[Mooloolaba Triathlon Festival]1日目_移動

前回からの続きです。

 

2019年3月14日(木)。

From Nippori Station on Thursday.
 
今回は日暮里駅からスタートです。
この日の仕事を終え、ここから京成スカイライナーで成田空港まで行きました。
 

To Narita international airport (NRT) by Keisei Sky Liner🚄
 
日暮里駅16時25分発の京成スカイライナーに無事乗車。この電車に乗るのは初めてでした。乗る機会がないというか、鈍行の倍額払って乗るのは(私にとっては)勿体ないな…と思うので。
 

get on the train.
 
乗客は少なかったです。
平日の夕方前だからかもしれません。足下にコンセントがあり、スペースも広くて快適でした。ラックの荷物置き場にバイクケースを載せようと思えば載せられるかも...でした。止まる駅は限られているので、「ドーン」って置いても、そんなに迷惑にもならないだろうし。
 
【in 成田空港 第2ターミナル】

get to Narita international airport (NRT).
 
17時1分到着。
さすがに早い。余裕を持って成田空港に着くことが出来ました(・∀・)
 
【in 出発ロビー】

departure floor in Terminal 2.
 
ワンワールド系の航空会社がある第2ターミナル。
このロビーには久しぶりに来ました。子供の頃によくここに来ましたが、昔からあんまり変わらない気がします。でも綺麗だから、定期的にメンテしていると思われます。
 

pick up my bicycle.
 
兎にも角にもバイクを引き取らねば…。
ということで、出発ロビー(3F)の端っこにあったJAL ABCにやってまいりました。
 

it's ok.
 
無事にゲット。
ちなみに配送料は約4,500円也。経験済みなので知ってはましたが、事前発送はやっぱりラク
 

photo before check-in.
 
出発(南口)ゲート前で記念撮影。
たまたまゲート前にいた女の子に撮ってもらいました。ありがとうございます。
 

my flight was delayed :(
 
19時30分発・ブリスベン行きのフライトは機材到着が遅れたため、10分遅延することが決まっていました。特急列車で来なくても、間に合ったかもな…。いや、乗れなかった時のコストに考えれば、特急列車が正解だ(・ω・)
 

for check-in.
 
荷物を預けるため、チェックインカウンターへ向かいました。
 
カンタス航空のカウンター、えれー並んでるがな(゜д゜)…。
大学生の卒業旅行っぽいグループや、課外学習っぽい高校生グループがたくさんいました。
 

Qantas Airline.
 
私はオンラインでチェックインを済ませていたことあり、大行列をスルーすることが出来、ここに着いた瞬間にカウンターへ案内されました。
 
カンタス航空の手荷物基準は個数に関係なく、その総重量が30kgまで無料。
バイクケースは約21kgで無料範囲内に収まり、リュックも預けることは可能でしたが、大した荷物ではなかったため、機内持ち込みにしました。
 

get the Boarding Pass.
 
発券(・∀・)!
B席で「これ、真ん中じゃね??」と思ったので「すんません、通路側にして下さい(・ω・)。」と言ったら、「それ、通路側ですよ(・∀・)」と。カンタス航空のアプリって、窓/通路側のリクエストは出せるけど、座席指定は出来ないのと、後々の座席変更が出来たり出来なかったりしました(往路は座席指定不可、復路は出来ました)。あれ、なんでだろ。
 
ちなみに激安チケットだったため、マイルは貯まりませんでしたが、これは想定内でした。
 

drop off my bicycle case.
 
バイクケースは大型荷物専用窓口で。
今回もスタッフのおねーさんに運んで貰い、雑談しながらここにやってきました。「よく海外に行くんですか(・∀・)??」とか。
 

X-ray inspection.
 
X線検査機に吸い込まれていくバイクケース。
「随分キレイな検査機だなぁ…」と思ったら、第2ターミナルにある検査機は卸たてなんだそうな。見えちゃいけない物も見えそう。いや、そんなものは入ってないけど。
 

lounge in NRT.
 
