[防府読売マラソン]2日目(レース当日)

前回からの続きです。
 
2018年12月16日(日曜日)。
 
【起床】

f:id:T347:20181216080005j:image

7時30分に起床。
 
朝は曇り空でしたが、予報によるとこの日は雨。「なんだよー知らなかったなぁ。雨具を一切持ってきとらんがな(・A・)」と、ついついボヤいてしまいました。
 
【朝食】

f:id:T347:20181216080430j:image

和食。朝食付きプランの宿泊でした。
 
いただきます(・∀・)。 残さず完食しました。
 
【出発】

f:id:T347:20181216091922j:image

9時15分に出発。
パッと見はワカランですが、すでにランニング用のウェアを着ておりました。
 
まだ雨は降っていませんでしたが、これは時間の問題か…。
 

f:id:T347:20181216092232j:image

徳山駅に到着。
図書館はすでにオープンしていました。読書家の朝は早いなぁ。
 

f:id:T347:20181216092738j:image

9時29分発の電車に乗って防府駅へ。
「選手でごった返すかな?」と思ったんですが、案外空いていました。
 
【in防府駅

f:id:T347:20181216095611j:image

防府駅の改札口前には駅員さんからの方言(?)によるメッセージがありました。
 

f:id:T347:20181216095829j:image

本日も無料シャトルバスで会場へ。
このシャトルバスは8時30分〜10時30分で運行。早く行っても、遅く行っても乗れて、とても便利…なんですが、メチャ並んでいました。
 
そしてここで並んでいたら、雨が降ってきました。やっぱり降るのね(・ω・)
 

f:id:T347:20181216101745j:image

見ての通り、だいぶ雨が降ってまいりました。
 
バスに乗っていたら、左手首が変な痛みをしだしましたが、気がついたら治まってましたが。何だろ…ある種の懐かしい痛みだったため、骨折の後遺症かも。
 
【inソルトアリーナ防府

f:id:T347:20181216103317j:image

10時30分過ぎにソルトアリーナ防府に到着。
雨もしっかり降っておりました。「雨レース、決定だな…」腹を括った瞬間。
 
自衛隊のトラックが待機してました。
 

f:id:T347:20181216103501j:image

出店がちょこっとだけ増えてました。
 

f:id:T347:20181216104845j:image

荷物置き場ですが、ソルトアリーナ防府に入ってすぐの所(トレーニング室の目の前)とか。
 

f:id:T347:20181216105342j:image

もしくは体育館とか。私はこっちに置きました。
 
【貴重品】

f:id:T347:20181216154007j:image

貴重品は別途預かってくれました。
この袋にゼッケンナンバーと名前を書いて、ガムテで封印。
 

f:id:T347:20181216105715j:image

預ける場所は体育館の端っこ。
スマホと金銭を預けておきました。これで仮にカバンが無くなっても、帰ることができます(笑)
 
【準備】

f:id:T347:20181218194108j:image

シューズにタイミングチップを付けたり、ウェアを着たりってのはホテルで済ませていたため、ここではゼッケンナンバーを付けたくらい。
 

f:id:T347:20181216105643j:image

ゼッケンは安全ピン留めにしました。
ゼッケンベルトはレース中にズレるため、その都度向きを修正せねばならないのです。
 
今回はその手間を無くしました。おぉ、かなり本気モードだ、あたし(゜д゜)。
 
【補給食】

f:id:T347:20181218194029j:image

防府読売マラソンのエイドはスポーツドリンクと水のみ。
そして私はユーノスコスモ並に燃費が悪いため、この大会では補給食が必須ですので、100kcalを3つ携帯することにしました。
 
これで大田原マラソンで起こったような失速とはオサラバだ(・∀・)
 

f:id:T347:20181216113854j:image

体育館で軽くストレッチをした後に出発。
と、書いてますが、貴重品を預けた後、だいぶ時間が余り、グダグダと過ごしていました。雨が降っていたので、雨宿りしていたのです。
 

f:id:T347:20181216114612j:image

ソルトアリーナ防府のロビーのテレビ。
山口県では本大会のテレビ中継もありました。
 

f:id:T347:20181216114415j:image

そうそう、ここソルトアリーナ防府は、セルビアバレーボールチームの東京五輪前合宿地なんだそうな。
 

f:id:T347:20181216114529j:image

美人さんが多いです。よし、セルビアを応援しよう(・∀・)
 

