[2019 Pontevedra ITU Multisport World Championships in Pontevedra]3日目その2(エリート部門、スタンダードデュアスロン部門の観戦)

前回からの続きです。

athletetraveler.hateblo.jp

 
エリート部門とスタンダードデュアスロンの観戦。
 

 

【各部門の観戦へ】

f:id:T347:20190427123813j:image

to watching Elite and Standard Category.
 
レース後の片付けを終わらせ、エリート部門の観戦に向かいました。
 
【男子エリート】

f:id:T347:20190427124239j:image

Elite Men bike part.
 
滞在していたホテルから歩いて5分。
ランとバイクが一気に見れる所があったので、そこで観戦することにしました。
 

f:id:T347:20190427125953j:image

with Team Japan.
 
中島チームリーダー、エリー(大竹さん)、スタンダードデュアスロンに出場する千葉さんと奥様と合流。これ、偶然みんなここに集まったんですよねぇ。
 
中島さんの解説付き。
「ドラフティングレースの上り坂は一番後ろが不利なんです(平坦に入った時に離される)」とか。
そんなこと、考えた事もなかったです…なんか、ごめんなさい(・ω・)。
 
湘南ベルマーレやアスロニアてヘッドコーチもされているので、コーチ視点での解説は贅沢でした(・∀・)

f:id:T347:20190515203142j:image
U23 R.Tanimoto.
 
こちらはU23の谷本さん。
 

f:id:T347:20190427191107j:image

U23 T.Sayama.
 
こちらもU23の佐山さん。
 
今年のデュアスロンに出場したエリート選手は2人だけでした。去年よりも大幅減。Ai Uedaはバミューダ(World Triathlon Series)の方に行ってしまいました。大西洋挟んでの同日開催では、流石に出られないわな…。
 

f:id:T347:20190427131101j:image

U23 R.Tanimoto.

谷本さんのラン。バイク後のランはエリートとはいえキツそうでした。
 

f:id:T347:20190427200427j:image

U23 T.Sayama.

佐山さんも辛そうでした。

2人とも大学生なんですねぇ。
私が学生時代にトライアスロン部なんてなかった気がしますが、単に当時の私がトライアスロンに興味がなかっただけで、その存在に気がつかなかっただけかもしれません。
 

f:id:T347:20190427131245j:image

with Mascot characters.
 
たまたま沿道で仕事をしていたマスコットキャラクターと記念撮影。
 
男子エリート部門を見届けた所で、千葉さんはスタンダードデュアスロンの準備、私は昼食へ。
 
【昼食】

f:id:T347:20190427140019j:image

BURGER KING.
 
ここに来る前で写真スポットを下見してました。スタンダードデュアスロンのランコースはこの店の付近で、結構良い場所も多く、「身体が一つしかないのが悩ましい…」とか。
 

f:id:T347:20190427142020j:image

good one.
 
ハンバーガー一つだけでは足らなかったので、セット+1バーガーにしておきました。ポテトが味が濃くて美味しいんだよねぇ、身体には良くないでしょうが。
 
コーラはゼロにしてるので、プラマイゼロということで。
 
【女子エリート】

f:id:T347:20190427135843j:image

Elite Women Run part in old town.
 
昼食後、いくつか見繕った場所で写真撮影をしてみました。
 

f:id:T347:20190427135809j:image

Elite (& sprint) and Age (STD) course are different.
 
この時に気がついたんですが、エリート(及びスプリント)のコースとスタンダードのコースは少し違いました。1周の距離は同じなのに。
 
いくつかの撮影スポットがポシャってしまった(・A・)
 

f:id:T347:20190427145256j:image

 Elite Women bike part.

バイクパートもどんな感じで撮ったら良いのかを研究してました。
真横写真ってのもなかなか良いですが、撮影時の選手の状態や状況によって構図の良し悪しが決まってしまいます。これは良い写真。

f:id:T347:20190427152019j:image

Elite women bike part.

