[「鉄人番付」~run on and on~ ]2日目(大田原マラソン、レース当日)

前回の続きです。
 
【起床】
2018年11月23日。
7時過ぎに起床。

f:id:T347:20181123082337j:image

この日は良い天気で、マラソン日和でした。
 
【朝食】

f:id:T347:20181123072640j:image

とりあえず朝食を…。
 

f:id:T347:20181123072525j:image

普通に食べました。
レースは10時スタートなので、「普通に食べて大丈夫」と判断。コーヒーは3-4杯ほど飲みました。
 
【出発】

f:id:T347:20181123082952j:image

8時30分にホテルをチェックアウトして、会場の美原公園に向けて出発しました。
 
空気は冷えていましたが、風が無かったので、寒さはあまり感じず。
 

f:id:T347:20181123083145j:image

那須塩原駅にはスタッフさんが看板を持って、シャトルバスの案内をしていました。この大会は前日受付は無く、ゼッケンやタイミングチップ等は事前に郵送されるため、当日入りする選手は多いかも。
 
シャトルバス】

f:id:T347:20181123083201j:image

駅西口のロータリーで大型バスが待機してました。
シャトルバスの時間は7時〜9時と、ザックリした時間はありますが、何分ごとに出発…とかはよく分かりませんでした。30分とか、それくらいじゃないかな…。あと、満席になったら…とか。
 

f:id:T347:20181123083317j:image

キングカズシートで。
別にこだわりがある訳じゃないんですが、決めておけば考えなくて済むので。楽チンしたいだけです。
 

f:id:T347:20181123085453j:image

出発(・∀・)!
ちなみにシャトルバスの料金は無料で、予約の必要も無し。席はガラガラでした。みんな乗らんの(・ω・)??
 
【美原公園】

f:id:T347:20181123090930j:image

那須塩原駅から約20分で到着。
 

f:id:T347:20181123091044j:image

かなり多くの選手が、トラックでアップをしてました。シャトルバスがガラガラだったのはそういうことだったこか(゜д゜)
 
【in会場】

f:id:T347:20181123091213j:image

9時くらいに会場の美原公園陸上競技場に到着。
 

f:id:T347:20181123091302j:image

スペシャルニーズ(ドリンクのみ)の受付がありました。
「随分と置ける場所が多いんだなぁ(゜д゜)…」と不思議に思ってました。こういう大会はかなり珍しいです。
 
【手荷物置き場】

f:id:T347:20181123091340j:image

会場にある体育館。選手がたくさん。
 

f:id:T347:20181123091427j:image

この共用荷物置場って所に大きな荷物を置いておきました。
 
【最終準備】

f:id:T347:20181123092022j:image

準備準備(・∀・)
といっても、ここでやったことはゼッケンを付けたくらいでした。
 
ゼッケンは前後に付ける必要がありました。
もってきたゼッケンベルトは片方のみ留められるタイプ。仕方ないので、もう片側は安全ピンで留めておきました。
 
「皆生トライアスロンで買ったゼッケンベルトは前後に紐があったな…あれ持って来れば良かった…失敗したなー。」とか思ったり。
 

f:id:T347:20181123092511j:image

スマホとお金は、別途貴重品預かり所でお世話になることにしました。
 

f:id:T347:20181123093847j:image

机にあるビニール袋に物を入れて、タグを付けて、預けました。
 

f:id:T347:20181123093117j:image

さてさて、コスプレ無し、マジモードのフルマラソンの始まりです。
 
【コースマップ】

f:id:T347:20181129215401j:image

42.2kmのワンウェイコース。JAAF公認コースです。
 
【高低差マップ】

f:id:T347:20181129215407g:image

前半は下りで後半は上り。
後半は上りに加えて、向かい風との戦いとなりました。(今年たまたまなのか、毎年恒例なのかは不明)
 
【スタート】

f:id:T347:20181123095143j:image

スタートカテゴリーは厳密に管理されており、ゼッケンに書かれたアルファベットと違う所にいたら、スタッフ(審判員)さんに「正しい所に行ってください!」と注意をくらいます。くらってる選手が数人いました。
 
