[ITU Triathlon World Cup 宮崎]2日目(エリート観戦、競技説明会)

前回からの続きです。
 
【起床】
2018年11月10日(土曜日)。
この日の予定は、エリート部門の観戦、競技説明会への出席。
 

6時30分に起床。
この日は雲ひとつ無く、快晴でした。
 
この良い天気なのに、私の身体は不調気味。やはり寝不足か、それとも食べすぎか。これはマズいなぁ…。
 

朝ごはんもカップラーメン(苦笑)
今回の遠征後に振り返ってみて、「このカップラーメンを食べまくるってのは、身体にあんま良くなかったかなー」と思いました。スープも綺麗に飲み干してしまったし(塩分過多)。
 
あまり下痢にならない私が、この日、下痢に悩まされたため、「やはり何か原因があるよな…」と感じたのです。単に疲れと、そもそも食べ過ぎなだけかもしれませんが。
 
【出発】

7時30分過ぎにレース会場に向けて出発しました。エリート部門の観戦のためです。
 

ホテルからレース会場(シーガイア)までは約5km。
 
私は徒歩で行きました。
ラクをしたいのであれば、
・バイクで自走するか(約15分コース)。
宮崎駅からシーガイアまで路線バスで行くか。
どっちかだと思います。
 
朝の散歩と割り切れば、徒歩も悪くなかったです。ランで行くのもありかな…。
 

ホテルから歩くこと約1時間。
レース会場であるシーガイアに到着。そこの駐車場には大きな大会の看板が立っておりました。
 
【Expo】

駐車場から歩くこと約2分。Expo会場に到着。
このすぐ横にはフィニッシュゲート、トランジションエリアがありました。
 

CEEPOのバイクがズラリ。
社長自ら、製品紹介をしてくれました。
 
「重心を前方かつ下に置いたことで、スムーズに前に進むんです。バイクの重量はあるけど、走れば全く気にならない。」
的なことを仰ってました。
 
試走もさせてくれるみたいでした。
私は乗りませんでした。乗れば良かったな…とちょっと後悔。「わー、これ凄い!」と試走された方々は驚いていました。スーっと前へ進むらしい。ふむふむ(・A・)
 

朝早かったということで、会場はガラガラ。
 

フィニッシュゲートも静かに佇んでおりました。
何か記念撮影するなら、朝早く来て撮るってのもありだと思います。
 
【エリート部門トランジション

女子エリート選手のロードバイクがズラリ。
 

デュアスロンで共にした上田藍殿や、NASの井出選手のバイクとか。
 
【スイム会場】

Expo等がある会場から歩いて1分。スイム会場に到着。
 
「随分と人が少ないなぁ(・A・)…」なんて思っちゃいました。
一応WTS横浜の次くらいに大きな大会のはずなんですが、ちょっと寂しい気がしました。ちなみに村上で行われた大会(アジアカップ)はもっと人がいたらしいです。
 
【エリート部門試泳】

みんなちゃんと試泳してる(゜д゜)!
それは当然なんですが、スイムアップ後の折返しの練習もしていました。足場の確認とか…そういうの??
 
選手によって、ウェットスーツを着て試泳している選手もいました。なんでだろう…身体を冷やさないように…でしょうか。
※本日のエリート部門はノーウェットでした。
 
藍殿は遠くにおり、ここで話をすることは出来ませんでした。
 
【エリート部門スイム】

定刻9時30分にエリート女子がスタートしました。
 
On your mark(゜д゜)…
 

プォーン(・∀・)
号砲を鳴らしたのはテクニカルスタッフの神奈川県トライアスロン連合のKさん。マーシャル仲間です。
 

750m地点でのスイムアップの様子。
興味深かったのは、スイムアップ地点。
 
このピンクのポールから50mくらい離れた所でスイムアップして、このポールまでビーチランをしていたのです。その方が速いんだとか。ホントかよ(゜д゜)…。
 
Kさんに「あれ、やろうかなー」と話してたら、「それやったら、みんな三品さんについて行っちゃうからやめて(笑)」って。
 
実際、エイジで有利に働くかどうかは謎です。
ピタゴラスの定理と、スイムとビーチランの速度で計算して…いや、しないな(苦笑)
エイジ部門はウェットスーツを着るため(本大会は必須)、締め付けに慣れていないと、ビーチランでこむら返りするかも。
 
