[2019 さがえトライアスロンフェスティバル]2日目(レース当日)

前回からの続きです。

レース当日。

 

26 May 2019.
2019年5月26日(日)。
 
【起床】

good  morning.
 
6時30分に起床。
10時間くらい寝たことになります。ここ数日、まとまった睡眠時間が無かったのもあると思います。
 

breakfast.
 
朝ごはん。
お腹に残らない系にしておきました。左に日焼け止めクリームが見えますが、今回は陽が強そうだったので、クリームを塗ることにしました。
 

Raceday for me in Sunday. Gassan Mountain.
 
レース当日の朝は月山がキレイに見えました。
この日、寒河江市の最高気温は32℃。雪山に突っ込みたくなる気温でした。
 

go to race venue.
 
7時30分前に出発。
 
【会場到着】

arrive at the race venue.
 
ホテルから自動車で15分程度でレース会場「グリバーさがえ」到着。
 

set up my bicycle.
 
会場に着いて、まずはバイクを組み立てました。
本日の私のスタート時刻は10時30分。時間には余裕がありました。
 

raceday registration is possible.
 
当日受付をする選手たち。
ランキング戦によっては、「前日受付&競技説明会」必須だったりしますが、この大会は朝早く来て、「受付→準備→レース」と当日で済ませることもOK。
 
トランジションエリア】

Transition area.
 
まだ設営中でしたが、選手のトランジション準備は出来ました。
 

in Transition area.
 
案内含めて、トランジションオープン/クローズ時間がどこにも記載されておらず、「一体いつなんだろ??」と思ったら、「レース中じゃなければOK」という感じでした。
 

hanging my bicycle on the rack.
 
WTS横浜のステッカーが付けっぱなし。
さがえのステッカーが片面仕様だったので、もう片方が隠せなかったのです。
 
「三品くん、これはマズイ気がするよー」と注意が入り、マジックでバツマークをしておきました。
 

banana.
 
トランジション準備を終えてバナナを頬張っていたら、梶くんに「バナナ似合いますね!」と言われたんですが、それ、褒めらてるのかね(笑)
 
そんな梶くんは今日もエイジスプリント部門に出場。元気だなぁ。
 
【開会式&競技説明会】

Opening Ceremony.
 
緩い感じで始まりました。
大会の雰囲気が全体的にゆったりしており、町の小さなトライアスロン大会のようで、個人的には好きでした。
 

Kids and Junior Race.
 
小・中学生が出場しているキッズ・ジュニアレースは9時からスタートしました。
 

Junior finish line.
 
キッズ・ジュニアのコースは「グリバーさがえ」内で完結。このあと、我々エイジグループのレースとなりました。
 

Ready...
 
さてさて、年代別3位以内入らなければならないレースの始まりです。
 
【コースマップ】

course map.
Swim:1.5km (750m/lap_2laps)
Bike:37km (7.4km/lap_5laps)
Run:10km (2.4km/lap_4laps+α)
 
スイムは淡水で溜池なので波は全くなく、プールを泳ぐのと同じ。なお、水深1.5mなので、足が着きました。
この溜池、普段はボートレース会場とのこと。
 
バイクは一般道を走行。
周の中盤にちょっとした坂道があり、それ以外はフラットコース。ただ、どこから来ているのか分からない風があり、それが(向かい風になると)少々やっかい。
 
ランはグリバーさかえ内。
周の序盤と終盤に坂道があるものの、他は「ど」が付くほどのフラット
 
【スイム】

Swim Segment.
 
この写真はスタート前の試泳後。
泳ぐ前、水温22℃の池水の様子を見て、「なんか濁ってるな…」と思ったんですが、臭味もなく普通に飲めました(笑)
 
第二ウェーブで2分遅れてスタートした小池賢さんにぶち抜かれ、「はぇ…」となりつつも、私は淡々とスイム。
バトルもなく、波もなかったため、普段プールで泳いでるような自分の泳ぎをする事が出来ました。
 

Bike  Segment.
 