私はBカテでした。
なので、Bカテゴリー(フィニッシュタイ厶目安:3時間〜3時間30分)からスタート。
 

f:id:T347:20181123100516j:image

序盤は調整区間
こんな感じで密集ランでした。参加選手数はそんなに多くは無いんですが、序盤のコース幅が狭いため、このような状態に。
 
「もうちょいペース上げたいな…」
全体的に余裕がありました。コンディションは悪く無かったです。珍しい。
 

f:id:T347:20181123103053j:image

6km過ぎに初っ端のエイドステーション。
水とスポーツドリンクだけでした。この時は、その事について全く気にすることは無かったですが、後々「マジかよー(x A x)」と思うことに。
 

f:id:T347:20181123104540j:image

スペシャルニーズは長々とありました。
「なんでスペシャルニーズなんて用意するんだろう(・A・)」と、とても不思議に思っていました。
 
これも後々、その理由が分かりました。
 

f:id:T347:20181123110152j:image

「あ、この景色良いなー」と思って、思わずカメラで撮った所。
 
JAなすの花園倉庫(12.7km)のちょっと先くらいの所だったと思います。ここは、ちょっとした坂道で、上り坂でペースを落とさないように気をつけました。
 

f:id:T347:20181123112327j:image

マップ上の「マラソンコース折り返し地点」という所で、コース上でランナーがすれ違う、唯一の場所。
 
コースに擦れ違う所があるレースは、この折り返しコーンが待ち遠しいんですよねぇ。待ち遠しいかったです(笑)
 

f:id:T347:20181123113800j:image

中間地点、21.1kmまでやってきました。
 

f:id:T347:20181123113806j:image

中間地点で記念撮影。
脚力、スタミナ共に余裕があり、「こりゃ自己記録(3時間21分)更新は余裕だわー!」なんて、思ってました。
 

f:id:T347:20181123120507j:image

この27km前から続くこの道。
見た感じはフラットですが、若干上り。
この日は北からの強烈な風が吹いており、急な上り坂を走っているようで辛かったです。
 
「向かい風がキツイ…ペースが落ちる(・д・;)」
確かにここでペースが落ちてきましたが、とはいえ、ここ27km終わった時点で、「フィニッシュタイム・3時間15分」が色彩ある絵として完璧に描けていました。
 
【大失速】

f:id:T347:20181123124844j:image

顔色がやばい(゜д゜)
 
なんと30km地点で大失速。
向かい風に負けたか!?脚が足りない…そうじゃない。
 
大失速時、感覚として認識出来たのは「空腹」。どうやら、エネルギー切れを起こしてしまったようでした。
大田原マラソンは硬派なレースということもあり、全てのエイドで給食は無く、スポドリと水のみ。
 
スペシャルニーズを用意するのは、そのためか…」
補給を疎かにした(というか知らなかった)、完全なミスでした。
 

f:id:T347:20181123131708j:image

トボトボ前に進み、なんとかここまでやって参りました。あと2kmちょっと(・A・)…。
 
怖かったですねぇ…。
「こんなに身体がフリーズするんかいな(x д x)…」と、肌で感じ、補給の大切さを改めて学びました。
 
途中、救護所で休んだり、足を完全に止めたりしつつ、前へ進みました。
でも、脚が攣ったとか、疲れたとかではなく、エネルギー不足が原因だったため、休んだ所で回復するものではなかったです。
 

f:id:T347:20181123132633j:image

美原公園陸上競技場に帰ってまいりした。
ここで一安心。「仮に倒れても大丈夫だ」って(苦笑)
 
【フィニッシュ】

f:id:T347:20181123133100j:image

辛うじてフィニッシュ。
力技でなんとかサブ3.5にねじ込みましたが、レース後が大変。
 
凍えるような寒さと、絶え間ない吐き気は、ノロウィルスにかかったみたいでした。(経験者は語る(笑))
 
【リザルト】
f:id:T347:20181130072748j:image
25km地点まで(下り坂も手伝って)キレイにネガティブ・スプリット。
 
後半にスピードを上げていくのは、感覚的に「面白い」と思いました。
ペースが落ちてきた選手を拾って抜き去る。
普段はチンタランナーの私にも、その快感はありますよー、そりゃあ(・ω・)
 
ショートトライアスロンのラン10kmと、フルマラソンのペースが変わらんのは、「追い込むのが苦手」なんだと思います。つまり、自分に甘い(苦笑)
 
