[東京湾アクアスロン]レース当日

この記事は、10月14日(日曜日)に千葉市稲毛海岸公園で開催されました、「東京湾アクアスロン」となります。
 
 
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
 
今年の7月、出場したアクアスロン世界選手権 in デンマークをキッカケに、アクアスロンへの意識が向くようになりました。それまでは「ふーん(・A・)…(あんま興味ないなぁ)」だったのです。きっと、アンテナがたったんですねぇ。
 
【会場到着】

f:id:T347:20181014091526j:image

9時過ぎに会場の稲毛海岸公園に到着しました。今回は自動車移動。
 
この日はお台場で、トライアスロンの日本選手権が開催されていました。
そちらにはU23の知り合い選手も何人か出ていたんですが、残念ながら見に行けませんでした。(リザルトは見ました。お疲れ様。次は頑張ろうぜ👍)
 

f:id:T347:20181014091512j:image

稲毛海浜公園に着いた時、この公園は広くて、アクアスロンのメイン会場はどこなのかが分からなかったんですが、バーベキュー場の近くがそれでした。
 
自動車はその近くの駐車場に駐車しておきました。
 
【メイン会場】

f:id:T347:20181014092200j:image

茶色いテントの所が受付。
 

f:id:T347:20181014091723j:image

まず、誓約書にサイン。
 

f:id:T347:20181014091939j:image

受付へ。
ゼッケンナンバーは分からなかったので、会場にあった名簿を見て、自己申告しました。
※事前の郵便によるお知らせは貰ってませんでした。私だけ?
 

f:id:T347:20181014093004j:image

スイムキャップ、ゼッケンナンバー、エコバッグ。
ゼッケンナンバーには(会場で貰った)安全ピンを付けて、ゼッケンベルトに付けました。
 
【ビーチクリーン】

f:id:T347:20181014102021j:image

ビーチクリーンってのをやりました。
スイム系の大会でよく実施され、大会前に浜辺のゴミを拾うのです。
 
幸い、ここにはあまりゴミはありませんでした。貝殻はたくさんありましたが…。
 
【競技説明会】

f:id:T347:20181014103059j:image

10時20分に競技説明会。コース説明とか諸注意とか。
 

f:id:T347:20181014105153j:image

説明会が終わり、トランジション準備を終えた選手たちが集合。
まずはショート部門(スイム:500m、ラン:5km)からスタート。
 

f:id:T347:20181014095841j:image

ちなみにトランジションに置く荷物は、こうやってカゴに入れておきました。
 
カゴは大会から貸してくれました。
 

f:id:T347:20181014105239j:image

こんな感じで、芝生の上(そこがトランジションエリア)に荷物をセット。
特にエリア作って…ということはなく、自由に置くことが出来ました。誰でもアクセスできたし、普通の荷物とかも置いておけたし。
しかも、荷物をカゴに入れようが入れまいが、ペナルティーは無かったです。
 
貴重品は受付で預かってくれました。自動車のキーとか。
 
 

f:id:T347:20181014105659j:image

12時にロング部門(スイム:1500m、ラン:10km)の開始となりました。
 
さてさて、レースです。
 
【コース】

f:id:T347:20181018210806j:image

スイムは1.5km(750m/周を2laps)。
進行方向は反時計回り。これ、西からの波が強くなってきたということで、急遽反時計回りに変更となりました。
 
ランは10km(2.5km/周を4Laps)。
公園内の森の中を走り、周のラストは約750mの直線。終始フラットコースです。
 
【スイム】

f:id:T347:20181014105810j:image

一斉にスタート。(オレンジ色のブイの間を通って右方向にある黄色ブイへ)
 
今回は年代別での入賞狙いだったため、スタートも前の方にいました。
 
写真の赤色ブイまでは浅かったため、ちょっとだけ海を走り、そこからスイム開始。
 
スタートしてすぐにトラブル。
ゴーグルの左側にじゃんじゃん海水が入ってきました。「んだよー、これ(・ω・;)」と愚痴りながら途中でゴーグルを付け直すも、全く直らず。
 
「んだよー。このゴーグル、かなりの確率で入水してくるだよな…」と再度愚痴りながら、結局左目は瞑って、右目だけで泳ぐ事にしました。
 

f:id:T347:20181014110509j:image

私の利き目は左目ということで、右目だけのスイムによって、前方ブイが見えにくくなっただけでなく、平衡感覚も無くなり、自分でも分かるほど、蛇行スイムとなってしまいました。
 

f:id:T347:20181014110702j:image

時々止まって、左側ゴーグル内の海水を出すも、結局直ぐに入水…。目を開けたら、当然滲みました。
 
スイム終了直前には、「いくら練習しても、これじゃーなぁ…」と若干入賞を諦めつつ、スイム終了。
 
スイムのタイムは約29分。
最低でも27分台で終わらせたかったな…。
 
【ラン】

f:id:T347:20181018210501j:image

スイムアップ後、スイム中の選手もそこそこおり、また、トランジションエリアの人が少なかったこともあり、「まだ(入賞に)イケるかな…」と思いました。
 
ラン開始。
身体は軽かったんですが、腰から下の力が全然入りませんでした。
一週間前のIRONMAN Taiwanの疲労が抜けてないのは明白で、建築物に例えると、泥の上に家を建ってるみたいな感じ。
 

f:id:T347:20181018210505j:image

フォアフットで走り続けると、そのまま身体が崩れそうだったため、途中5km以降から身体を支えるために足裏面積を稼ぐ「ミッドフット」。
最終Lapは割と元気だったハムストリングを使った「ヒールストライク」かつ力技で走り切りました。
 

f:id:T347:20181018210511j:image

つらそー(・ω・)
フィニッシュ後、足がガクガクしていました。
 
ランのタイムは約45分。43分くらいで走りたかったです。
 
【フィニッシュ】

f:id:T347:20181014134713j:image

海をバックに記念撮影。
あ、なんかメダルをぶら下げてるぞ(゜д゜)
 

f:id:T347:20181014134646j:image

タイム的には6月の南房総には及びませんでしたが、今回はなんと年代別で2位(入賞)でした。この年代の参加者は多分10人くらいだったと思います。頑張りました。
 
写真を撮って貰っていたら、「おめでとうございます!」と、レースに参加していた夫婦が声を掛けてくれました。
他愛のない話を楽しみました。「バイクのコツは適切なポジション。私はロングで半分くらいは漕いでないですよ。」と言ったら不思議そうにしてました。実際、ホントに漕いでないんだよなぁ…特にバラモンキングとか。
今回、ご夫婦揃って入賞していたので、多分速いんだろうなぁ…と思いました。おめでとうございます(・∀・)
 
【あとがき】

f:id:T347:20181014092303j:image

こぢんまりした大会でしたが、入賞は入賞。そりゃあ嬉しかった。メダルもゲット出来ましたからねぇ(・∀・)
 
ゴーグルはなんとかしなければなりません。
トライアスロンを始めてから同じメーカーのゴーグル(オープンウォーター用)を使っているんですが、ここ最近はゴーグル内に水が入ってきてしまいます。屋内プールなら問題無いんですが、海だと相性が悪いみたい。ここ最近で顔つきが変わったのかしら(・ω・:)
 
「ゴーグルの縁にワセリンを塗ってるよ。」という話をこないだ世界選手権で一緒だったHさんから聞きました。それもありかなぁ。
あと、屋内の競泳用のゴーグルでも使ってみようかな…なんて思ってます。 しばらく、ゴーグル関連を検討していくことになりそうです。