[ツール・ド・八ヶ岳]1日目(受付)

前回からの続きです。

athletetraveler.hateblo.jp

Regisration day.

この日は受付です。

 

【出発】

f:id:T347:20190413102607j:image

Let's go to Nagano pref by the car.
 
予定通り、自動車で長野県南佐久郡八千穂高原スキー場(受付会場)へ向かいました。
 
10時頃に自宅を出発。
 

f:id:T347:20190413131230j:image

breaktime.
 
途中、双葉サービスエリアで休憩。
自動車の運転ってのは、結構眠たくなるので、時々休憩しつつ向かいました。
 

f:id:T347:20190413131943j:image

lunch time.
 
双葉SAに着いたのは13時くらい。
お腹も空いていたため、昼食も食べる事にしました。普通の豚カツ定食。
 
八千穂駅】

f:id:T347:20190413144526j:image

Yachiho Station. nearest one from Start Area.
 
14時30分くらいにスタート地点に最も近い駅「八千穂駅」に到着。
なんだかんだで、自宅を出てから4時間半もかかってしまいました。結構遠かったなぁ…。
 
長坂ICを降りてここまで来たんですが、「なんか(この道中は)見覚えあるなぁ…」と思ったら、野辺山ウルトラマラソンで一度来ていました。
あの日は走った当日に運転して帰りましたが、正直言って自殺行為でしたねぇ…。
 
ちなみに「過労運転等」は減点25で一発免取りです。
 
さすがに過労を感じたら、私も途中でホテルに泊まります。過去にトライアスロン珠洲大会からレース当日に自動車で帰ろうとした所、途中で「もうダメ…」と感じ、富山で泊まりましたから。
 
【コース下見】

f:id:T347:20190413145245j:image

checking the course.
 
自動車でコース(メルヘン街道)を下見することにしました。
八千穂駅から八千穂高原スキー場まではほぼ一本道。そのために八千穂駅に向かったのです。
 

f:id:T347:20190413145655j:image

not disclosed because of snow season now.
raceday will open specially.
 
コースの下見が出来るのは途中まで。
コースとなるメルヘン街道は冬季期間中は通行止めで、レース当日は特別に開放されるのです。
 
ということで、この日もここ(スタートから約4km)で通行止め。
 
【受付会場】

f:id:T347:20190413151217j:image

getting to Ychiho Kogen ski resort. here is Registration place in pre-raceday.
 
迂回路を通って、八千穂高原スキー場に到着。まだまだ雪がたくさん残っていました。
 

f:id:T347:20190413151259j:image

in house.
スキー場ハウス内の受付会場へ。
 

f:id:T347:20190413151317j:image

also be in Product sales booth.
 
「単に受付ブースしか無いだろう」と思ったら、メンテナンスや物販ブースなど色々とありました。
 
ちなみにここまでバイクで来る猛者もいました。え、レースは明日なのに(・A・)…ワタシニハデキナイ。
 

f:id:T347:20190413151550j:image

Registration.
 
予め送られてきた書類を出して、ゼッケン等を受け取りました。
 

f:id:T347:20190413152116j:image

athlete guide, Race number and so on.
 
アスリートガイドや計測チップなどなど。
このアスリートガイドには参加者名簿も記載されているんですが、ここには記載が無かった。まさか「ヤツ」(←あえてこの表現)が出ていたとは…。
 

f:id:T347:20190413152209j:image

Winning prizes.
 
入賞賞品など。
各カテゴリーのチャンピオンには、このバイクジャージが貰えます。

ここでボサーっと見ていたら、館内アナウンス。
「フルコースの一部で雪が溶けていないため、コース短縮の可能性があります」とのことでした。判断結果は夜にSNSで発表するとのこと。チェックせねば…。
 
【Expo】

f:id:T347:20190413151456j:image

looking Expo.
 
ちょっとだけ展示ブースを散策することにしました。
 

f:id:T347:20190413151534j:image


LAKEのシューズ。
私はワイドサイズがあるSHIMANOしか使ったことがないんですが、このLAKEにもワイドサイズ、そしてエクストラワイドという幅広シューズがあるんだとか。ちょっと興味ありです。
 

f:id:T347:20190413151542j:image

discount items.

sunvolt.co.jp

 
SUNVOLTのオーダーサイクルジャージ。オーダーサンプル品が特価でした。
 

f:id:T347:20190413152225j:image

discount items.
 
こちらも特価品とか。
サイズが合えば安いと思います。
 

f:id:T347:20190413151612j:image

water.
 
電解水素水とか。
私は普段飲む水は「水道水」です。蛇口を捻って出てくる普通のアレね。その辺は良い意味で疎いです、あたし(・∀・)
 

f:id:T347:20190413151625j:image

powerbreathe.

www.powerbreathe.co.jp

呼吸筋トレ道具。

「欲しいなぁー」と思ったら、相当数の友人が持っていて、皆「もう使ってないわ」って感じでした。やっぱりこういうのって、使わなくなるのね(・ω・)

POWERbreathe (パワーブリーズ) プラス 超重負荷 赤【日本正規品 2年保証】

POWERbreathe (パワーブリーズ) プラス 超重負荷 赤【日本正規品 2年保証】

 
練習時間の確保が難しい忙しい会社員の方々には、毎日の隙間時間にこれをやればそれなりに効果はあるとは思います。

サックスでも色々と消音グッズが存在しますが、最終的にはみんな使わなくなってしまいます。「メンドイ≫≫練習意欲」なんですね。
過去に私も夜に練習したくて買おうとしましたが、結局スタジオ行って練習するのが一番良かったです。
 

f:id:T347:20190413151633j:image

FUMPA PUMPS.
電動空気入れ。
 

f:id:T347:20190413151701j:image

2size.
 
