[津南ウィンタートライアスロン大会]事前準備

この記事は2019年4月6日(土)〜7日(日)、新潟で開催されました「津南ウィンタートライアスロン大会」となります。
 
・1日目(2019/4/6(土))
移動日。試走。受付。
 
・2日目(2019/4/7(日))
「津南ウィンタートライアスロン大会」レース当日。
レース後に帰路へ。
 
どうぞお付き合いください。
 

 

f:id:T347:20190222164110j:image

「世界が寄り添ってくる交流の楽しさ」、「クロカンのカッコ良さ」、そして「未来の嫁(Iazilia、ロシア代表エリート選手)がいる」という、わたし独自の三拍子が揃ったウィンタートライアスロン
 
ウィンタートライアスロンってのは、夏のトライアスロンに比べれば圧倒的にレース数が少なく、IRONMANやXTERRAみたいなシリーズ戦もない(少なくとも私は聞いたことがない)。
 
「ウィンタートライアスロンに出たい!」と興味を持ったとしても、そのレースを探すのが大変です。

日本にもいくつかのレースが存在します。
 

f:id:T347:20190407204456p:plain

新潟県長岡市の「越後ウィンタートライアスロン」。
今年は残念ながら、雪が少ないため中止となってしまいました。

f:id:T347:20190407204722p:plain

長野県飯山市の「タングラム斑尾」。
これは土曜日に体験会&クリニックが開催され、日曜日にちょっとしたミニレースが開催されます。

f:id:T347:20190407204629p:plain
岩手県雫石町の「ウィンタートライアスロンin雫石」。
世界選手権にも行った岩渕さんが経営するトライアスロンショップが主催で、こちらも定期的に開催されています。

以上のレース、そして今回の新潟県中魚沼郡津南町で開催される「津南ウィンタートライアスロン大会」くらいです。他にもあるかもしれませんが、あったら教えて頂きたいくらいです。
 
ちなみに競技は「スノーラン→スノーMTBクロスカントリースキー」です。
 

f:id:T347:20190407205017p:plain

長野県佐久郡の「氷上トライアスロン小海大会」もウィンタートライアスロンの一種ですが、こちらは競技は「クロスカントリースキー→ラン→スケール」で、大会独自規格のレースです。
 
【Québec ITU S3 Winter Triathlon World Cup

f:id:T347:20190407204122p:plain

ちなみにITU規格よウィンタートライアスロンには、「スノーラン→スノーMTBクロスカントリースキー」の他に、S3という「スノーシュー→スピードスケート→クロスカントリースキー」という競技もあます。

カナダのQuebecで毎年、「ITU S3 Winter Triathlon World Cup」が開催されています。
これが、「スノーシュー→スケート→クロスカントリースキー」のS3レース。
 

f:id:T347:20190407204043p:plain

そして、こちらがローカル(エイジグループ)のページ。
「へぇー、そんなのもあるんだ(・A・)」くらいに感じてくれればと思います。
 
【エントリー】

f:id:T347:20190301121629j:image

前置きが長くなりましたが、今年も津南大会が開催されることが決まりました。
それが2月くらいの話。4月開催ということを考えると、随分と直前に決まったことになります。どうしたんだろ??
 
当然のことながら、私も出ることにしました。
というより、4月上旬は津南大会のために空けてありますって(・∀・)。待てど暮せどエントリーフォームが出来なかったんですが、3月1日(金)にエントリー開始となりました。
夏のトライアスロンが約3〜6ヶ月前から募集をかけるのとは対照的に、ホント直前だ…。
 
今回はデュアスロンクラス。
デュアスロンは「スノーラン→クロスカントリースキー」の2種目です。夏のトライアスロンと違って、バイク(MTB)がなく、しかも「ラン→バイク→ラン」のように3パートではありません。

デュアスロンはエントリーフィーが安いし、MTBを持って行く必要もないし…」と思ったので、デュアスロンにしました。
世界選手権の選考基準は、先々月の世界選手権でクリア(するはず)なので、特にエリートクラスやレギュラークラスに出なきゃならないってことも無かったですから。
 
【宿】

f:id:T347:20190301212009j:image

この津南大会には、スキー場に併設されたホテルにウィンタートライアスロン専用プランが用意されており、しかも宿泊費が格安です。
 
予約はネットか電話で依頼すればOK。
宿代をケチりたかったので、ウィンタートライアスロン世界選手権のチームマネージャーだった三浦さんとの相部屋でお願いしました。
 
これで事前準備は終了。
ウィンタートライアスロン世界選手権から帰ってきて、MTBは組み立ててないし、クロカンも練習しに行かず。というか、板を袋から取り出してすらいない始末。
「マルチスポーツ世界選手権前だし、気楽にやるか…それに今回はデュアスロンだもの。」と逃げモード全開でした(苦笑)。
 
さて、どうなることやら(・ω・)…。