アイルランド代表のCiara Wilson選手です。

www.triathlon.org

角度は良いんだけど、選手の片足が伸びていないと速く見えないんですねぇ。こういう時、スマホの連写とかが良いかも。

いつから写真の構図を解説するブログになったんだ、ここは(・A・)
 

f:id:T347:20190427153329j:image

Elite women 2nd_Run part.

奥はUK代表のOlivia Matthews選手。

www.triathlon.org


手前はベネズエラ代表のEdymar Daniely Brea Abreu選手。

www.triathlon.org


実はUKもベネズエラも行ったことがないです。なかなか行く機会がない(・A・)

f:id:T347:20190427153222j:image

2nd_Run top athlete.

「このフランス代表選手、ポツンとしてるけど遅れを取っているのかな…」と思ったら、ぶっちぎりで1位でした。勘違いも甚だしい。

www.triathlon.org

このSandra Levenez選手、調べてみたら生粋のデュアスリートで過去の成績がスゲーでした。
今年で40歳。マジか(・A・)!?。俺も今から頑張れば…冗談です(・ω・)。

f:id:T347:20190427153337j:image

ESP Elite women.

奥はIrene Loizate Sarrionandia選手。

www.triathlon.org


手前はMarta Pintanel Raymundo選手

www.triathlon.org

 

f:id:T347:20190427154219j:image

damage ?

メキシコ代表選手だったと思いますが、どうも右太ももを攣ってしまったようでした。なんとかフィニッシュしたようです。

www.triathlon.org


いつから選手紹介のブログになったんだ、ここは(・A・)。

 

エリート観戦を終えて、スタンダードデュアスロンの開始を待ちました。

 

【スタンダードデュアスロンの観戦へ】

f:id:T347:20190427144128j:image

Standard Duathlon Run Course.
 
静かに時を待つランコース。
 

f:id:T347:20190427144311j:image

Aid station.
 
静かに時を待つエイドステーション。
 

f:id:T347:20190427144314j:image

Volunteer staff.
 
静かに時を待つボランティアスタッフ。
 
【スタンダードデュアスロンのコースマップ】

f:id:T347:20190516071731j:image

1st_Runは10km(2.5km/lapを2laps)
Bikeは36kmの往復コース。
2nd_Runは5km(1st_Runと同じコース)
 
距離はスプリントの2倍ですか、コースはスタンダード用となり、スプリントのそれとは別。ランコースも(2.5km/lapで同じだけど)別コースとなります。
 
バイクコースは1周。
元々40kmコースでしたが36kmに変更されました。ちなみにロングとアクアバイクのコースもこれと同じで、それらは3周回になります。
 
【スタンダードデュアスロンのラン】

f:id:T347:20190427233513j:image

Standard Duathlon start.
 
続々と選手がやってきました。
スタート地点にいなかったため、「スタートした!?」という感覚が全くなかったです。こりゃあ新鮮。
 
ちなみにスタート方式は年代別によるウェーブスタート。
 

f:id:T347:20190427234032j:image

K.Chiba.
he is the fastest age group duathlete in Japan.
 
ラソン大会で年代別入賞の常連者で、驚異的な速さを持つ千葉さん。
 
 
私の中から「デュアスロントライアスロンのオフトレ」というイメージを完全に無くし、「すんげーカッコイイ競技の一つ」としてくれた方です。
 

f:id:T347:20190427165132j:image

agitator.
 
スペイン代表選手が沿道の観戦者たちをアジテーション中。
 

f:id:T347:20190427170523j:image

H.Honda.
 
本田さんはカーフマンで世界選手権出場の権利を取られた方。カーフマンで取れたってことは、つまり猛者ということ。今シーズンのカーフマンポイントランキングでトップですもん…。
 
 
私は(激戦区の)カーフマンでは権利を取れる自信はないよ〜(・A・)
 

f:id:T347:20190427171257j:image

ここから撮った構図もなかなか良い。
ランで2人を見届けた後、千葉さんの奥様と本田家(奥様と娘様)と合流して、しばしお茶をしつつ休憩。
 
バイクは36kmのワンウェイだから、1時間くらいの待ちになっちゃうんです。
 
【スタンダードデュアスロンのバイク】

f:id:T347:20190427181724j:image

Standard Duathlon Bike part.
 
