[旧共産圏_クロストライアスロンの旅]1日目_その2(XTERRA Poland_受付、競技説明会)

X1日目の続きです。

athletetraveler.hateblo.jp

 
【会場到着】

日本を出発して約24時間。会場に到着。
時刻は18時で、競技説明会の30分前。ちょうどいい時間でした。
 

会場にて記念撮影。
 

Expoはほとんどなく、1,2店舗くらいでした。メカニックはどこかにいると思うけど…。(レース当日にトランジションエリア近くにいました)
 

レースオフィス。
受付や競技説明会のテントです。さてさて、受付をせねば( ゚д゚)
 
【ワンデーライセンス】

受付の前に。
 
会場に着いてから知ったんですが、ポーランドトライアスロン大会はワンデーライセンスが必要です。お値段は20ズロチ(約600円)。あら、安い。他の国なら1,000円は超えてくるのに。
 
ポーランドは博物館の入場料や、外食など、西欧に比べて安かったので、物価に準じた価格設定になっているのだと思います。
 

GET!!
日本のライセンスを持っていったら要らなかった、、、てことにはならないかな。
イタリアでは通用したけど、他の国ではどうなんだろうか…と、ちょっと疑問に思ってます。
 
【受付】

受付では、ワンデーライセンスとパスポートを提示。
 

参加賞としてコップをくれました。おぉ、これ嬉しいぞ。
 
【配布物その他】

加えてTシャツもくれました。これ、フィニッシャーTシャツなのに、レース前に貰えちゃえました。
 
【パスタパーティー】

果物やパスタなど食べ放題。
 

貰ったパスタ。
味は良かったんですが、冷えていたのが少々残念でした。
 

ヨーロッパのスイカは甘くてジューシー。ここポーランドでも同じ。ついつい手に取ってしまいました。皮の部分近くまで美味しいんだよねぇ。
 
ここまでの道中、食事は機内食くらいしか食べてなかったこともあり、ここでたくさん食べてしまいました。
 

説明会前ということもあり、テント内にはたくさんの選手とその家族がいました。東洋人は私以外にはいませんでしたが。
 
【競技説明会】

18時半から競技説明会。
プロジェクタの内容はポーランド語。アナウンスはポーランド語と英語で説明されました。
 
19時15分に終了。
 

会場を後にしてホテルへ帰りました。
帰る途中に話しかけられたんですが、なぜかフランス人に間違われました。なんでそう見えたんだろ…。
 
【なんとかこの日のミッション終了】

逆光がいい感じだったり。
 
説明会から帰ってきて、ホテルに着いたのが20時。21時過ぎにはほぼ無意識のうちに寝ていました。相当疲れていたようです。そりゃそうだ。
 
兎にも角にも、無事にクラクフに到着し、受付まで終えられて安心しました。
当初、受付は「レース当日でいいかー」と思っていたんですが、「切り詰めれば前日に間に合う!」ってことで、マージンを無くした旅程にしたのです。ふぅ( ゚д゚)
 
明日はレース。
ポーランド戦に関しては、日程的に弾丸感は否めませんが、レースが午後からなのが唯一の救い。
クロストライアスロンは記録狙いではなく、競技に慣れることと楽しむことがメインなので、怪我なく完走することが目標です。