f:id:T347:20181216115250j:image

スタート(とフィニッシュ)地点である、ソルトアリーナ防府横の陸上競技場にやってまいりました。ここに来たのは、スタート15分前くらいかな…。
 
寒そうでしょ?
この時はまだそんなに寒くなかったです。もちろん雨には濡れていたんですが、風がなかったのが救いでした。
 

f:id:T347:20181216115814j:image

陸上競技場のトラック横にはお手製のノボリがお出迎え。
 

f:id:T347:20181216115800j:image

神奈川県もありました。
 
さてさて、2018年最後のレースが開始です。
 
【コースマップ】

f:id:T347:20181219203503p:image

距離は42.195km(日本陸連及び世界陸連公認)。
コースの説明が難しいですが、前半は所々をグルッと循環し、後半はワンウェイ往復です。
 
アップダウンはあまり無く、坂道は橋っぽいところを渡る時くらい。ゆっる〜い坂はありますが、ほぼフラットで走ってて気にならない程度でした。
 
【スタート】

f:id:T347:20181216120409j:image

「(スタートまで)残り10秒、on your mark……パン(・∀・)」でスタートしました。
 
「よし、今日からランニングフォームを変えよう!」
急に物事を決めて、ガラッとフォームを変える(上田藍女史スタイルにする)ため、下半身ではなく、上半身に全ての意識を集中させました。
 

f:id:T347:20181216124207j:image

ちょーブレてる(・ω・)。
約8kmの最初の一回りが終わり、ソルトアリーナ防府に戻ってきた所。
 
ペースは約4分30秒/km。
上半身で走ることで、脚に疲労を感じませんでした。ただ、上半身が硬直する感じはあったので、時々エイドステーションでガッツリ徒歩。歩けば力が抜けて、硬直感もなくなりました。
 
【中間点(21.1km)】

f:id:T347:20181216133907j:image

ひたすら上半身に意識を集中させ、寒い中、中間点までやって参りました。
 
周りには若いゼッケンナンバーが多かったのと、前方集団に追いつき、それを自然と抜くことが出来た状況に、調子の良さが伺えました。どーした、オレ(゜д゜)
フォーム変更は正解だったのか?
 
ガン(グロス)タイムで1時間37分12秒。
ネットタイムでは1時間36分台と、フルマラソンでの中間点タイムとしては自己新。この時、「こりゃー100パー自己新だわー(・∀・)」と確信していました。
 
【約30kmの折返し地点】

f:id:T347:20181216141939j:image

寒さが増す中、ペースが落ちることなくここまでやって来ました。
 
大田原マラソンでは27km地点で失速しましたが、今回はそうならず。
「また失速したらヤダなぁ」と悪いイメージが残っていたので、それに打ち勝つことが出来て一安心でした。
 
ここに到達した時にら明らかに脚は残っており、「仮に失速して5分/kmでも自己新。こりゃー120パー自己新だわー(・∀・)」と、超楽観してました。
 
【残り4km】

f:id:T347:20181216150308j:image

ここで完全に止まってしまった…。
 
35km前後でペースが一気に落ち、残り4kmの所で脚が完全に止まりました。
意識が薄くなって目を開けて走るのも辛く、無意識に奥歯で舌を噛み噛みしてたし、クチが「イー(・皿・)」ってなったので、ガス欠か…。ちなみに携帯していたジェルはテキトーに食べ、既に品切れ状態でした。
 
「なんだよー、300kcalじゃ足りなかったか…」
私の体重から考えると、300kcalでは4km弱くしか補えないじゃないか。んー、でも今まで(去年、一昨年)は大した補給もせずに、どうやってフルマラソンやロングを走っていたんだろ…。
 
【残り1km】

f:id:T347:20181216151922j:image

止まったり走ったりの繰り返しで約1km。
動けば5分/kmくらいで走れたんですが、意識が遠くなると、走り続けるのは困難でした。
 
気温も下がり、身体もすっかり冷えてしまい、深呼吸やため息とかが多くなってたな…。
 

f:id:T347:20181216152213j:image

ということで、ソルトアリーナ防府横の陸上競技場に帰って参りました。
ここに帰ってきたくらいから、身体が再び動くようになってきました。補給タイミングをミスったのかもしれません。
 
【フィニッシュ】

f:id:T347:20181216152621j:image

目を瞑ってる(・ω・)…。
フィニッシュ後はまだ脚は残っていたようで、淡々と歩けたし、走れちゃいました。勿体ない(・A・)
 
