[IRONMAN Taiwan]事前準備

 
この記事は2018年10月7日(日曜日)に開催されました「IRONMAN Taiwan(Swim:3.8km, Bike:180km, Run:42.2km)」の話になります。
移動日を含めて約5日間の話となります。ざっくりとした日程はこんな感じです。
 
【1日目】
台湾へ出発。間に合えばウェルカムパーティーに顔を出す。
 
【2日目】
受付。バイクチェックイン。トランジションバッグの預託。
 
【3日目】
レース当日。
 
【4日目】
コナスロット対象者を聞いた後に台北へ。台北で一泊。
※アワードパーティーは出席せず。
 
【5日目】
帰国へ。
 
各種パーティーに出ないという、私にとってはイレギュラーな遠征としました。
ロング最後の宿題である「コナスロット取り」を終わらせたかったのです。
 
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
ちょうど一年前、ロングの記録が飛躍的に伸びたこともあり、「これならコナスロットを取れるんじゃね??」と思いました。欲が出たのです。
 
【エントリー】

 
「私でも戦えるレース」となると、アジア圏。
ということで、IRONMAN Taiwanにエントリーしました。IRONMAN Gurye(韓国)にもエントリーをしましたが、急遽DNSしました。なんとなくです。
 
IRONMAN Taiwanへのエントリーは、2017年11月に済ませていました。はぇ(笑)
出場を決めたら、早く日程をFixさせるに越したことはないですが、後々に決まった他のレース情報を見て、「あー、こっちに出たかったなー」ということもあります。ただ、今回はそういうことにはなりませんでした。
 
【開催地】

台湾の澎湖県(Penghu)。
見ての通り、島ですので、ここに行くには飛行機(UNI AIRマンダリン航空、Far East)かフェリーになります。
この島に行く際、ネックとなるのがバイクシッピング。島に行く飛行機の積載数に限りがあるのです。
 
私のように、ミリミリでプランを組むと、「バイクシッピングが出来ない」ということになりかねません。トラベルエージェントを使ったりすれば、心配する必要はないんでしょうが、それだと面白くないため、個人で解決します。
 
今回、私の空路は「羽田-台北松山-馬公」にしました。
理由は忘れましたが、おそらく金曜日の午前出発で、都合が良かったルートがこれだったんだと思います。実際のところ、高雄空港経由がポピュラーみたいです。
  
【オフィシャルのバイクシッピング】

大会が用意する輸送もあるようで、こちらを利用する選手も多かったです。
 
台湾各空港-現地大会会場間の輸送には約1日半掛かりそうで、日程に余裕がある人は、こちらも選択肢としては有りです。
 
【エアチケット(羽田-台北松山)】

羽田-台北間は、全日空にしました。
台北で乗り継ぐ飛行機の時刻に合わせて検討した結果、たまたま全日空だったのです。マイレージも貯まるし、都合が良かったです。
 
台北までのバイクシッピングは何も考えてませんでしたが、強いて上げれば「無料かなー」くらい。寸法合計203cm、総重量23kg以内なら無料です。ちなみにエバー航空も同様でした。
 
【エアチケット(台北松山-馬公)】

さて、ここからが問題です。
台北松山-馬公間は日程の都合でUNI AIRを使うことにしたんですが、この区間の機材はプロペラ機(ATR 72-600)。
 
予約する前、昨年の台湾大会に出場した知り合いトライアスリートから聞き取り調査をしていました。
「〇〇さん(この人も知り合い)は、個人で来てて、航空会社(UNI AIR)に交渉したらしいよ。」とのこと。
 
ふむふむ(・ω・)
 
【UNI AIR

そこで、Uni Airに問い合わせをしました。
 
私:「台北松山と馬公でバイク(の入った箱)を載せたいです。」
Uni:「予約ナンバーを教えて下さい」
私:「あ、まだ取ってないっす(;・д・)」
なんとなく手応えを感じたため、エアチケットを買い、改めて連絡しました。
※買った時点では支払いを済ませておりません。単に抑えただけ。
 
連絡したのは、「予約ナンバー」、「箱の寸法」、「重量」の3点。
箱の寸法はパイクポーターproのそれをそのまま106cm×74cm×23cm。重量は「とりあえず全日空の最大値にしておこう」ということで、23kg。
 
【返事が来た】

 
よっしゃー(・∀・)
 
数日後、UNI AIRから「OK回答」が届きました。私のエアチケットにバイクシッピングが紐付けされたのです。
チケット代はサクッと支払いを済ませて、予約完了となりました(追加料金は移動日当日に空港で支払いました)。
 
なお、このUni Air台北-馬公間)のバイク積載数は最大10台です。予約はお早めに。
 
※余談ですが、各パーティーに出られない日程をアレンジした大きな理由は、バイクシッピングのためでした。
特に、「コナスロットゲット≒入賞」なので、表彰式も併催であるアフターパーティーを欠席するのは、苦渋の選択でした。
たいていの選手は各パーティーに出たいでしょうから、それに合わせた便で来るだろうし、そうなるとバイクシッピングが出来ないかもしれないと思ったのです。
でも、「エアチケットにバイクシッピング権を紐付けしてくれるなら、大丈夫だったんじゃないか…」と思いました。
 
【ホテル(Penghu)】

サクッとホテルも予約しました。会場近くのホテルです。
 
このホテル、空港からホテルまでの無料シャトルバスサービスがあり、わざわざホテル側から連絡を頂きました。到着予定日と時刻、便名をホテルに連絡。
 
【ホテル(台北)】

レース翌日は台北に行き、そこで一泊するため、台北松山空港近くのホテルも取りました。
 
これで準備は完了。
バイク梱包は台湾に行く一ヶ月前には既に完了していました。先月行かなかったIRONMAN Guryeで準備してそのまま。おい、バイクに乗ってないのかい(・д・)(苦笑)