[IRONMAN 70.3 CENTRAIR CHITA PENINSULA JAPAN]2日目(レース当日)

前回からの続きです。

athletetraveler.hateblo.jp

レース当日。
 

 

2019年6月9日(日)。
9 June 2019 (Sun).
 
【起床】

f:id:T347:20190609041957j:image

good morning.
 
4時15分に起床。はや…。
トランジションオープンが5時30分〜7時30分。私のスタート時刻は8時。
 
自動車は(私の場合は)、スイムスタート会場から約15km離れている「常滑ボートレース南駐車場」に停めておく必要があり、諸々考えると、この時間の起床となりました。
 

f:id:T347:20190609043140j:image

breakfast.
 
ざる蕎麦。
お腹に残らないという見方をすれば、これは良い選択だと考えてます。
 

f:id:T347:20190609043937j:image

heavy cloudy.
 
レース当日の早朝はどんよりとした曇り空。
天気予報では朝から雨でしたが、起床時にはまだ降っていませんでした。
 

f:id:T347:20190625061825j:image

to Race venue.
 
準備を済ませ、前回の寒河江遠征時のように忘れ物がないかどうかもチェック。5時15分頃に出発。
 
常滑ボートレース南駐車場】

f:id:T347:20190609053913j:image

in parking near by finish area.
 
5時45分頃に「常滑ボートレース南駐車場」に到着。
 
なお、選手用駐車場は2ヶ所あり、もう一つはセントレア空港隣の「空港高速船のりば」。
エントリー時に「どちらの駐車場に停めるか?」を決めなければなりませんでした。これによって、バイクと各種(トランジションバッグなどの)荷物を受け取る場所が決まります。
 
「レース後、すぐに受け取りたい(例えば、レース後にすぐ帰る)」なら常滑ボートレース南駐車場。「セントレア空港周辺の宿に泊まってて、表彰式に出たり連泊する予定」なら空港高速船のりば、とか。
 
私は早く帰りたかった(スロット授与式も表彰式も出るつもりは無かった)ため、常滑ボートレース南駐車場にしました。
 

f:id:T347:20190625061848j:image

swim materials in the bag.
 
スイム用の道具を忘れずに…。
 

f:id:T347:20190625061910j:image

sandal.
 
雨に濡れても良いようにサンダルへ。
 

f:id:T347:20190609054344j:image

to start area by shuttle bus.
 
シャトルバスに乗って、スタートエリアの新舞子マリンパークへ。
 

f:id:T347:20190609062205j:image

in start area (Shin Maiko Marine Park).
 
常滑ボートレース南駐車場からバスに揺られること30分弱で新舞子マリンパークに到着。
なお、ここには自動車を停められません。選手によっては、近くの(数少ない)コインパーキングに停めていそうでしたが、サポーターがいないと、レース後の対応が難しいと思います。
 

f:id:T347:20190609062411j:image

to Transition area.
 
バイクの最終準備のため、トランジションエリアへ。
 

f:id:T347:20190609062431j:image

mechanic booth in Transition.
 
カニックブースとか。
多分、大会オフィシャルのメカニックだと思います(違うのかな…)。
 

f:id:T347:20190609062455j:image

1500 athletes in this race.
 
参加者が1,500人程度いたので、バイクもたくさん。
 
さてさて、準備準備。
 

f:id:T347:20190609063030j:image

attached gels on top tube.
 
ジェルを付けました。バナナは違います、作業のために一時的に置いただけ。
 
既に書いたように、今回はボトルを忘れてしまったため、エネルギー補給はジェルのみで行うことにしました。水分補給はエイドでボトルをゲットして、それで対応することに。
 
ある意味で実験です。これが上手くいけば、今後も他のレースで採用するつもり。
 
【バイクトランジションバッグ】

f:id:T347:20190609064218j:image

checking bike Transition bag.
 
前日に預けたバイク用トランジションバッグもチェックしました。
 

f:id:T347:20190609064401j:image

ok.
 
追加するものは無かったため、「あるある(・∀・)」と確認したくらい。
 

f:id:T347:20190609072123j:image

rainy.
 
最後に不要な手荷物を預けて準備完了。
準備をしていたら雨が降り始めてきました。小雨とかそういうレベルではなく、かなりまとまった雨で要・雨具レベル。しかも寒い。
 
予報では昼過ぎに止むとのことだったため、レース中は雨。この雨が吉と出るか、凶と出るか。
 

f:id:T347:20190609072129j:image

ready...
 
