[大磯・照ヶ崎アクアスロン]レース当日

この記事は、2018年11月4日(日曜日)に開催されました、「大磯・照ヶ先アクアスロン(Swim:1.5km, Run:10km)」の話となります。

本大会にエントリーしたのは10月中旬。

東京湾アクアスロンで年代別入賞したことに味を占め、「(競技人口が少ない)アクアスロンなら勝てるんじゃないか??」と思い、タイトな日程と分かりつつエントリーしたのです。
 
【エントリー完了】

f:id:T347:20181028085637j:image

 
RUNNET経由でエントリー完了。
 
エントリー料は約1万円。
結構良い値段しますねぇ…。ただ、見方によっては安くも見えます。スタンダード(ショート)トライアスロンのエントリー料は約2万円ですし。
 
【配布物】
f:id:T347:20181107064312j:image
事前に郵送されてきました。
スイムキャップも同梱。当日忘れないようにしないと…。
 
【当日のスケジュール】

f:id:T347:20181103212714j:plain

とりあえず11時までに行くことが出来れば良いみたい。朝をゆっくり過ごしたい私には助かりました。
 
大磯駅

f:id:T347:20181104103534j:plain

2018年11月4日(日曜日)、レース当日。
 
10時30分くらいに大磯駅に到着しました。
平日の睡眠不足もあり、朝は全然起きられず、「DNSしようかな…」と思ったほど。
前夜は10時間くらい寝たんですが、それでも休息は足りなかったようでした。
 
「今日は雨かつ寒いし(最低気温13℃、最高気温18℃)、レースをやってすぐに帰ろう(・ω・)…」と決めて、ここにやって来ました。
 
【寄り道】

f:id:T347:20181104104322j:plain

大磯駅に着いた時、雨が降っており、傘無しでは少々辛かったため、駅近くのドラッグストアで傘を買うことにしました。
 
あぁ…余計な出費。
 

f:id:T347:20181104104319j:plain

(・∀・)ゲット!
ついでにおにぎりとランチパック、エナジーゼリー、水を購入しました。
 
【会場】

f:id:T347:20181104105339j:plain

大磯駅から歩くこと10分弱。会場である大磯・照ヶ崎ビーチに到着。
到着した時は11時直前。受付締め切り時刻ギリギリでした。といっても、遅れても受付してくれそうな雰囲気はありました。実際どうかは分かりませんが。
 
【受付】

f:id:T347:20181104105449j:plain

事前に送付されてきた誓約書を提出し、ゼッケンナンバーとタイミングチップ(ベルト)を貰いました。
 
【ゼッケン】

f:id:T347:20181104105708j:plain

タイミングチップはベルトタイプで、腰に巻きつけます。ゼッケンはこのベルトに(受付時に貰った)安全ピンで付けておけばOKでした。これ、便利。
 
【開会式】

f:id:T347:20181104110053j:plain

開会式の様子。
 (確か)大磯町長さんが挨拶されていました。
 
【ショート部門】

f:id:T347:20181104112746j:image

11時30分。まずはショート部門(Swim:500m, Run:5km)がスタート。
 
ロング部門(Swim:1.5km, Run:10km)は13時にスタートだったため、それまでの空き時間はショート部門を観戦していました。
 

f:id:T347:20181104122811j:image

観戦中は結構雨が降っており、濡れるとより一層寒かったです。
冬用の長袖コンプレッション、厚手のパーカー、雨カッパで寒さを凌ぎました。
 
カッパを用意しといて、傘を用意して無かったんかい(苦笑)
 

f:id:T347:20181104122405j:image

12時30分頃にトランジション準備を開始。
カゴにはシューズ、タイミングチップ(withゼッケン)、靴下、ハンドタオル。
レース開始まで、このウェットスーツで雨を遮ってました。焼け石に水でしたが。
 
トランジション内は場所によって有利/不利がありました。
順位狙うなら、コースに近いカゴに入れるべし。私?もちろんコースに近いカゴを使いました(笑)
 
さてさて、レースです。
 
【コース】

f:id:T347:20181104200855j:image

スイムは1.5km(750m/周を2laps)。
スタートから第一ブイまで約150m。
第一ブイから第二ブイまで約300m。
第二ブイから第三ブイまで約300m。
 
水温は約20℃。
海に入ったら、「温かい(・∀・)!」って。そりゃあ、気温(約18℃)よりも高いですし、海の中では風もないですからねぇ。
 
この日の波は穏やかで、比較的泳ぎやすかったです。
 

f:id:T347:20181104200946j:image

ランは10km(5km/周を2laps)。
ほぼフラットコースですが、周後半の陸橋部(このマップでいう大磯駅の下にあるところ)はアップダウン。
 
折返し地点にはエイドステーションがあり、スポーツドリンクor水がありました。
 
【スイム】

f:id:T347:20181104113025j:image

ショート部門の様子で。
 
13時にロング部門が一斉にスタート。
スタート直後はちょっと混み合っていましたが、隙間を狙って順調に前へ出られました。
 
初っ端の第一ブイ(沖のオレンジブイ)前後で、自分の位置(順位)を軽く確認。しかし、選手の集団がよく見えず…。
「ぶっちぎりで速い人は数名いるけど、あとは分からん!」となり、再び自分のスイムに集中。
 