発券と手荷物を預け終え、時間が余ったので、夕食を取ることに。
 

for dinner.
 
時間が時間だったこともあり、どこも混んでいましたが、空いていた所をチョイス。
 

chicken cutlet.
 
ご飯、キャベツ、シジミの味噌汁はおかわりしました。ごちそうさまでした(・∀・)
 

application for insurance.
 
今回は保険に入っておくことにしました。
空港で買える保険は入ったり、入らなかったりマチマチです。自分の中で基準があって、今回は基準を超えたため加入となりました。
 

insurance documentation.
 
実際お世話になることは殆どないんですが(たまにはある)、お守りみたいなものです。
 

go to boarding.
 
保険も加入したし、ぼちぼち出発することにしました。
 

before boarding.
 
やはり学生っぽい人が多かったです。
私も卒業旅行に行きましたねぇ、一人で。そして卒業式の日にも帰国しませんでした。なので、式には出ませんでした。
 
昔からあんま変わってないな、私。
 

gameboy advance SP. Nostalgic.
 
隣に並んでたオーストラリア人のにーちゃん、懐かしいものを持ってました。挿さっているカセットがゲームボーイだし。
ゲームもたまにやりたくなりますが、今となってはそんな時間はどこにもないです。
 

Good Bye Japan.
約8.5時間のフライトでいざブリスベンへ。
 
【in オーストラリア】

Good Morning, Australia😍 on Friday.
 
15日(金)の朝。
飛行機の中で機内食を食べ、すぐに寝て、気がついたら到着する寸前でした。とはいえ、浅い睡眠だったこともあり、恒例の頭痛はありました。夜行はこれだからなぁ。
 
ブリスベン空港は3年前くらいに一度来たことありましたが、外観などは何一つ覚えてなかった。最近忘れっぽくなったのぅ。
 

Wellcome to Brisbane
 
着いてすぐにわかりました、暑いって(笑)
この時、ヒートテック着ていたんですが、早く着替えたかったですが、結局モーテルに着くまで着替えることはありませんでした。
 

Pick up my bicycle case.
 
私がBaggage Claimに到着した時、既に「Oversize Baggage」窓口のベルトコンベアに置いてありました。ちなみにブリスベン空港はBaggage Claimエリアの写真撮影がNGでした。スマホを弄っているのもNGで、それを見たスタッフに怒られました。
 

photo in front of arrival gate.
 
到着ロビーで自撮りしていたら、「撮ってあげようか??」と空港スタッフに言われ、お言葉に甘えて撮って頂きました。
 
【レンタカー】

apply for the rental car.
 
あらかじめ予約しておいたレンタカーをゲットすべく、到着ロビーにある各社レンタカーのカウンターにやってまいりました。
今回はEuropcarで借りたため、そのカウンターに行きました。
 
借りる前にここにあったソファーで30分くらい仮眠を取りました。私はとにかく寝たいんです、夜移動したときは特に(・ω・)
 

get the car key.
 
予約していたので、なんの滞りもなくレンタカーをゲットすることが出来ました。
この封筒一式がカウンターにあり、スタッフがこれを手に取って、簡単な手続きをしたくらい。デポジットで別途100ドルかかりました(何もなければ返ってきます)。
 

i'm coming rental car area.
 
「レンタカーは(そこのエレベーターから降りた)1Fの駐車場で、出て左側よ。」というスタッフの言う通りにやって来ました。 
 

notice board for rental car.
 
この案内掲示板に従って行ってみることにしました。というか、これを信じるしかない。
 

get to the Europcar area.
 
私が借りたレンタカーはB14ってところに止めてあるようだったので、そこに向かいました。
 

Hello, my rental car.
 
私の借りたレンタカーがポツンと置いてありました。
ヒュンダイのAccent、ハッチバック。オーストラリアでレンタカーを初めて借りましたが、ここにスタッフなどは一切おらず、システムとしては「カウンターでキーを渡したから、あとは勝手に乗っていって!」みたい。
 

probably new car.
 