目標は4年前の己に勝つこと、年代別5〜10位。さてさて、久しぶりなセントレア70.3の始まりです。
 
【コースマップ】

f:id:T347:20190625062040j:image

※大会HPより
course map.
 
スイムは1.9kmを1lap。
海に面した海水。現地でスイム会場を見た時、「ここは河口かー」と、すっかり勘違いしてました(笑)。
マップには記載されて無いですが、約1km弱で一度スイムアップ場所あり。
 
バイクは90.1km。
最初65km弱はLIXIL工場等がある工業地帯で16.4km/lapを4lapsした後、ワンウェイコース25kmを走ります。
 
ランは21.1km。
半田運動公園からNTPマリーナりんくうまでのワンウェイコースを走ります。途中、通る学校内の応援が熱い!
 
【レース】

f:id:T347:20190625062105j:image

Race. 
 
写真の値段が高いため、1枚だけ(笑)
 
今シーズンで最も長い1.9kmスイム開始。
海の流れがあったためか、一漕ぎの進み具合の悪さを実感。約1km弱地点のスイムアップ時では芳しくないタイムでしたが、前後方にいる選手数でおおよその順位を察しました、「(順位は)そんな悪くもないな」と。
波の流れが良くなかったのかも。
 
T1時点で27位(M35)。
「(この雨天で気温が上がらない環境で)トライスーツ1枚は失敗だったかなー」とスタート前に少々心配をしましたが、競技中は気にならず。雨と風で冷たいとは思いましたが、寒いとは思わなかったです。
 
まずは65kmの周回コース。
工業地帯はフラット部が9割程度。所々でL時やU字カーブがあり、大雨の中でのバイクは少々怖かったです。
ポンテべドラで一緒だったYさん(彼は速い)と抜きつ抜かれつを繰り広げ、これ(競争心?)によって順位を稼ぐことが出来たようでした。
 
周回コースを抜けて、歩道や細めの農道、上り坂基調のコースへ。
前のカテゴリー(若い)選手はいるものの、同じカテゴリー(同カテ)の選手が見当たらず。
「前に(同カテ選手が)5,6人か…。それに追いつくのは難しいから、後方選手には抜かれないように。」と、コースの所々ですれ違う同カテ選手との距離間を見つつ、ちょっとずつその距離を稼ぎました。ランで追いつかれてしまう可能性が高いので。
T2の半田運動公園に到着。スタッフにバイクを手渡し、テント内にあったトランジションバッグをピックアップ。ランの準備をサクッと済ませました。
 
T2時点で11位(M35)。
脚にバイクの疲労が溜まっておらず、ランの序盤から脚が軽かったです。ここ最近、注意を払って練習しているペダリングのスキルが上がってきたのかもしれません。
 
調子の良い脚を使い、落ちてきた選手をしっかり拾うも、追い上げてくる選手にも抜かれ、結局順位の変動は殆どなかったです。
 
フィニッシュ手前の約1〜2km、「前の選手が同カテだけど…ちょっと距離(目算で300m)があるから追いつけない…。」と気持ちに諦めモードが入ってしまいました。メンタルで負けてしまった…、これは良くなかったな。
 
半田運動公園からの21.1kmのランが終わり、フィニッシュゲートへ。
 
【フィニッシュ】

f:id:T347:20190609132717j:image

finish.

無事にフィニッシュ。
撮影用(?)ボードの前で記念撮影。
 
【フィニッシャーメダル】

f:id:T347:20190625062045j:image

 finisher medal.

木製に石がはめ込まれ、10周年記念と印字されたフィニッシャーメダルでした。

f:id:T347:20190626072227j:image
result.
 
年代別11位。

なんでい、一歩届かなかったじゃないか(・A・)。世の中、そんな甘くはないということで😗

 



f:id:T347:20190626135618j:image

comparing past and now.

 

2015年時(のタイム5時間52分54秒)と比べて約54分短縮しました👍。トランジションタイムの短縮は見事。


【荷物ピックアップ】

f:id:T347:20190609132548j:image

pick-up my baggage.

ここではスタート時に預けた荷物をピックアップ。
フィニッシュ後、雨脚が強くなってまいりました。ホント寒かった…。 

f:id:T347:20190609132553j:image

pick-up.

無事に回収。

【マッサージサービス】

f:id:T347:20190609132536j:image

to massage area.

フィニッシュエリアの一画に、無料マッサージブースがありました。スタッフに勧められて、マッサージを受けることに。

f:id:T347:20190609132529j:image

many staff. 

