[Berlin Marathon]1日目(移動)

2018年9月14日(金曜日)。
 
この日は移動日かつ現地で受付をする日。去年の12月に計画した遠征をようやく実行に移す日が来ました。
計画した内容の9割くらいは忘れていたので、前エントリーの「事前準備」を書く事で思い出していました(;・д・)
 
【出発】

勤め先から帰宅後、羽田空港へ。
 
21時半に到着。ちなみに飛行機の出発時刻は22時55分でした。
 

エールフランスのチェックインカウンター。
 
前日夜にオンラインチェックインは済ませておきました。
エールフランスのアプリで行ったんですが、表示に不具合があり、座席を選ぶ時に席が端っこの座席が選べませんでした。あれ、修正してくれないかな…。
 
アプリにボーディングパスが表示されるので、チェックインのためにカウンターに来る必要も無かったんですが、来た目的は荷物を預けるため。
 

8.3kgなり。
預けたのはリュックです。サイズ的に持ち込めなくはないんですが、ラクをしたかったのです。
 

預けた荷物は、ベルリンでの受け取り。
 
羽田からパリまではエールフランス、パリからベルリンはJOONですが、荷物の受取は不要。フライトナンバーも「AF」で、同じ航空会社という括りのようです。
 
今回は海外保険には入りませんでした。
何かあったらカード付帯ので何とかすることにしました。
 
【ラウンジ】

ラウンジでスマホを充電中。
セキュリティゲートで歯磨き粉を没収されました(・ω・;)
 
スタッフ:「これ150g入りで、持ち込めるのは100gまでです。」
私:「捨てて下さい…」
 
これ、初めて引っかかりました。今までは一体なんだったんだろう…。何処かで買わないと…。
 
【いざヨーロッパへ】

飛行機に乗る前に免税店で歯磨き粉を買いました。容量少なめの小さなものを(笑)
 
【inフランス】

飛行時間は約12時間。
現地時間の午前4時にパリシャルル・ド・ゴール空港に到着。
10時間くらい寝てました。起きてたのは夜食と朝食とトイレの時だけ。よく寝らました(・∀・)
 
ここは到着ロビー。
つまり、一度フランスに入国したのです。この写真は到着ロビー。そこで待っていた人たちはそこそこ厚着をしていましたが、この時のフランスの気温は10℃。機内アナウンスで「10℃」と聞いたときは、耳を疑いました。
 
俺、半袖。さみー(;・д・)
 

フランスに入国した理由は、トランジット(2F/2Eロビー用、右側)のゲートが開いていなかったから。このゲートのオープン時間は午前5時30分。
 
ベルリンテーゲル行きは2Fロビー。
24時間営業空港なので、ロビー自体は当然開いており、一度パスポートコントロールを受けてフランス入国し、またセキュリティーゲートを潜れば行けます。メンドイけど。
 
去年のハンブルク遠征の際も夜行のパリ経由でしたが、「こっち(到着ロビー)行って。」ってスタッフに促されました。
その時、理由は分からなかったんですが、そういうことだったんですねぇ。
 

パスポートコントロールをサクッと通過。
 
そして、ここには荷物が出てこないため、スルーして出発ロビーへ向かいました。
 
【2Fロビー】

到着ロビーから出発ロビーまで歩いて約5分。早朝でガラ空きのセキュリティゲートを通過して、出発までロビーで待つことにしました。
SIMを入れ替えたり、歯を磨いたり。
 
SIMですが、予めAmazonでグローバルSIMを買いました。

 

今回は滞在期間が短いため、1GBタイプを購入。

Amazonのレビューで「フランスで使えなかった」的なことが書いてありましたが、私はシャルルドゴール空港で全然使えました。もちろんドイツでもOKでした。

 

買ったSIMをスマホHuawei P20 Lite、SIMフリー)に突っ込んだら、スマホがThreeのAPNをチョイスしてくれました。これはラクでした。わざわざ自分でAPNを作らなくても良いんですもん。
あとはローミングをONにして、再起動すれば完了。

 

場所にもよりますが、現地でプリペイドSIMを買うよりも安いんですよねぇ…。でも、フィンランドは現地で買った方が安いです。
 

出発ロビーにピアノが置いてありました。
去年もあったのかなぁ…。気が付かなかったです。ここでサラって弾けたらカッコイイ。
出発待ちの人が、スマホに譜面を表示させて弾いてました。ここで弾こうという勇気は素晴らしいです。
 
ちなみに、この出発ロビーには(私が行ける)ラウンジはなかったです。2Eにはあるみたいですが、遠そうなので行くのを止めました。
 
【出発】

出発ロビーで待つことに2時間。午前7時20分にベルリンへ出発。
 

JOON自体は出来たばかりの航空会社(になるのかな??)なので、機材は新しく、座席もそんなに狭くなかったです。
 
【inドイツ】

9時過ぎにベルリンテーゲル空港に到着。飛行時間は約1.5時間。
 

荷物待ち中。
 

キタキタ(・∀・)。
奥のペターっとしたリュックです。
 

到着ロビーにて。
 
非常に小さな空港でした。降りた目の間にバッゲージクレームがあり、すぐそこに出口。
 
ある意味便利な空港ですが、残念ながら、再来年くらいには廃港になる予定です。キャパが少ないのと、各種の老朽化のためらしい。
ベルリン中心部から南東にあるシェーネフェルトに再来年開港予定の「ベルリン・ブランデンブルク国際空港」が、ベルリンへの玄関口になります。
 
物理的には少し遠くなりますが、鉄道で行けそうなので、アクセスは良くなる気がしますが、本当に2020年に開港するかどうか謎です。
 
【会場に向けて出発】

このまま受付会場に直行しました。
「いくらなんでも、午前10時過ぎにホテルはチェックインさせてはくれないだろー」と思ったためです。
 

まずはバスに乗って最寄り駅まで。その後、鉄道で会場に向かいました。
 

空港のバス停に自動券売機がありました。これで、バスと鉄道用のチケットを購入。
 

チケット料金は、どのエリアに行くかで決まるため、まずは目的地のエリアをチェックしました。
 
バスも鉄道もチケットは共通。
なので、最終的な目的地のエリアをチェック。
 

ゲット(・∀・)!
 
発着のエリアは「B」と「A」。なので、一番上のチケットを購入。2.8ユーロなり。
 

「128」線のバスに乗って最寄り駅へ。10分弱の乗車でした。
 
【鉄道に乗り換え】

最寄り駅に到着。
バス停の目の前が駅入口でした。
 
「ちょっと寒いなぁ」と感じました。
気温は約15℃で、半袖に軽く長袖を羽織っていましたが、日陰で立ち止まったりするとどうも寒い。動いていれば気にならないけど。
 

受付会場の最寄り駅は「Platz der Luftbrücke」。
 
グーグルで表示された駅数と違うんですが…。駅名を信じました。
 

鉄道に無事乗車。
あとは乗り過ごさないように注意するだけ(笑)
 

車内のディスプレイにはベルリンマラソンの広告が流れていました。
 

Platz der Luftbrückeに到着。
下車した先には多くの選手っぽい方々がいました。降りる駅はここで正解だったようです。
 

「前の集団について行けば着くだろう(・∀・)」と思い、なんとなく進んでいきました。
 
Flughafen Tempelhof】

駅から数分。受付&Expo会場の「Flughafen Tempelhof」に到着しました。元々は空港だったようです。
 
次に続きます。