往路の上り坂、復路の下り坂を走ってきた選手たちが続々と帰ってまいりました。
 

f:id:T347:20190427181827j:image

K.Chiba.
 
日本最速デュアスリートの千葉さん。
「バイクが苦手なんだよー」と言いながらも、相当速いです。ランが速い人は心拍が強いこともあり、バイクも速い。
 

f:id:T347:20190427183813j:image

H.Honda.
 
そしてカーフマンのM60チャンプ・本田さん。
カメラ構えてたら、ポーズしてくれました。バイクに乗ってる時って、なかなかカメラの存在に気が付かないんですが、その気遣いがグッドでした。
 
【2nd_Run】

f:id:T347:20190427185055j:image

2nd_Run.
 
バイクの次は2nd_Run.
 

f:id:T347:20190427190634j:image

H.Honda.
 
千葉さんは既にフィニッシュしてしまったので、写真は本田さんだけ。
その千葉さんは2位です。おめでとうございます(・∀・)
 

f:id:T347:20190427191025j:image

finish area.
 
フィニッシュエリアには誰でも入れる感じでした。
 
「(スタンダードにも)オープン枠で出れば良かったのに〜。」
2nd_Runのレースを見ていたら、小倉さんからそんな話もありました。そうか!それなら(規定もノーカウントで)出られたはず。迂闊でした。
 

f:id:T347:20190427191536j:image

ESP after Finish.
 
フィニッシュの喜びを分かち合うスペイン代表選手のチームなど。自国開催だと、応援に来る人も多そうです。
 
日本で開催は…無さそうです。
2021年はオーストラリアのTownsvilleに決定しました。
 
2021年繋がりで、「ワールドマスターズゲームズ2021関西」の競技日程が決まっていました。

f:id:T347:20190517074642j:imagef:id:T347:20190517074845j:image

トライアスロン
2021年5月22日(土)、23日(日)
※ひわさうみがめトライアスロンコース

アクアスロン
2021年5月22日(土)
※ひわさうみがめトライアスロンコース

デュアスロン
2021年5月30日(日)
南丹市大堰川緑地公園周辺

 

2021年の予定なんて全くの白紙ですが、コレには出ようと思ってます。

 
【夕食へ】

f:id:T347:20190427195111j:image

to dinner.
 
ここはランコース沿いで、沿道からの応援がすごく熱かったです。名前で応援してくれるんです。
 
荷物ピックアップ会場(体育館)で、フィニッシュした千葉さんとたまたま会い、「一緒にご飯を食べましょう」という嬉しい提案が(・∀・)
 
千葉夫妻と夕食を食べることに。
 
【夕食】

f:id:T347:20190427202028j:image

razor clam and octopus.
 
馬刀貝とタコ。
 

f:id:T347:20190427210742j:image

Monk Fish.
 
「ここも美味しいけど、もっと美味しい所があるから探してみると良い!」とグルメな千葉さんでした。
 
千葉さんのマシンガントークは準優勝&アルコールも手伝ったようで、すんげー面白かったです。頭の中にあるデータベースを繋ぎ合わせることが上手なんだと思います。そしてそれが私のツボにハマるんですよねぇ。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、夕食後千葉夫妻はバイクをピックアップしてホテルへ。私もホテルに帰りました。

【この日も終了】

f:id:T347:20190427214905j:image

ITU Multisport WCH Promotion Video on central spaceTelevision in Pontevedra.

街中にあった大型ディスプレイには今回の大会のPR動画が流れていました。

この日も無事に終了。
午前は自分のレース、午後は観戦(&写真撮影)と、「こういうスタイルも楽しいなぁ」と感じました。撮影スポットを探すってのもなかなか面白い。
 
次のレースはクロストライアスロン
試走、試泳などでなんとなく忙しそうな気配を感じますが、疲れを残さないようにしないと…。