今回は前週のオープンウォーターで学んだ、「波があるオープンウォーターはピッチ早めで泳ぐ」を実践。
波に負けることなく、真っ直ぐ前へ進めましたが、それ用の身体が出来ておらず、すぐにバテちゃいました。肩に変な力が入っちゃっていたのが良くなかったです。
 
結局、大きく泳ぐスタイルと、ピッチ早めで泳ぐスタイルを交互に行い、無事に約1.5kmのスイムが終了。
 
スイムアップ時のタイムは約27分。
タイム的には悪くなく、順位的には総合10位以内にねじ込めました。
 
【ラン】

f:id:T347:20181104120324j:image

こちらもショート部門の様子。
トランジションでウェットスーツを脱ぎ去り、タイミングチップを付け、シューズを履いて、ランパートの開始。
 
※タイミングチップはランパートから身に着けます。ランのスタート(兼フィニッシュ)ゲートを通過した時がスイムパートのタイムとなるため、スイムはトランジション込のタイムとなります。
 
今回は素足でシューズを履きました。
それによって、足にマメが出来るのは間違いなく、一瞬迷ったんですが、次週のITU WC in 宮崎を見据えて(トランジタイム短縮化)、素足にしました。
 

f:id:T347:20181104115625j:image

スタート直後に2-3人の選手を抜き去り、その後は単独ラン。往復コースだっため、私の前後の距離間を確認することが出来ました。
 
最初の折返し(スタートから2km弱)で差を確認。前方とは約300m、後方とは…200mか。
 
この差はラン中盤まであまり変わらず、気が抜けない状態が続きました。
先行選手との差がなかなか縮まらず、「こりゃー抜けねぇなー(苦笑)」とエイドステーションのスタッフに呟いてしまった。
 
途中、横っ腹が痛みだし、ペースをちょっと落としたところ、痛みは無くなりました。オーバーペースだったようです。
 
【フィニッシュエリア】

f:id:T347:20181104143021j:image

ランパート後半。
 
前方の選手との差が縮まってきました。
どうやら、その選手はペースダウンしていたみたい。
最後の折返し地点で「(ここから上り坂になり、相手は確実にペースダウンするから、己がペースアップすれば)これは抜けるな(゜д゜)」と判断。
 
フィニッシュまで残り100m地点。
先行していた選手に追いつき、フィニッシュゲート手前の砂道ダッシュの末、勝利は私に舞い込んで来ました。
そして、その選手は骨盤を痛めてしまったようで…、お大事に(・ω・;)
砂道は足元が不安定。身体に柔軟性がないと力が上手く逃げず、硬いところを傷めます。コケた時も同じで、「力を逃がす」のです。
 
ランパートのタイムは41分56秒。健闘しました。
 
【フィニッシュ後のアレ】

f:id:T347:20181104143104j:image

フィニッシュ後、選手には焼きそばが振る舞われました。
 

f:id:T347:20181104143149j:image

頂きます!美味しゅうございました(・∀・)

【撤収】

f:id:T347:20181104143209j:image

レース後、トランジションの撤収作業へ。
雨が降ったていたり、砂がこびり付いていたりして、なかなか大変でした。
「リュック含めて、帰ったら全部洗おう…」と決め込み、ウェットスーツもシューズも、泥だらけのままリュック等へ放り込みました。(一応ビニール袋に入れて)
 
荷物を纏め終えた頃、14時30分。
スタッフ:「リザルトの発行を開始しましたー!」
とのアナウンスがありました。
リザルトを受け取りるため、フィニッシュエリアのテントへ。
 
【結果】

f:id:T347:20181104143542j:image

スタッフ:「年代別で3位ですねー。おめでとうございます(・∀・)!」
 
おぉ(゜д゜)…。
なんと、年代別で入賞することができました。総合でも7位と、なかなかの健闘でした。
 
【表彰式】

f:id:T347:20181104144725j:image

これはリレー部門の表彰式。
 
総合入賞にはサッパリ届かなかったです。私とはトップスピードが明らかに異なりました。みんな速いっす。
 
【入賞おめでとう】

f:id:T347:20181104145406j:image

年代別入賞は特に表彰式がなく、テントで表彰状と入賞メダルを貰いました。
 
やっぱり嬉しいですねぇ(・∀・)
 
【入賞メダル】

f:id:T347:20181104145052j:image

これまた臨時メダルゲットとなりました。
アクアスロンとの相性が良いですねぇ…。単にブルーオーシャンなだけな気もしますが、それも戦略ということで。
 
【さらば大磯】

f:id:T347:20181104145652j:image

15時前には全て終了。
 
レースが終わった頃には雨も止みました。寒さは相変わらずでしたが。
 
【あとがき】

f:id:T347:20181104172028j:image

自宅に帰ってから洗濯物等の事を済ませた後、身体の節々が痛くなりました。今日はよく乗り切った。
ラーメンを食べ、薬を飲んでゆっくり休んでおきました。本日もお疲れ様でした。