[Berlin Marathon]1日目_その3(Expo)

前回の続きです。
 
脈絡なく、見つけた写真をアップしてダラダラ書くので、覚悟してくださいまし(笑)
 

 
【足元系】

onシューズ。
最近人気が出てきたブスイスのシューズメーカーです。高いですが良いらしい。
 私も一足持っていますが、横幅の相性が悪いため、一回履いてからそのまま放置しちゃってます…。
 
限定品は特に無さそうでした。
 

HOKA。アメリカのシューズメーカーでかなり有名。

https://www.hokaoneone.com

シューズはかなり良いらしい。厚底で重そうですが、足への負担が少ないんだとか。
 私は試したことがないです。
 
 

なんていうメーカーか忘れちゃいました。
 

このマットに乗ると、足のバランスが分かるそうな。
 

CURREXという靴底メーカー。ヘッドクォーターはハンブルクにあるようです。
 

「靴底を変えるとラクになり、タイムが良くなる。」という話は聞いたことありましたが、私は試したことがありません。
 
その昔、コンバースで走りまくってたら、見事に足底腱膜炎になりました。安くても良いからランニング用シューズで走りましょう。私の練習用シューズは超ロングセラーなロードジョグです。

KNITIDOの靴下。
「東洋人っぽいスタッフにいるなー」と思ったら、日本のメーカーでした。
 
五本指靴下です。私もフルマラソンくらい走る場合は五本指を履いてます。

Newtonのシューズ。アメリカのシューズメーカー。
名前は聞くけど、あまり見る機会がないです。
 

その他、物販ブースにはリーズナブルなシューズもありました。サイズが合えば買っても良いんじゃないかな。
 
【ウェア系】

GOREのウェア。
GORE-TEXのあれです。
 

これ、カッコイイなぁ…。
思わず買ってしまいそうになりましたが、我慢しました。
 

TAO。
バイエルン州にあるメーカーのようです。初めて聞きました。壁紙から察するに、寒いもの用がお得意なんでしょうか。
 

odlo。
これも聞いたことがありませんでした。スイスのブランドみたいです。
 

c3fit。
コンプレッション系みたい。これも初耳でしたが、ゴールドウィン系のようです。
 

ADRUNALINE。
ポーランドのブランドっぽいです。これも初耳…。
ウェアについて、俺、全然知らないな(苦笑)
 

私でも知っているような有名なところ(CRAFTとかCOMPRESSPORT、CEPなど)もありました。
 

ディスカウントストアもたくさんありました。小物を揃えたいなら良いチャンス。
 
【マッサージ系】

フットマッサージとか。多分、ドイツのものだと思います。
 

小型の肩マッサージ機とか。

www.munich-spring.com

ちょっと試してみました。

 

グリグリとマッサージしてくれる機械で、気持ち良かったです。長時間フライトの後にやりたい。
 

TMXというメーカーが出している器具。
これを使って、グッと押し込んでやるみたい。
色々と考えるなぁ(゜А゜)
 
【身に着ける系】

アクセサリーとか。
 

f:id:T347:20180915131727j:plain

トライアスロンをイメージしたデザインもあり、買いそうになりましたが、我慢しました。よくよく考えたら、私はアクセサリーは身につけない人間でした(苦笑)
 

f:id:T347:20180915113923j:plain

サングラスとか。
私はサングラスを持っていません。クロストライアスロンの時は怪我防止の意味で欲しい。
 

f:id:T347:20180915130559j:plain

ガーミンとか。
最近、安いウェアラブル端末が出てきて、ガーミンも焦ってるんじゃなかろうか。
 

f:id:T347:20180915115213j:plain

ゼッケンピンとか。
私は使ったことがないです。いつもゼッケンベルトを使っています。
 
【レース系】

今回、熱心に見てきたのは、マラソン大会PRのブース。
ドイツ内だけでなく、イタリアやスペインなどのその他国々のマラソン大会もあり、パンフレットを貰っていたのです。
 

ドイツ・ケルンのマラソン大会とか。
 

ルクセンブルクのマラソン大会とか。
 

イタリアのマラソン大会とか。
 

オーストリアのマラソン大会とか。
 

スイスのマラソン大会とか。
 

スペインのマラソン大会とか。
 

ウルトラマラソンもありました。
 

ラトビアのマラソン大会とか。
ラトビアのにーちゃんと記念撮影(笑)
 
他にもたくさんのPRブースがあり、色々と情報をゲットすることが出来ました。仕事か(笑)。マラソン大会のPRブースがこんなにたくさんあるExpoも珍しいです。ヨーロッパはシェンゲン協定によって、国々の往来が容易だからかもしれません。
 
ここで容量制限。次回に続きます。