ちなみに、男性で3時間、女性で3時間30分を切ると、特別なリザルトを貰う事が出来るとの事でした。
 

f:id:T347:20181123133343j:image

レース後、水や菓子パン、トマトジュースなどを受け取り。
 

f:id:T347:20181123133742j:image

なめこ汁の食べ放題。
とにかく身体にエネルギーを注入せねば…でも吐き気が邪魔をしてきました。辛かったです。
 

f:id:T347:20181123133804j:image

美味しゅうございました(・∀・)
ただ、これでは全くエネルギーは足りず…。
 

f:id:T347:20181123133906j:image

完走賞のTシャツを受け取りました。
 

f:id:T347:20181123133912j:image

ゲット(・∀・)
Oサイズは数が少なかったです。MとLが多かったかな。
 
あと、女性ランナーは何か別の完走記念品がありました。化粧水とかボディーソープだったっけかなー。とにかく何か貰ってました。
 

f:id:T347:20181123134002j:plain

すんげーピンボケだ…。
預けた貴重を受け取り、着替えへ。 
 
【着替えた】

f:id:T347:20181123135143j:image

顔色が超悪い(゜д゜)
レース後、ちょっと休んだんですが、寒気と吐き気が収まることはありませんでした。ただ、ここに留まっている訳にもいかないため、とりあえず出発することに。
 
【さらば大田原マラソン

f:id:T347:20181123141057j:image

シャトルバスに乗って、那須塩原駅へ。
待ち時間は5分くらい。風も強く、モーレツに寒かったので、すぐバスに乗れて助かりました。
 
シャトルバスは他にも西那須野駅行や各温泉行がありました。温泉からも各駅へのシャトルバスが出ているため、自動車が無くても安心。
 

f:id:T347:20181123144602j:image

14時40分くらい。那須塩原駅に到着。
ラソン終わりの選手たちが乗車券を求めて並んでいました。自分の走力と相談して、予め買っておくとラクだと思います。
 
多くの方々は上り方面を買っているみたいでした。
 

f:id:T347:20181123145631j:image

ゲット(・∀・)
私は仙台にいる友人と会うために、下り方面の切符を買いました。
 
「なんにが何でも座りたい!!」ということで、指定席。
指定席の座席数は余裕があったので、自由席もそれなりに空いてたかも…。
 
【フィニッシュ後のアレ】

f:id:T347:20181123145615j:image

NewDaysカップラーメンとサイダーを購入。
吐き気の中でこれを食べるのは一苦労でしたが、「食べなきゃ治らん!」と思ったため、胃に流し込みました。
 
これを食べた数分後。
見事に回復し、寒気も吐き気も無くなったのです。やはり身体の中のエネルギーが無くなってたみたい。
 
【出発】

f:id:T347:20181123152435j:image

15時26分発の仙台行きに乗車。
顔色が復活しておりますねぇ(笑)
 
【in仙台】

f:id:T347:20181123162900j:image

16時30分頃に仙台駅に到着。
この駅を降りたのは初めて…おっと、じゃなかった(・ω・)
 

f:id:T347:20181123162715j:image

仙台駅にはたくさんの人たちがいました。
3連休だからなのか、そもそも仙台には人が多いのか。
 
【フィニッシュ後のアレ2】

f:id:T347:20181123163232j:image

ホテルにチェックインする前、ちょっとだけ腹ごしらえすることにしました。
 

f:id:T347:20181123163739j:image

美味そう(゜д゜)
 

f:id:T347:20181123164628j:image

美味しゅうございました(・∀・)
 
【ホテル到着】

f:id:T347:20181123173308j:image

無事にチェックイン完了。
仙台駅近くの東横インで、一昨日に予約を取ることが出来ました。しかもちょー安かったです。
 
連休初日ということもあり、仙台駅周辺は高額だったんです。直前まで予約せずに粘ったかいがありました。
 
【食事会】

f:id:T347:20181123203300j:image

友人と合流して、多賀城市にある「鳥善」っちゅー所で、食事会とトークを堪能しました。卓球のラリーのように会話が続く友人ってのも珍しい。性格や思考の温度が似ているとラクです。
 
改めて、「みしなっち、その(柔らかい筋肉をまとった)身体なら(今のままで)もっと速くなるから、テクニックを覚えなさい。」と忠告を貰ってしまった…。
 
【この日も無事に終了】

f:id:T347:20181123214248j:image

21時30分にホテルに帰ってまいりました。
 
カゴメトマトジュースを片手にこの日も終了。
レース後の吐き気と寒気には参りましたが、結局はカロリー不足で、食べれば即回復しました。そして足も残っている雰囲気があり、「(自己記録が狙えたのに)惜しかったなー」とちょっと反省。
今年はもう1回だけフルマラソンを走るので、そこではちゃんと補給食を用意しよう…。
 
22時30分には就寝。
この日もお疲れ様でした(・∀・)