[POWERMAN Asia Championships Malaysia]事前準備

この記事は2019年3月2日(土曜日)〜3日(日曜日)にマレーシアで開催されました「POWERMAN Asia Championships Malaysia」(Joint Event:「2019 Putrajaya ASTC Powerman Middle Distance Duathlon Asian Championships」)となります。
 
 
日程はこんな感じ。
・1日目(2019/3/1(金)-2(土))
移動日。受付。バイクチェックイン。
 
・2日目(2019/3/3(日))
「POWERMAN Asia Championships Malaysia」レース当日。
 
・3日目(2019/3/4(月))
帰国日。
 
少々の弾丸でした。どうぞお付き合い下さい。

 

f:id:T347:20181227193007j:image

「POWERMAN」というのは、ミドルorロングディスタンスデュアスロン(ラン→バイク→ラン)の世界シリーズ戦です。
 
世界各地で開催されており、年によって場所と日程に変動はありますが、2019年はこんな日程で開催されています。
2月米国(アリゾナ)、スペイン、
3月マレーシア、ギリシャ、ハワイ、
4月ドイツ
5月米国(ミシガン)、デンマーク
6月インドネシア、スイス(トラムラン)
9月スイス(ゾーフィンゲン)
2020年1月パナマパナマ
 
※ちなみにPOWERMAN、日程が突然変わることがありますので、公式サイトが出来て、エントリー完了するまでは、旅程を組まない方がよろしいです。
 
現在、POWERMANに出るような日本人エリート選手は、沢田愛里選手だけだと思います。ネットの記事を見たくらいで、会ったことはありませんが。(今回、軽く挨拶する事が出来ました)
 

f:id:T347:20181206073447j:image

今回は「出る」ありきです。
 
単にPOWERMANに出てみたかったのです。それに、マレーシア(クアラルンプール)は行き慣れており、下調べや渡航先の準備が全く必要無く、「現地対応がラク」だったという事情もあります。
 
【Putrajayaの場所】

f:id:T347:20181226074442j:image

開催地「Putrajaya」は、首都クアラルンプールから南に約25kmの所。
最寄り空港はクアラルンプール国際空港となります。
 
このPutrajaya、政府系のオフィスが主にある都市です。新首都構想があるらしいですが、どこまでどーなったのかはよく分かりません。
ちなみに一昨年くらいにはIRONMAN 70.3 Putrajayaが開催されていました。「2018年には絶対出たろ!」と思ったら、去年からディスコン(discontinue)となってしまいました。残念。

www.ironman.com

 
【賞金】

f:id:T347:20190118074238j:plain

「POWERMAN Asia Championships Malaysia」はエイジにも賞金が出ます。
1stで約45,000円。遠征費の足しになるかと思ったら、貰えるのはマレーシアリンギット
 
ちなみにエリートのはドルなので、1stで約13万円。
 
【エントリー】

f:id:T347:20181206073748j:image

公式HPが2019年用になった2018年10月23日、エントリー開始となりました。
 

f:id:T347:20181205075015j:image

無事にエントリーを完了。出る気満々(・∀・)
 
アーリーエントリーならば料金が安かったので(込み込み12,000円程度)、早くエントリーするのは良いことです(笑)
 
【エアチケット】

f:id:T347:20190111133817j:plain

元々、全日空のマイルで行くつもりでしたが、エアアジアのエアチケットがかなり安かったため、それで行くことにしました。
なので、余ってるマイレージは別の遠征で使う事に。
 
【バイクパッキング】

f:id:T347:20190305004611j:image

MTBに比べたらなんてことはない。あっさりパッキング出来ました。ちなみに「鴉-karous-」です。ロードバイクの「鴉 弐式-karous SE-」じゃないです。

ちなみにケースはパイクポーターproです。

 

QBICLE(キュービクル) eco-trolley

QBICLE(キュービクル) eco-trolley

 

 

【スタートリスト】

f:id:T347:20190228102625j:image

2019年2月27日、メールでスタートリストが送られてきました。
 
あれ、俺M30(30-34歳カテゴリー)になってる(゜д゜)。どうやら実年齢カテゴリーみたいでした。
まぁ確かにレース当日は34歳なので、合ってるっちゃあ合ってますが、普通はM35な気がします。まぁ良いか。そして、これは勝利へのチャンスだ(・∀・)。年代が上がると参加者も多くなり、タイムも早くなるので。
 
事前準備はこれにて終了。
あとは現地にいる友人に「行くから!」の一言。友人もPOWERMANにエントリーしたとのことでした。そんなもんだ。