【リザルト】

f:id:T347:20181216160101j:image

目標のひとつだった別府大分越えはというと、、。
ガンタイムは24秒早く、ネットタイムは5秒だけ遅かったです。残念無念(・ω・)
 

f:id:T347:20181216160501j:image

30km地点まではパーペキでした。35kmまでもまぁなんとか…。それ以降は止まった分がそのまま足されました(苦笑)
 
【後片付け】

f:id:T347:20181216154148j:image

体育館に置いてあった荷物に帰ってまいりました。
貴重品もピックアップして、濡れたウェアを脱ぎ捨てて着替え。
 

f:id:T347:20181216160017j:image

着替えを終えて、改めてフィニッシュ記念写真。
 
【フィニッシュ後のアレ】

f:id:T347:20181216160121j:image

選手には受付時に「うどん1杯無料券」を貰っていたため、まずはここで腹ごしらえをしました。
 

f:id:T347:20181216160934j:image

牛肉うどんか。
 

f:id:T347:20181216160955j:image

天ぷらうどんか。
 

f:id:T347:20181216160554j:image

作ってる作ってる(・∀・)!
 

f:id:T347:20181216160614j:image

私は牛肉うどんをチョイスしました。
美味しゅうございました(・∀・)
 
【さぁ帰るか】

f:id:T347:20181216161141j:image

ここでゆっくりも出来ませんでした。
19時15分山口宇部発のJAL便が私を待っているのだ(゜д゜)
 
無料シャトルバスで防府駅へ。
ちょこっとだけ並びましたが、いくらかのバスが会場に待機していたので、すんなり乗れました。
 
【in防府駅

f:id:T347:20181216163145j:image

20分くらいで防府駅に着きました。
この時の時刻は16時30分。
 

f:id:T347:20181216164336j:image

「時間があったらラーメンでも食べに行こう(・∀・)」と思っていたら、16時52分の電車に乗らないと、飛行機に間に合わなくなりそうだったので、仕方なく諦めました。
 
電車の本数が少なく、次の電車に乗ると、草江駅に18時52分着だったんよねぇ…。ダッシュすりゃあ間に合いましたが、お土産買えなくなるし、そりゃちょっと厳しいよって。
 

f:id:T347:20181216164344j:image

切符を買って電車へ。
 

f:id:T347:20181216175502j:image

18時前に山口宇部空港の最寄り駅「草江」に到着。
 

f:id:T347:20181216175750j:image

とりあえず、飛行機には間に合いました。
 

f:id:T347:20181216180126j:image

私はスキップだったので、特にカウンターにはお世話になりませんでした。
 
OS-500を預けている人がいましたが、チャリに乗って応援でもしていたんだろうか?
 

f:id:T347:20181216184740j:image

またここに来ました。
食事出来るところはこことココス、それと小さな蕎麦屋の3つくらいしかありませんでした。
 

f:id:T347:20181216181414j:image

海鮮丼とフグのたたきをチョイス。
美味しゅうございました(・∀・)
 

f:id:T347:20181216182017j:image

あさりうどんを追加しておきました。これ美味しかったなぁ。
 
エンゲル係数が高くなるのでこれでおしまい(笑)
 
【さらば山口県

f:id:T347:20181216184616j:image

焼酎ハイボールを片手に出発ロビーにて。
 
ゴハンを食べて、お土産を買ったら、あっという間に搭乗時間になってしまいました。今回、想定していたよりも時間マージンが無く、慌ただしかったです。
 
【in羽田空港

f:id:T347:20181216211038j:image

無事に帰って参りました。これにて防府読売マラソンはおしまいです。
 
雨の中、お疲れ様でした(・∀・)
 
【あとがき】

f:id:T347:20181219210148j:image

後日談。

レース翌日から3日間、太腿四頭筋がモーレツな筋肉質となりました。フォームを変えたことで歩幅が広くなり、ひと着地の負担が増えたことが起因していると思われます。

4日目には走ってみたものの、まともに走れたのは3kmくらい。こんなにダメージが残ったのも久々でした。これは私にとっては喜ばしいこと。

 

ラソンを「ただ楽しむ」から「記録を狙う」に方向性を変えたことで、ほんの少しだけマラソン熱が再燃したようです。走ってる最中、「クルマよりも身体を運転してる方が興味深いな」と思ったのが、着火のフラグでした。

 

何はともあれ、2018年に出た「別府大分」、「大田原」、「防府読売」と硬派なフルマラソン大会に(途中ベルリンに寄り道)、全て関門引っかかることなく、無事完走。お疲れ様でした(・∀・)