【エリート部門トランジション

スイムアップとトランジションエリアの間。
トランジションエリアにたくさん人がいたため、ここで独占、パノラマ観戦してました。
 

スイムアップ後のランは息が上がりやすいため、みんな辛そうでした。
アクアスロンも似ていますが、やはり別物。アクアスロンならスイムとランの間にトランジションが入るため、呼吸は整います。
 
【エリート部門バイク】

ドラフティング有りのミリミリレース。
 
こんな感じのお団子集団がいくつかありました。
高橋選手がいた先頭集団もこんな感じで、10人程度の集団となっており、「(藍殿がいる第2集団が)これに追いつくのは指南の技かも…」と、最初は思ってました。
 
ただ、よくよく見てると、これ、第1集団の先頭を走る選手がほぼ固定なんです。みんなで交代しつつ前へ行かないのよ…。
高橋選手が引っ張ることも多く、ランで失速したのはこれが原因のひとつと思われます。
 

ということで、第1集団は失速し、上手く回した(と思われる)第2集団が上がってきました。
 
またやりたいですねぇ、ドラフティングレース。予定はあります。ロードバイクは持ってないけど。そろそろロードバイクを組まないと(苦笑)
 
【エリート部門ラン】

Expo周辺は(比較的)多くの人がいたため、ちょっと離れた所で観戦しました。
パノラマで観戦&応援を独り占め。良かったです。
 
せっかくなので、ここでは持参したベルを鳴らして応援してました。「""\(゜∀゜)カランカラン!」って。
 
【エリート部門のフィニッシュ】

先程の場所で最終ランナーを見送った後、ここで各選手のフィニッシュの様子を見ていました。
 
フィニッシュエリアで観戦していた所、レースを終えてマッタリしていた藍殿が登場。
 
「あ!お久しぶりです(・∀・)」と、藍殿。
 

懐かしい2ショット(らしい)。
「ランでメッチャ分かりましたよー。""\(゜∀゜)カランカランって(笑)」
 
デュアスロン世界選手権がキッカケですが、実際はクロストライアスロン世界選手権の際、選手団の応援に駆け付けてくれた時に話すようになりました。 
藍殿のテンションの高さ、感情表現の豊かさは相変わらず。それが良い。話してて楽しかったです。
 
そのうちリレー部門で一緒に出ましょう。
ランパートを空席にして待ってます。監督はMultisport Legendを見守ってくれた元エリート選手のOさんで。Oさんは「やる!」って言ってくれました👍(笑)
 

昼頃になると、会場も賑わってきました。
とはいえ、ワールドカップとしてはかなり寂しい…。これ、宮崎だけかなぁ。ちょっと気になります。
 
「あれ、三品さんじゃないですか!ここも出るんですか!?」
長野県トライアスロン連合のK理事さんと再開しました。斑尾、津南、デンマーク、富山、そしてここ宮崎。今年はよく会いました(笑)
 
少し雑談をしてました。ウィンターのこととか。
K理事:「板、買いました?」
私:「買って無いです(苦笑)」
そろそろ買わないと…。
 
その後、「じゃあまた後で!」と少々お別れ。
 
シャトルバス】

イオンモール宮崎と大会会場間はシャトルバスがあり、30分毎に運行されていました。
 
時間は12時30分。
お腹が空いたのと、結構な頭痛があったため、イオンモール宮崎で昼食を取ることにしました。
 

イオンモール宮崎に到着。ここはそこのフードコート。
 

美味そうだった、ビビンバにしました。頂きます!美味しゅうございました(・∀・)
 

足りなかったので、スーパーで弁当とか色々買いました(笑)
頭痛なのにお酒ですか…。これは失敗したなぁ。
 
【エリート部門表彰式】

14時30分くらい。
昼食を取り、シャトルバスで再び会場にやってまいりました。
会場に着いた時には、エリート部門の表彰式が行われていました。男子エリートのレースは見れなかったです。ごめんねぇ(・ω・;)
 
