったです。
 

ラン、MTBはそこそこなんとかなっても、まともに滑れないニワトリさん。
 
雪面がちょっと凍っており、「なに、このカリカリする雪面は。滑れねぇじゃねーか」と、スケーティングは早々に諦めてクラシカルにしました。ただ、登り坂ではクラシカルでザクザク登った方が早かったですし、下り坂では程よく減速してくれたので、「結果的にこっち(クラシカルの板)の方で良かったな。」と思いました。
 

三浦師匠。
イタリアに来てから全然寝てなかったからか、調子はあまり良さそうでは無かった様子でした。
 

ジミー。
クロカンはほぼ毎日の様に練習しているらしく、世界選手権に向けてトレーニングを積んできました。
 

おばたちゃん。
「ゴムを引いて(ポールの)練習してたよー」と言っていました。そして一歩の滑走距離がとてつもなく長い。来年はもうエリート部門で出ちゃいなよ(笑)
 

本大会に向けて禁酒してきた岩渕さん。
右のポールが上がっている姿がカッコイイ。これはそのうちやってみたい(笑)
 

寡黙を貫いてきた小山田さん。
やっぱりみんな滑れるんですよねぇ…。
 

実はボストンマラソンのQualifier(つまりマラソンが早い)である山さん。
ウィンター歴は私とほぼ同じですが、クロカンを習いに行ったり、レースに参加したりと、熱心さは私よりも遥かにあります。
 
【フィニッシュ】

ニワトリさんが帰って参りました。
 

あとちょっと(・∀・)!

ちょー喜んでる(・∀・)!!
なんとかフィニッシュ。お疲れ様でした。

こちらは細田さん。見事フィニッシュしました。
 

私のすぐ後にフィニッシュした山さん、すでにフィニッシュしていたおばたちゃん、三浦さんで。

みんな良い笑顔です。

ちょいワル風な山さんも、サングラスの下ではきっと良い笑顔です。
 

Ceciliaのリクエストにお応えして、ポーズを取ってみました(笑)

細田さん、小山田さん、岩渕さんも無事にフィニッシュ。

ともぷーも各場所へ移動しつつ、応援と撮影にお疲れ様&ありがとうございました。
 

フィニッシュ後、トランジションエリアの荷物を撤収しに行こうと思った所、表彰台近辺で声を掛けられて記念撮影。

「インタビューしたいんだが、いいかね?」→「え、俺 (((゜д゜;)))!!!?」
ということで、全選手を代表して不肖・ニワトリさんがトークさせて頂くことになりました(笑)インタビュアーはCeciliaの旦那さんのPaul。
 

世界選手権の舞台で喋ってる喋ってるぅ(・∀・)!!!!
 
顔が引き攣ってます。そりゃ緊張するわ。
「日本語で良いよ」と言ってくれたので、途中から日本語で喋っちゃった(苦笑)
 

インタビュー後は記念撮影。
Ceciliaよ、本当にありがとう。欧州選手権もしくはマルチスポーツでまた会おう(・∀・)

この後は撤収、そして表彰式。写真が多くなってきたので、それらは次のエントリーで。

[2019 Asiago ITU Winter Triathlon World Championships]4日目_レース前(レース当日)

前回からの続きです。
2019年2月10日(日)。5時30分に起床。
 
【朝食】

f:id:T347:20190210062006j:image

この日も6時30分に朝食を取りました。
後日判明したんですが、朝食の時間はホテルのご厚意で早くして頂いていました。通常は8時からみたい。
そういえば、我々が朝食を取っている時に他のお客さんがいなかったもんな…。
 
スタッフの方々、ありがとうございました(・∀・)
 

f:id:T347:20190210063906j:image

これが人生最後の朝食に…というのは冗談です。
エイジのレーススタート時刻は11時30分でしたので、しっかり食べても大丈夫でした。このあと、MTBに乗るので、お酒は自粛です。
 

f:id:T347:20190210070057j:image

出発の準備。ユニフォームはホテルから着て行きました。
 

f:id:T347:20190210072608j:image

シャトルバスが来る前に、ガレージに置いてあったMTBと板等をホテルの玄関前にもってきました。
 

f:id:T347:20190210073934j:image

7時47分。
シャトルバスが到着しました。おっちゃん登場。
 

f:id:T347:20190210074410j:image

おっちゃんがテトリスのごとく、MTBを積んでくれました。消えることはありませんが(・ω・)
 
【出発】

f:id:T347:20190210074748j:image

荷物を積み終えて、レース会場へ出発(・∀・)!
 