大きいのはロードバイク用で6回分、小さいのは2回分。
最近、Amazonにやたら安い電動空気入れがあります。アレだと遠征の時にラクかなーと思ったりもします。買う予定はないですけど。

こんなやつです。

f:id:T347:20190413151827j:image

eBike RoadBike Ver.
 
ロードバイク版のeBikeがありました。
MTBは(私の各バイクの故郷でも)よく見ますが、こんなのあるんですねぇ。初めて知りました。
 

f:id:T347:20190413152232j:image

eBike MTB Ver.
 
こちらはMTBのeBike.
今や色んなブランドからリリースされていますが、そういうことです。ちなみに雪道でもスイスイ走れちゃいます。

f:id:T347:20190416061037j:image
unique design.
 
随分と変わったデザインもあるんですねぇ…?
 

f:id:T347:20190413153641j:image

testing eBike "evol-bikes" Booth.

evol-bikes.com

evol-bikesというブランドが展示しているeBikeは試乗可能でした。
 

f:id:T347:20190413152548j:image

testing road eBike can do.
ロードバイク版eBike(EVOL D700)がある(・∀・)!!」
ということで、早速試してみることにしました。
 

f:id:T347:20190413153028j:image

eBike with me.

ヘルメットも借りました。私のヘルメットを自動車から取ってくるのが面倒くさかったので。 

f:id:T347:20190413153115j:image

trying an eBike of RoadBike Type.
 
ディレイラー変速とは別にオレンジ色のスイッチでアシスト強度を変更。5段階あって、数字が大きくなるほど、アシストしまくってくれます。このサイコンに段階は表示。
 
アシスト使って走ったところ、ラク。凄まじくラク
ただ、何段もあるディレイラーと、5段階ある電動アシストの具合が全く掴めないです。
この辺、全部電動になって、ディレイラーと電動アシストが連動して変速していけば、かなりスムーズな気がしますが、そこまでメーカーがやるかなぁ…
 

f:id:T347:20190413153107j:image

heavy hill is no problem. it is easy operation:)

ヒートテック一枚しか着てなかったので、乗っている時は寒かったです。さすがにバイクに乗ると、風に当たりますから。

乗りながら「eBikeって、ロードでやる意味ってあるのかな??」と疑問に思いましたが、ポジションを楽しみたいっていうニーズもあるかもなので、「これはこれで良いのか」と納得しておきました。
 
ちなみにコレ、バッテリーライフがあまりよろしくないです。強度5でヒルクライムに使うと、20km弱だったかな。バッテリー容量が積めないからとのことでした。
 

f:id:T347:20190413153707j:image

going to the hotel after the registration and Expo.
 
ということで、ここでの取材…じゃなくて、受付を終わらせて宿泊先へ向かいました。

【ホテル到着】

f:id:T347:20190413172925j:image

getting to the hotel. about 15km from start area.

16時30分に宿泊先に到着。
 

f:id:T347:20190413163253j:image

japanese room. 

ごくごく普通の和室でした。

f:id:T347:20190413163259j:image

Instant Ramens.


ホテルに着いて、なんとなく小腹が空いていたので、ラーメンを食べておきました。

なんか買い過ぎた気もしますが、ついつい買ってしまった…。
ちなみに前にオーストラリアやマレーシアで買ってきたものも今回持ってきました。これだけ見ると、毎日食ってそうな感じですが、実際は遠征の時くらいしか食べません。
 

f:id:T347:20190413172942j:image

preparing for the race. timing chip on front fork.
 
ボチボチと準備。
フロントフォークに計測チップを取り付けました。「ホイールの中心部から5cm以内につけてくれ」と注意書きがあったので、そんな感じにしておきました。計測センサーがマットタイプなんですね、きっと。
 

f:id:T347:20190413175325j:image

nearest station from the hotel.

コンビニへ買い物へ。
その途中に駅があり、それは「佐久海ノ口駅」。ホテルからもっとも近い駅です。建物の中は見なかったですが、なんとなく無人駅っぽかったです。
 

f:id:T347:20190413175242j:image

train.
 
単線鉄道に列車が到着。ディーゼル車両でした。
 
【夕食】

f:id:T347:20190413175857j:image

dinner at 19:00 p.m.
 
コンビニで肉と野菜、そしてアルコールを買ってまいりました。
風邪をひいていたことをスッカリ忘れて飲んでしまいましたが、暇だったので仕方ないです。 

美味しゅうございました(・∀・)

【コース短縮発表】

f:id:T347:20190413192557j:image

full course is cancelled. all category is half course because snow is frozen on road.

レース前日の夜にコース短縮の発表。
フルコースは中止となり、全てハーフコースとなりました。雪が凍って危険ということらしく、去年もハーフコースになってしまったので、2年連続でコース短縮となりました。

「安心した?」→「えぇ、まぁ(苦笑)」
でも、練習として考えると、フルコースが良かったなーと思いました。残念ですが、滑って落車して怪我やバイクを故障させるよりは全然良いです。

【この日も終了】

f:id:T347:20190413183629j:image

preparing the wear for the race. good night at 20:00 p.m.
 
明日の準備。
天気予報によると、「曇り後雨」ってのと、「(陽が出ないなら)きっと寒いだろう…」ということで、厚着スタイルにしました。コンプレッションウェアは裏起毛ですし、厚手のバイクジャケットも着る予定。レグウォーマーも裏起毛。寒さに弱いんだから仕方ないです。

この日も無事に終了し、明日はレース。
20時には就寝しちゃいました。早く寝られることが本当に嬉しくてたまらなかったです。普段はなんだかんだで早く寝られないですから。