まだ500km程度しか走っていなかった…全然新車でした。まだ新しい自動車の匂いがしたもん(笑)
 

drop off my baggage.
 
トランクにはバッグを突っ込んで…。
 

drop off my bicycle case on back seat.
 
後部座席にはバイクケースを突っ込みました。バイクポーターproなら余裕で載ります。無理やり突っ込めが、2個くらいいけそうだな。
 

Let's go to Mooloolaba!
 
8時過ぎ。
さて、Mooloolabaに向けて出発(・∀・)!!
 

get to Mooloolaba before afternoon.
 
モーテルのチェックインは正午から。
ブリスベン空港からMooloolabaまでは約1時間20分。早く行ってもモーテルにチェックイン出来なかったので、ドライブがてらサンシャインコーストに行ったりしつつ、正午前にMooloolabaに到着しました。
 

shopping before check in the motel.
 
Mooloolabaに到着したのが11時で、モーテルのチェックイン開始時刻ではなかったので、モーテル近くのスーパーマーケットで買い物をすることにしました。
 

coles.
 
オーストラリアの小売店。国内ならどこにでもあるようなチェーン店です。
 

buying large items.
 
自動車があるので、水とか牛乳などの大物を中心に買っておきました。ハンドキャリーだと大変なものを色々と。
 

Prepaid SIM of OPTUS. we can buy it anywhere in Australia.
 
オーストラリアの通信キャリアはVodafoneかTelstraかOPTUS。
前にオーストラリアに来た時はOPTUSのプリペイドSIMを買ったと思います。今回はThreeのグローバルSIMがあったので、それで対応しました。(ただし3Gのみ)
 
3Gはフェージング性能やハンドオーバーがよろしくないですし、EPCは欧州にあるだろうから、「スループットがちょっと低いなー」と思いましたが、それでも特に不自由なく使えました。といっても、状況によっては使ってても気になりませんが。
 

breakfast and lunch.
 
そういえば、朝食を食べるのをすっかり忘れていました。頭痛が支配的で空腹感は二の次だったので。
 
Colesで売っていたピザパンを買って、腹ごしらえしておきました。
 

walk around the town.
 
スーパーマーケット近辺をちょろっと散歩。
交通規制の看板とか。日曜日だけ制限ってことは、エリートのコースはここを通らないようでした。
 

signboard in the town.
 
レース会場近くの街中にはこういう看板が備え付けられていました。
 

carrying bicycles by the car.
 
バイクを乗せて走る自動車もポツポツといました。選手でしょうか。
とにかく暑かったです。30℃くらいでしたし、まだヒートテックを着てましたから。
 
【in Motel】

get to the motel in the afternoon.
 
散歩を終えて、ちょうど12時にここに到着。
チェックインを済ませた後、スタッフから「自動車でグルッと周ってきて。5分後に入れるようにするから!」と言われました。
 
「なんのこっちゃ(・ω・)?」と思ったら、「泊まる所は裏側で、そこの駐車へはグルッと周って入るのよ。」ということでした。
 

my room.
 
今回の我が家に到着。これだけ見たら、普通の家だわな。
 

kitchen in my room.
 
冷蔵庫はもちろん、電子レンジや電気ケトルなど一通りありました。包丁は無かったな、なんで無いねん(・ω・)
 

king size bed.
 
大の字で寝られるキングサイズのベッドは本当に至福です。早く寝たい(ーωー)...zzZ
 
【バイク組み立て】

Set up my road bike🚴
 
夜にはファンラン5kがあるため、早く仮眠を取りたかったんですが、バイク組み立てを後回しにすると自分の首を締めることになるため、眠い目を擦りつつ組み立て開始。
 

take it out from the case.
 
組み立て、組み立て(・∀・)!
 

finish to set up👍
My new RoadBike '鴉 弐式-karous SE-.
 
あっさりと組み立て完了。
この時の時間は13時30分。ここで力尽きて少し昼寝をすることにしました。そりゃー疲れるって(・ω・)
 
受付からは次回以降のエントリーで。