f:id:T347:20190210081008j:image

8時過ぎにレース会場「Centro Fondo Campolongo」に到着。
 

f:id:T347:20190210080916j:image

三浦さん、山さん、私でMTBシャトルバスから下ろして、前輪を付けて、問題無いことを確認。
 

f:id:T347:20190210081023j:image

会場に着いた時、選手はまだ少なそうでした。 
 

f:id:T347:20190210081152j:image

別のシャトルバスに乗っていたジミー夫妻とおばたちゃんがまだ到着してなかったので、彼らのMTBを見張りつつしばし待ち。

ちなみに板等はそちらに載っていました。
 

f:id:T347:20190210092556j:image

自動車のドアに本大会のロゴマークが貼ってあったり。
10分くらい待ったところで、ジミー夫妻とおばたちゃんも無事に到着しました。
(板とポールも持ってきてくれました。Thanks!👍) 

f:id:T347:20190220205442j:image

ニワトリさん参上。

今回はこれを被ってレースへ出ることにしました。セレモニーやレース前だけ被ろうと思っていたら、「もう被って出ちゃいなよー」と三浦さんの一言で決行することに。
そんな三浦さんはかっぱさん。さっきチラッと緑色の被り物した三浦さんが写っていましたが、そういうことでした。

まずは応援団長・ともぷーと記念撮影。

f:id:T347:20190210214919j:plain

これ、本大会のFBサイトのストーリーズにアップされていたもの。
このように瞬く間に世界中へ拡散されていったのです。
 

f:id:T347:20190220205418j:image

じー(・ω・)
昨日いたワンちゃんがまた来ていました。見事にそっぽ向かれてしまいました(泣)
 
【エリート部門のミックスリレー】

f:id:T347:20190210092658j:image

エイジのレース前にエリート選手によるミックスリレーが行われました。
 

f:id:T347:20190220205422j:image

9時過ぎくらいにミックスリレーがスタート!
1チーム2人(男女1人ずつ)。「Aさん(ラン、MTB、クロカン)→Bさん(ラン、MTB、クロカン)→Aさん(ラン、MTB、クロカン)→Bさん(ラン、MTB、クロカン)→フィニッシュ」となり、エイジでやるようなリレー(3種をそれぞれ担当)とはちょっと違います。

Iazilia選手も出てました。あ、例の一目惚れした選手です。ふっふっふ(・∀・)
 

f:id:T347:20190210095030j:image

MTBの様子。
ミックスリレーはバイク1周でした。展開が早くて観戦側としても見やすかったです。

f:id:T347:20190210100245j:plain

すみません。相変わらず追いかけてました…。完全に惚れてしまったようです。


f:id:T347:20190210194921j:image

次の選手へのバトンタッチの様子。
こうやって手でタッチすることで次の選手に繋いでいました。タイミングチップの受け渡しじゃないのね(・ω・)
 

f:id:T347:20190210102921j:image

10時15分。
エイジグループのトランジションがオープンとなりました。
 

f:id:T347:20190210102910j:image

選手たちが一気に殺到。
ユニフォームチェック(ビブ)、板やポール、それにMTBやヘルメットのナンバーチェックなどなど。
 
みんな上着を着ていきたため、ユニフォームチェックに時間がかかっているようでした。
 

f:id:T347:20190210104109j:image

各種チェックが終わり、トランジションへ。

f:id:T347:20190210104746j:image

エイジグループがトランジションで準備をしている中、エリート部門のミックスリレーも行われていました。だいぶ時間が押していたようです。
 

f:id:T347:20190210104429j:image

さてさて、私も準備開始。
MTB、板などをセッティング。板とポール、スキーブーツがあるってのが、他のトライアスロンとは違うところ。ちなみにエイジグループも箱ありでした。この中にスキーブーツや、使い終わったシューズなどを入れておくのです。

f:id:T347:20190210104818j:plain

チキンは無事に準備完了。

そういえば、準備していたら、やたらテンションが高い女性TOに片言の日本語で応援してくれました。「ニホン!ガンバレー!!」って。嬉しかったです。

 

f:id:T347:20190210185423j:image

こちらは三浦さん。

f:id:T347:20190220213331j:plain

こちらはジミーさん。

f:id:T347:20190210104440j:image

実は海外レースは始めてのおばたちゃんも準備中。


f:id:T347:20190210110634j:plain

荷物は会場にあった(Expo隣の)テントの中に置いておき、貴重品はともぷーに託しました。

f:id:T347:20190222063758j:image
リラックスしている(?)、私とジミー。

f:id:T347:20190220210856j:plain

スタート直前。
チームJAPANのユニフォーム、かっぱ、そしてチキンのおかげで、この日も絶え間なく即席撮影会が行われました。

f:id:T347:20190221081010j:image
トランジションでの整列後、スタートラインへ。
 
さてさて、ウィンタートライアスロンの世界選手権がスタートです。レースの様子は次のエントリーで。