【競技説明会へ】

15時45分からの競技説明会に出るため、そこへ向かう事にしました。
 
この大会の難点は、大会会場と競技説明会が離れているとこ。3-4kmくらい歩きました。
(仮にお酒を飲んでいなくても)バイクで行く気にはなりませんでした。パクられたら怖いやん(゜A゜)。
 

路線バスを使って行くのもありだと思いました。
これ、イオンモール宮崎の南側の道路にあるバス停(イオンモール内のではない)で、15時2分発に乗れば、競技説明会に間に合い、良い感じの時間に着きそうでした。
 
ちなみに競技説明会に最も近いバス停は「シェラトングランデ」です。
 

レースを終えたエリート選手も自走でホテルに帰ってました。この人たちはイタリア代表。イタリア語で何か話してました。
 

男子エリート選手も。
そういえば、こういう集団に日本人選手がいませんでした。(気が付かなかっただけ?)
 
【到着】

15時20分くらいに到着。
コンベンションセンターはこの高い建物(ホテル)の左側にある平らな建物。
 
ここの駐車場でK理事さんと再開。
 

この低層の建物がコンベンションセンター
この2Fで競技説明会が行われました。
 

K理事さんと「なんか随分と立派なトコですよねぇ(゜д゜)…」なんて話してました。
ちなみに、説明会会場の対面は結婚式だったみたい。この建物はそういう立派な所みたい。
 

競技説明会が行われるホールに到着。
 

まずは出席証明書の受取りました。
この競技説明会は参加必須で、出欠管理がしっかりとなされていたのです。
 

この紙にレースナンバーと名前を書いて、説明会終了後に提出することに。
 

満員御礼。
満席だったため、最前列の前で直座りして聞くことにしました。
 

スクリーンが見えないぞ(苦笑)
私の隣にはフランス人男性がいたので、話しかけてみました。
 
私:「見えるの?(英語)」
フランス人:「ここは2回目だから大丈夫(日本語)」
 
日本語ペラペラでした(笑)なんだよー(゜д゜)。
なんだかんだで仲良くなり、私のクロストライアスロンのナショナルウェアに興味津々でした。
 
フランス人:「XTERRA!?凄い。私には怖くて出来ない。怪我しそうだもん」
確かに生キズは増えますねぇ…、ごもっとも(・A・)
 
【配布物の受取】

16時15分には説明会が終わり、先ほどの出席証明書を提出後、配布物を受け取りました。

無事にゲット(・∀・)。

【バス】
路線バスでホテル(宮崎駅)まで帰ることにしました。
16時32分発で、ちょうど良い時間にバスがあって助かりました。

宮崎駅到着】
バスに揺られること30分(くらいだったかな…)。宮崎駅に帰ってまいりました。 
一度ビニール袋をホテルに置いてきて、食料の買い出しへ行きました。
 
 【晩めし】

ホテルから歩いて数分のCOOPで買ってきました。
フルーツは食べきれなかったので、翌日レース後に食べることに。

これ、食べすぎでした(苦笑)
昼間もかなり食べたし、しかもこの日はこれといって運動もしていない。多分、翌日のレースでスピードに乗れなかったのはコレ(も)原因のひとつだな…。
  
【準備】

配布物など。
ステッカーや参加賞のタオルなど。タイミングチップも入っておりました。忘れそうだなぁ…
 
 【準備】
タイミングチップを忘れたくなかったため、バイクのトップチューブに付けておきました。これなら忘れないぜ。

今回はトップチューブにジェル2つ。DHバーの間に挟むボトルは水としました。
 
【この日も無事に(?)終了】
ヘルメットとゼッケンナンバーも準備完了。
 
頭痛が酷かったため、19時30分過ぎに就寝し、あっさり入眠。かなり辛かったようでした。「明日、大丈夫かな…」と少々心配でになりつつ、この日は終了となりました。お疲れ様でした。