レース中の写真はないため、バイクピックアップ時の写真でお茶を濁しておきます(笑)
 
T1時点で3位(M35)。
バイクはフラット部多めで、一部50m程度の急な坂道あり。どこからなのか謎な向かい風が所々で気になりましたが、コースはパワー&スピード勝負。
 
バイクの途中、一時的に2位に順位を上げたんですが、身体の動きがチグハグ。
イメージ通りに身体が動かず、それに加えて、首筋から頭にかけて痛みもあって気力が低下したので、サクっと3位狙いに変更。作戦としてこれは正解でした。

T2時点も3位。
パラのナショナルメンバーに応援されつつ(←かなり贅沢)、ランがスタート。
 

Run Segment.

「さぁ、逃げ切るんだ!」と、後ろを気にしつつひたすらラン。

気温32℃と季節外れの暑さでしたが、その条件は他の人も一緒。
エイドステーションでは水500mlペットボトルをそのまま渡してくれたため、まずは身体を冷やし、ついでに水分補給をしておきました。また、水を含んだスポンジで顔を拭いたり。
 
 

finish.
 
横っ腹が痛くなりつつもランで逃げ切り、そのまま3位でフィニッシュ。
気温32℃は辛かったけど、溜池を周回するフラット部多めのランコースは全体が見えることで距離感が掴めたため、とても走りやすかったです。
 
※ウィンターTri仲間の岩渕さん(https://www.life8.org/)に撮って頂きました。ありがとうございます(・∀・)
 
【団長がいた】

Japanese comedian.
 
「なんか見たことある人だな…」と思ったら、安田大サーカスの団長さんでした。
ノーウェットで泳いでましたが、淡水だったので身体は浮かなかったんじゃなかろうか。
 
画像で分かる通り、ここはトランジションエリア。
レース後のトランジションオープンの時間は分からなかったんてますが、/空気を読めば割と自由に入れる感じでした(←レース中の選手が全部捌けた後とか)。なので、レース終わった後、早く撤収することも可能でした。
 

shower after the race.
 
このレース会場にはシャワー室があって、レース後に浴びる事が可能。汗だくになっても、サッパリして帰ることが出来ました。
 

shower room.
 
かなりキレイな施設でした。
近くに200円銭湯もあるので、そこで疲れを癒やしても良いかも。
 
【リザルト】

Result.

レースが終わり、リザルトが掲載されました。
 

3rd place podium in AG35-39 Standard Distance. Well done👍👍👍!

なんとか目標達成。ふぅ(・∀・)
 
【表彰式】

Podium ceremony.
 
総合優勝は小池さんでした。

ご覧の通り、ゴリッゴリの元エリート選手です。今年1月の指導者講習会でお世話になりました。
 
実は昨日、「三品さん!(スペインで)たくさん出ましたね(笑)」と声を掛けて貰って再会。仕事ついでにレースに出ることにしたんだとか。いやー、寒河江にいるとは思わなかったので、スタートリストでも気づかなかったし、正直ビックリでした。
 

M35 Podium Ceremony.
 
表彰対象は総合入賞者だけかと思ったら、しっかりと年代別入賞も対象者でした。帰ってしまうところだったぜ…
 
ニヤけております。そりゃあ嬉しいですもん。
 

on stage.
 
表彰台にて。
それにしても焼けたなぁ…レース前に日焼け止めクリームを塗ったんですが、焼け石に水だったみたい。
 
【帰路へ】

go back to home by the car. good bye Goat in race venue.
 
表彰式が終わった15時過ぎに出発。
レース会場にいたヤギたちに見送られ帰路へ。知人TOを山形駅まで送っていき、その後、東北中央道→東北自動車道をドライブ。
 

dinner.
 
途中、東北道のSAにてラーメン餃子タイムを設けました。
 
結局自宅に着いたのは23時前。事故渋滞に2度ハマったのが運の尽きのお知らせ。
宿泊先に忘れ物をしてしまったことに気がつき、後日発送して貰う羽目になりました。遠征ばかりで疲れてんねん(・A・)
 
自宅からレース会場までの往復900km。レース&クルマの運転、お疲れ様でした。
 
【あとがき】

Goat looking back.

スタンダードトライアスロンで年代別3位入賞することが出来ました。「運も実力のうち」ということで…。
 
これで無事にスタンダードトライアスロンアジア選手権と世界選手権(GF)の出場基準をクリア。
今年のJTUエイジランキング戦(スタンダード部門)はこの大会しか出場予定が無いため、一発勝負でアジア選手権とGFの権利を取る必要がありましたが、無事に取れて良かったです。
 
来年のさがえにはスーパースプリントシリーズで参戦です👍(ホントかなぁ)