[IRONMAN 70.3 CENTRAIR CHITA PENINSULA JAPAN]事前準備

この記事は2019年6月8日(土)〜9日(日)に開催されました「IRONMAN 70.3 CENTRAIR CHITA PENINSULA JAPAN」(アイアンマン70.3セントレア知多半島ジャパン)となります。
 
・公式HP
 
日程はこんな感じ
・1日目(2019/6/8(土))
移動日。前日受付。バイクチェックイン。
 
・2日目(2019/6/9(日))
レース当日。フィニッシュ後に帰路へ。
 
諸般の事情(時間が無い)でお蔵入りにしようかと思ったんですが、急遽空き時間が出来たため、サクッと記事化することにしました。
 
お付き合い下さい。
 

 

※大会HPより。
2015年以来、実に4年ぶりに参戦することになりました。

今回の目的は「4年前の自分と勝負してみるか。」です。
 当初は「IRONMAN 70.3 World Championship in NICE」のスロット狙いだったんですが、その日には別の用事が出来てしまいました。なので、その目的はお蔵入り。
 
その次の目的は「2週間後にある日本ウルトラロングディスタンス選手権(バラモンキング_Aタイプ)の練習」だったんですが、こちらも別の用事が出来てしまい出場しないため、それもお蔵入り。
 
というふうに、目的が2点、3点したのです。エントリー完了からレース当日まで日が開けば、そうなってしまうのも仕方ないです。
  
【エントリー】
 

アーリーエントリーが始まった2018年11月11日にエントリー完了。
 
先にも書きましたが、このセントレアの大会、2015年に一度出ました。 
当時、ヒーコラ言いながら完走したと思います。それは今も変わりませんが。4年でどれだけ進化したのか、ちょっと楽しみ。
 
ホントは2014年、トライアスロンのデビュー戦として出ようとしたんですが、出場基準である「51.5kmの完走歴」が無かったので断念しました。
そしてこの「完走歴の縛りがあるのは日本の大会くらい」ということを後々知る事になりました。海外レースならば、トライアスロン未経験でいきなりIRONMANレースに出ることも可能です。
 
【宿】

楽天トラベルで大会会場からちょっと離れた所の宿を取りました。「どーせ自動車で行くから、ちょっと遠くてもいいやー」的な。
 
ちなみに大会によるオフィシャルホテルも用意されます。
エントリーが開始されてから数日後、代理店の申込みフォームが出来ますので、そちらで取っても良いと思います。クリック合戦とかなく、割と普通に取れた気がしますし。
私は単に旅程のアレンジを早く済ませたかっただけです。
 
これで事前準備は完了。
エントリー後には数々の
レースをこなし、ようやくレース前日を迎えました。