柔道整復師がたくさん。選手1人に対して2人体制でした。下半身、上半身ともにマッサージして頂き、もう1回レースが出来そうなくらいまで回復…というのは冗談。

スンゲー気持ち良かったです。

【軽食サービス】

f:id:T347:20190609132545j:image

 to having foods.

十分なマッサージを受けた後、何か食べることにしました。

f:id:T347:20190625205617j:image

coupon for free food.

このフィニッシュエリアで貰った「きしめん引換券」で軽食と引き換え。
 

f:id:T347:20190609133358j:image

cooking.

作ってる、作ってるぅ(・∀・)

f:id:T347:20190609133424j:image

good.

寒い中でのきしめん、美味しゅうございました。
 

f:id:T347:20190609133122j:image

food car.

有料でもいくらか出店がありました。お金持ってきてなかったので、何も食べられず。

【駐車場へ】

f:id:T347:20190609133701j:image

rainy.

雨がますます強くなってきたため、自動車を止めている駐車場に行くことにしました。
 

f:id:T347:20190609134052j:image

to parking

フィニッシュエリアから常滑ボートレース南駐車場の距離は約1km。
常滑駅から南駐車場へのシャトルバスもあるようでしたが、駅に行くのも駐車場に行くのもそんなに変わらないため、直接駐車場に歩いて行った方が良いです。
 

f:id:T347:20190609135859j:image

in parking.

駐車場に帰って参りました。
ここに来る途中、JTUの斉藤さんと小池さんに偶然会い、少々話し込んでました。

斉藤さん:「お、キョンジュ!」
目が会うなり、アジア選手権の開催地を発した斉藤さん。その話がメインでした。「(アジア選手権は)再来週か〜」って。

【バイクとトランジションバッグのピックアップ】

f:id:T347:20190609140315j:image

pick-up bike and transition bags.

駐車場横にはバイクとトランジションバッグが既に届いていました。

f:id:T347:20190609140352j:image

pick-up area.

主を待つバイクとトランジションバッグたち。
ここにはスタッフがおり、ピックアップ時にはナンバー照会が必要。なので、ゼッケンナンバーは必須。

f:id:T347:20190609140534j:image

mine.

発見。
バイクはラックに掛かっており、そのバイクにトランジションバッグが掛かっていました。
 

f:id:T347:20190609140703j:image

pick up.

ピックアップして自動車に載せました。
 

f:id:T347:20190609142327j:image

put in a car.

ドサッと。
ホイールを外して、フレームをトランクに積み込み。トランジションバッグもピックアップした時のままで入れちゃいました。

さて、帰りますか…。
日曜日夕方の東名高速上り線は渋滞するため、それを避けたかったのです。

【温泉】

f:id:T347:20190609153705j:image

hot spring.
 
とはいえ…。
帰る前に汗を流し、冷えた体を温めたかったため、半田市の「ごんぎつねの湯」にやって参りました。
下道で来ようと思ったら、途中で競技コースによる通行止めがあり、ここまで来るのに梃子摺ってしまいました。なので、高速道路を使ってサクッと到着。

f:id:T347:20190609153621j:image

warm and clean.

温泉に浸かり、身も心もスッキリしたところで帰路へ。

【遅めのランチ】

f:id:T347:20190609165400j:image

in Hamamatsu SA.

先ほどのきしめんだけでは全然足りなかったこともあり、新東名の浜松SAにて遅めの昼食を取ることにしました。

f:id:T347:20190609165525j:image

here is new service area.

新東名自体が最近できたということで、このサービスエリアもとても綺麗で、ショッピングモールのフードコートみたいでした。
 

f:id:T347:20190609170520j:image

great!

浜松は餃子の名産ということで餃子をチョイス。それとラーメン(大盛り)。
長い距離をフィニッシュした後、(カロリー的には)何を食べても良い。この開放感がとても幸せでした(笑)

いくつか寄り道をしましたが、東名の渋滞にハマることなく、(確か)21時前には自宅に到着となり、セントレア70.3がお開きとなりました。お疲れ様でした😀
 
【あとがき】

f:id:T347:20190625205448j:image

endroll.

M35は「力技と運でなんとなく入賞しちゃいました」ってのが難しいと改めて思いました。
 
4年前は当時31歳、現在35歳。
「老いる己の若返り」という気持ちと行動を忘れずに👍。次に出場するときは是非とも表彰台へ💪
 
113 Triathlon Desaru以来約1年ぶりのミドルディスタンス、そして約4年ぶりの70.3セントレア、お疲れ様でした。