[旧共産圏_クロストライアスロンの旅]1日目_その1(移動日)

「旧共産圏_クロストライアスロンの旅」は、今年の8月に東欧で開催されてましたXTERRAの連戦シリーズとなります。

 

初戦はポーランド・クラクラでXTERRA Poland 。

第二戦はドイツ・ツィッタウでXTERRA European Championship in Germany。
 
日本からポーランドまでは空路(飛行機)。
ポーランドからドイツは陸路(バス、鉄道)。
ドイツからチェコも陸路(鉄道)。
チェコから日本は空路(飛行機)。
 
10日分の記事となります。書いたら随時Upしていきますので、お付き合いください。
 
※クロストライアスロン:オフロード版トライアスロン
 
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx 
 
2018年8月10日(金)、11日(土)。 
 
今年のお盆連戦シリーズは「旧共産圏クロストライアスロンの旅」と銘打って、XTERRA PolandおよびEuropean Championshipに出場することにしました。決めたのは去年の秋くらい。これくらい早くないと、安いエアチケットが買えないのです。
 
ボリューミーなラインナップでMTB共々、無事に帰国出来るか心配です、あたし( ゚д゚)
 
MTBパッキング】

in バイクポーターpro(バイクケース)。
 
バイクを最もコンパクトにまとめるならバイクポーターproになります。フロントフォークも外す必要があるので、それなりのスキル(バイクをバラせる、組み立てられる)が必要となります。
 
ポーランド・ドイツ・チェコ(観光)間は陸路動(バスもしくは鉄道)。箱は可能な限り小さくしたかったのです。実際、現地での移動の時、「これが最低限必須だな」と思いました。
QBICLE(キュービクル) eco-trolley

QBICLE(キュービクル) eco-trolley

 

 

MTB用のケースの王道はevocです。価格は高いし、ケースもちょっと重いですが、メチャ便利です。

 

【出発】

出発は羽田空港から。
一度、勤め先から自宅に帰り、汗を流してスッキリしてから出発。
 

お盆休みということもあり、空港には人が多かったです。
 
【チェックイン】

今回はエミレーツ航空を利用しました。初めてでしたねぇ。
 
0時30分発のドバイ行き。
そこからドバイ経由でワルシャワショパン空港まで行きました。
 
まずは預ける手荷物であるバイクの重量(結果25kg)と寸法(結果203cm)をチェック。その後、機内持ち込みのリュックの重量(7kg弱)をチェック。
特にツッコミもなく追加料金は無しでした。
 
預け手荷物は30kgまで無料。機内持ち込みは7kgまで。寸法も規定があった気がしますが、バイクポーターproはなんのツッコミも無かったですし、ZOOTのトランジションバッグも同様でした。
 

ナショナルウェアを着ていたからなのか、スタッフの方々は明らかに興味深々なご様子でした。
 
「大会ですか?」と質問されたり、色々と丁寧に対応してくれたり。バイクを大型荷物の窓口に運ぶ時なんて、4人くらいで対応してくれましたもん。
 
「世界選手権は先月あって、今回は個人で行くんです。」と言っておきました。世界選手権も個人手配でしたけど(笑)
 
ちなみにバイクの検査は何事もなく終了。
サスペンションのツッコミが入るかと思ったら、それもスルー。成田空港では証明書を出さないといけないのに…。空港によって対応が異なるようです。
 

普段の遠征では特に買わないんですが、今回は買ってみました。
ポーランドではゆっくり出来る時間もあるし、チェコにも行くので、買っておいていいかなーと思ったのです。
 
「相変わらず、よくまとまってんなー」と思いました。

 

【出発】

海外保険に入り、日本円を下ろして(現地ATMで現地通過を下ろせなかった時の保険)、いざ出発。
 
【ドバイ到着】

午前6時ちょっとに経由地・ドバイ国際空港到着。
 
飛行中はひたすら寝てました。
目を覆うマスクを初めて使ってみたんですが、睡眠効果は抜群で、熟睡とはいかなかったものの、夢を見られるくらい寝られました。
 
飛行機を降りて、バスで乗り継ぎターミナルロビーへ移動。
ドバイからの行き先によって乗るバスが違いました。間違えたら悲惨なことになりそう…。    
 

なぜなら、この空港はメチャクチャ広いからです。広すぎるくらい広いのです。
 
そして、ここドバイにはA380が大量にいました。あの2階建ての飛行機です。
 

バスに揺られること約20分。
乗り換えターミナルロビーに到着。セキュリティゲートを通って、トイレ行ってたら、ワルシャワ行き飛行機のファイナルコールとなってました。
 

ということでポーランドに向けて出発。
8時10分発。ファイナルコールは7時25分でした。随分と早いなぁ。
 

早かった理由は、またバス移動のため。
またまた20分くらいバスに揺られておりました。ホントに広い空港だ。
 

いざポーランドへ。
 
ポーランド到着】

日本を出発して約18時間。ワルシャワショパン空港に到着。午後12時10分。
 
飛行中は寝てました。ホントよく寝るねぇ。
 

パスポートコントロールは20分くらいで突破。
窓口も多く、待ち人数は5人。しかもこれといって質問もされないし、入国審査はほぼスルー。
 
バッゲージクレームのところにあったATMでズロチをゲット!
 

荷物待ち。
今回はバイクケースしか預けてなかったので、大きい荷物が出てくるところで待機。
 
さて、ドバイで乗り遅れずにちゃんと来ているだろうか…。
 

出て来た(・∀・)!!
 

バイクを受け取り、安心してからの記念撮影。
このとき、午後の12時50分。空港駅13時24分発の鉄道に乗りたかったので、余裕ありでした。
 
【切符購入】

クラクフ行きの高速鉄道で、空港から最も近い駅は「ワルシャワ西駅(Warszawa Zachodnia)」となります。
 
空港駅からワルシャワ西駅までの切符を買おうとしたら、なぜか買えない…。
どうやらここにある券売機、100ズロチ札で支払うとお釣りが出せないようで、買えなくて困ってました。
 
「なんだよー、小銭ないよ。どうしよ( ゚д゚)
そんな困っている様子を見たポーランド人が、代わりに買ってくれました。お礼で日本円で渡そうとしたんですが、「いらないよ。良い旅を!」といって奢ってくれたのです。
 
なんて、良い人だ( ・∀・)
 お礼を言って、プラットフォームへ。気がつけばあと数分で発車時刻!
 

なんだかんだでギリギリの時刻になってしまいました。まずはワルシャワ西駅へ。
 
ワルシャワ西駅】

13時40分に到着。
 
ワルシャワ西駅からクラクフ駅(Krakow Glowny)までは高速鉄道で行くのです。(チケットは事前にネット(intercity)で予約購入済み)
 

電光掲示板で何番線かを確認。どれどれ、Krakow Glownyは6番線のようです。
 

きたきたー( ・∀・)
 

キレイな車内でした。
 
ワルシャワ西駅からクラクフ駅までノンストップ。これで無事に開催地のクラクフに行けるな( ・∀・)
 
【バイクシッピング in 列車】

スーツケースとかを置いておく棚はあったんですが、バイクケースを載せられるところなんぞ無いため、棚の前に強引に置いておきました。
 
これは流石に迷惑だったな…。
 

最終的にはバイクケースを縦置きにして端っこに寄せました。
私の座席は横なので(予約でその席を取っておいた)、ちょっとしたカーブで倒れそうなときは、手で押さえてました。
 

車掌さんにチケットを見せて、あとはクラクフに着くまで景色を堪能です。ちなみにバイクケースのツッコミは特になし。
 
チケットはあらかじめ印刷しておきました。それが正解。
なぜなら、印刷した紙にスタンプを押していたからです。あと、バイク分は別料金で9.1ズロチで予約時に申告。
バイクが箱詰めされていれば払わなくて良い気もしましたが、バイク料を払っておいた方が無難です。そんな値段も高くないし。
 

f:id:T347:20180811152841j:plain

ポーランド高速鉄道の車窓から。
 
クラクフ到着】

16時11分にクラクフ駅到着。定刻通りでした。
 とりあえず、大きな荷物を置きたかったので、ホテルへ行くことにしました。
 

クラクフ駅西口。
予約したホテルは、ここから約1kmのところ。
 

ホテルまでの道にて。ここは旧市街地エリアです。オシャレ。
 

オシャレ2。
石畳だったので、バイクケースを運ぶのが大変だったです。ヨーロッパではよくあること。
 
【ホテル到着】

f:id:T347:20180811163635j:plain

歩くこと約15分。16時半過ぎにホテルに到着。
 無事にチェックインを済ませて、部屋へ。
 

f:id:T347:20180811164456j:plain

広くて良い部屋でした。お湯も普通に出るし、水圧も満足。
 

f:id:T347:20180811164502j:plain

立派なモノクロ写真。これはクラクフ旧市街地の広場の写真です。
モノクロ写真は個人的には好きです。カラーよりも想像が掻き立てられるのです。
 
【バイク組み立て】

f:id:T347:20180811165112j:plain

バイクの組み立てを開始。
 
この日の選手受付の時間は19時まで。競技説明会は18時半からなので、バイクを組み立てて、それに乗って会場へ行くことにしたのです。
 

f:id:T347:20180811173432j:plain

1時間弱で組み立て完了。
特に不具合はなさそうでした。ふぅ。
 
ノンビリしている暇もなく、会場に向けて出発。
 

f:id:T347:20180811174522j:plain

MTBクラクフの街中で。
 

f:id:T347:20180811175244j:plain

ヴァヴェル城をバックに記念撮影。
街中をバイクで走ると、まるでそこに住んでいる気分になれました。MTBだとママチャリ感覚だし、路面を気にせずに走れるので、より一層そう感じます。こりゃいいや(笑)
 

f:id:T347:20180811180408j:plain

ホテルを出発して30分弱。メイン会場の入り口に到着。
 
都合により、受付からは次のエントリーへ。(容量制限がかかってしまいました)